So-net無料ブログ作成
検索選択
太田監督の次回作! ブログトップ
前の10件 | -

すでにア・ハード・デイズ・ナイトがスタート [太田監督の次回作!]

IMG_1372.jpg

 先月から、本当にいろんなことが重なり

 グロッキー状態だったが、

 (その前は10年振りの風邪で寝込んだし)

 シナリオ第1稿のリライトが始まり、また忙殺の日々が始まる

 シナリオだけでも大変なのに

 またまた、いろんなことが重なる!

 日曜日の浜松上映の準備もある

 その他、まだ、ブログには書けないこともあって

 このままでは浜松行きの前にダウン?

 少し、セーブしよう。

 しかし、この段階はいつも1人。誰も代わりにやってはくれない。

 ただ、会社等が絡んで来ると、邪魔しかしない連中も増えるので

 1人の方が実は、早いかもしれない。

 とにかく、やれるだけやる!

 (つづく)

 aoi-1.jpg




 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

忙殺される日々。次回作準備中! [太田監督の次回作!]

 IMG_0128.jpg

 このところ、いろんなことが重なって

 売れっ子作家状態(実態は売れない作家ですが)

 まず、次回作のシナリオ。

 原発事故を題材とした物語。

 第1稿が完成。少し時間を置いたのでリライト開始。

 製作費やローケーション。俳優をイメージしながら直す。

 同時に、原発デモ取材。

 先日の金曜も官邸前へ行った。

 IMG_1789.jpg

 ビデオ映像でも記録。編集して、ユーチューブにアップ。


 

 さらに、テレビでの原発報道を確認するために

 1日6番組を録画。片っ端から見る。

 そして、数日置きに図書館へ

 新聞報道も確認。

 あと、書籍

 現在は河野太郎さんの書いた”原発と日本はこうなる”を読んでいる。

 プラス。

 ブログ、フェイスブック、ツイッター。

 これで1日が終わってしまう。

 でも、7月15日の浜松イベント上映の準備。

 いつもは簡単に予約できる浜松のホテルがどこも満室で

 大慌てしたり・・・何とか予約は取れたけど、日頃の倍!(どのホテルも)

 これらに加えて、先月はトークイベント参加。

 イベントのビデオ撮影を頼まれたり

 春に担当した映画の後片付け等もあり、

 気をつけないとまた過労でダウンする。

 注意、注意・・.

 (つづく)

 aoi-1.jpg
 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

次回作のシナリオ(原発事故が題材)100P突破!(上 ) [太田監督の次回作!]

IMG_0128.jpg

 原発事故を題材とした次回作

 そのシナリオ。本日もネットカフェで缶詰になり執筆。

 ついに100Pを越える。

 執筆と言っても、起きてから寝るまで書いている訳ではない。

 どんな作家でも1日に100Pも書かない。

 1日数ページということもある。

 書く・・・のは単なる動作であり、物語を考える時間の方が圧倒的に長い。

 なので、朝起きてから寝るまで、物語についtて考えるが
 
 書くのは数時間ということも多い。

 さて、本日は4時間ほど。

 物語はついに****まで。

 重要なキャラクターの光太郎オジさんが登場!

 そして、お父さんが家の除染を始めるところまで

 しかし、今イチ。引っかかる。

 放射能の影響を伯父さんより、姉の友人が説明する方がいいのではないか?

 そして、伯父さんの登場はもっとあとがいいのではないか?

 書き終わっても、スッキリしないものが残る。
  
