So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

明日より第6週目に突入!(上) [地元公開中]

P1020510.jpg

 通常の映画興行。基本は4週間。

 それを超えて上映される映画はヒットといわれる。

 映画「青い青い空」

 現在、上映第5週目!

 明日より6週目の上映に突入。

これはもう、ヒットである。

 とりあえず、現段階では浜松2館で、11月19日まで上映は確定。

 未見の方。お早めに!

 _DCS5528.jpg

 これまでに「青い青い空」を見た人の数。

 すでに1万4千人を超えている!

 これは大ヒットと言える数字。

 今でも、土日曜日は劇場が満員になることが多い。

 さらに、上映後。エンディングクレジットが出ても、ほとんどの人が席を立たない。

 「ラストに流れる主題歌を最後まで聴いてから、劇場を出たかった・・」

 「感動の余韻を味わいたかった・・」

 との声が多い。

 そして、エンドタイトルが終わったとき、

 今も拍手が起こること。あるそうだ。

 (つづく)

 
ポスター.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

何度も泣ける?見る度に感動する?(下) [地元公開中]

_DCS1576.jpg

 感じるのは・・。

 やはり映画は「監督1人の力」ではないということ。

 特に今回は、相葉香凛、草刈麻有らの若手。

_DSC2800.jpg

 本当に素晴らしい!

 浜松の方々の応援、支援。真剣なスタッフ。

 その力が映画のあちこちに溢れている。

 それに、地方を舞台にした映画の場合。

 目先の利益のために仮面を被る

 心なき人たちが、作品を歪めることがある。

 でも、今回はそんな輩は1人もいなかった。

 皆、純粋に「素晴らしい映画」を作ることを願った。

 その全ての人の「思い」がひとつになったことが

 多くの人の「心」を捉えたのではないか?

 その感動の秘密。

 ぜひ、劇場で確かめて、感想を書き込んでほしい。

 (画面下のコメント欄をクリック)

 ポスター.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

何度も泣ける?見る度に感動する?(中2) [地元公開中]

_D3S5323.jpg

 あと、特徴的なのが、観客層。

 下は7歳の小学生から、

 上は70才のお年寄りまで。

 老若男女。あらゆる世代が映画館へ来てくれているということ。

P1020368.jpg

 通常、映画館へ来るのは10代〜30代がメイン。

 それも男女のどちらかに偏る。

 なのに、この幅広い観客層。

 その上、後半戦でほとんどの観客が泣いていた・・。

 監督した本人(私)も、そこまで受けるとは思ってなかった・・。

 その理由を分析しようと、何度もお客さんと供に
 
 「青い青い空」を見た・・・・。

 (つづく)


 ポスター.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

何度も泣ける?見る度に感動する?(中) [地元公開中]

_DCS0744-1.jpg

 感想を聞くと、こういうのもある。

 「また、見たくなる! 2回見ました」

 「僕は5回見ました。今週末に6回目に行きます」

 リピーターが多いようなのだ。

 2回3回は当たり前、という感じ。多くの人が何度も見てくれている。

 ただ、地元映画というのは、2度見ることはある。

 1度目は「地元のどこで撮影されたんだろう?」と考えたり、

P1120318.jpg

 出演している知り合いを探すのに精一杯になり、

 ストーリーを把握できないからだ。

 なので、2回目でようやく物語が分かり楽しめる。

 でも、今回の「青い青い空」。それだけではないようだ。

 観客の皆さんの声を聞くと「もう一度、感動したくて!」というのが多い。

 おまけに、先にも書いたが、

 2度めだと別のシーンで感動できるらしい。



 (つづく)

ポスター.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

何度も泣ける?見る度に感動する?(上) [地元公開中]

_DSC2800.jpg

 「観客の感想」は監督にとって、とても大事。

 今後の映画作りの勉強になる。だから・・。

 いろんな方から「青い青い空」の感想。聞かせてもらっている。

 一番多いのが「泣けた!」

 それも「何度も泣けた!」というのが多い。

 泣けたシーン。ベスト3を上げると、

 「雨の土手」「八代先生の回想」「大会」

 他にもいろんなシーンで泣けた!という声を聞く。

 「孝太郎君」のシーン。職員室のシーン。大会会場での真子と母。

 _D3S3282.jpg

 舞台袖の八代先生の話。大会最後の拍手。

 部員が名前を言うところ。

 こんなふうに上げて行くと、映画の後半戦全部になる。

 まさに後半50分。感動シーンの連続ということ?

 自分で脚本を書きながらも、凄いなあ〜という感じ。

 映画を初めて見たときと、2回目では違う場面で泣けたという声もある。

 「コロッケシーンで泣けた」

 2回目以降で泣けるシーンだという。う〜ん。そうなんだ・・。

 その他にも、「いろんな場面で感動するんですよ!」といってくれる。

(つづく)

ポスター.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

東京、横浜からも浜松へ! [地元公開中]

P1020016.JPG

 和歌山だけではない。

 何と、東京、横浜からも「青い青い空」を見に

 浜松まで来てくれた人がいる。

 僕の友人ではない。

 一般の映画ファンだったりする。

 或いは、俳優のファン。

 波岡一喜君のファンだったり、平沢いずみのファンだったり。

 或いは相葉香凛ファンだったり。

 でも、映画を見ると、それを超えて、感動してくれる。

 そして「もう一度、見たい!」

 と、東京、横浜から二度、三度と浜松へ来てくれる方。

 何人もいる。

 _DCS7437.jpg

 実は「ストロベリーフィールズ」のときも

 東京や福岡から和歌山の公開

 見に来てくれた人たちがいた。

 でも、今回は遠方から何度も!

 さらに、北海道、大阪から来てくれた方もいるようだ!

 申し訳ない思いと、感謝の思いでいっぱい。

 「青い青い空」の感動。どんどん日本中に広がっている。

 観客のみなさまに感謝!

ポスター.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

和歌山から「青い青い空」を見に来た人々。 [地元公開中]

P1000972.jpg

 先に紹介した4年前の11月11日の

 「ストロベリーフィールズ」凱旋上映会。

 それ以前の和歌山の映画館での公開。

 「ストロベリー」を見てくれた地元・和歌山の方々。

 何人も「青い青い空」浜松公開を見に来ていると聞いた。

 先日、紹介した古本さんもそうだが、本当にありがたい。

 ここ=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2010-10-21-6

 さらに、撮影では3人もの方々。

 エキストラとして、撮影に参加してくれている。

 _DCS5292.jpg

 皆、こう言う。

 「ストロベリーフィールズの太田監督の新作だから

 今回は浜松の映画だけど、何かの形で参加したかった」

 そして、映画を見た方々はこういう。

 「前作。地元和歌山の映画だからと見に行きました。

 でも、それを超えた作品でした。

 日本中の人に見てもらいたいと思った」

 「そして今回も、浜松がとても美しく。

 全ての日本人に見てほしい映画です。

 また感動して、いっぱい泣きました」

 そんな声を聞かせてくれた。

 「青い青い空」。その感動の輪。

 浜松のみならず、日本中に広がって行こうとしている。

 (つづく)

 
ポスター.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

三美子物語?! [地元公開中]

 _DSC0426.jpg

 映画といっても、

 それぞれのキャラクターには人生があり

 映画の中で「物語」がスタートする前にも、「物語」は存在する。

 今回の「青い青い空」、そんな部分がたくさんある。

 先日、紹介した真子(相葉香凛)の家族の話がそう。

 P1140259_2.jpg

 住田(真子)家、映画以前に祖父、父、姉のストーリーが存在する。

 八代先生(波岡一喜)、映画の中で子供時代の話は紹介されるが

 _D3S5804.jpg

 なぜ、映画の舞台となる第二高校に赴任してくるか?は描かれていない。

 (でも、ヒントはたくさん出てくる)

 そこにも当然、物語がある。(実は作ってある)
  
 他にもミチル(平沢いずみ)と卓也(冨田佳輔)の物語とか

_DCS0796.jpg

 ミチルとデビー先生(ミシェル)の物語とか

 見ていれば分かるようにはしてあるが、実はそれぞれに別物語がある。

 そんなことを想像してもらうのも、楽しいもの。

 そんな一部。三美子(橋本わかな)の物語を短編小説にしてくれた人がいる。

 _D3S5453.jpg

 映画を見てない人には、全く分からないかもしれないが

 実によくできている。

 僕がすでに作ってあった三美子物語とほぼ同じ展開。

 (あの***設定が分からないと書けないところがミソ!)

 映画を見た方はぜひ、読んでほしい。

ここ=>http://ameblo.jp/ka-ko112/entry-10700370756.html#cbox


ポスター.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

観客1万人突破記念イベント!(8)ティーチイン [地元公開中]

P1020545.jpg

 多くの方のお陰で準備完了。

 イベントをスタート。

メンバーは写真右から監督太田、美術部 竹内悦子、照明部 石川欣男、美術部 増本知尋。

 僕以外は皆、業界のベテランの方々ばかり!

 今回はティーチイン形式。トークショーと違い、

 出演者が一方的に話すのではなく、観客からの質問に答えるという形式。

 映画祭等でよく行われるもの。

 まず、監督の僕からオープニングに少し話をする。

 P1020552.jpg

 で、観客の皆さんに「青い青い空」を見た方いますか?

 と聞いてみると、ほとんどの人が手を挙げてくれた。

 これなら映画の説明はいらない。一気に質問コーナーに突入しよう。

 P1020554.jpg

 物語、設定への質問は僕が答える。

 あと、照明部、美術部への質問はそれぞれのスタッフ。

 1時間の予定があっと言う間に過ぎてしまった。

 詳しい話は参加してくれた方々。詳細に記録してくれているので

 こちらを=>http://ameblo.jp/ka-ko112/page-3.html#main

 こちらも=>http://ameblo.jp/komei014/entry-10693602964.html
 
 東京から来てくれた方もいて、

 すでにロケ地巡りまでしてくれている人もいて

 「青い青い空」が愛されていることを実感。
 
 ハッピーな1時間となる。

 (つづく)

 ポスター.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「青い青い空」週末の上映時間 [地元公開中]

_D3S5323.jpg

 浜松で上映中の

 「青い青い空」今週末の上映時間。

 ついに第4週目!

 映画上映の期間は基本4週間、そろそろ上映終了ということもあり得る。

 前売り券をお持ちの方はぜひ、この週末に見て頂きたい。

 すでに1万人が涙した青春感動映画「青い青い空」お見逃しなく!

 10月30日(土)31日(日)の上映時間

 TOHOシネマズ 浜松

 (ザザシティ浜松内)

 ①11:30~13:45   ②14:10~16:25  ③19:10~21:25


 TOHOシネマズ浜北

 (サンストリート浜北内)

 ①11:20~13:40  ②18:55~21:15

 主題歌。聴いてほしい=>

ポスター.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画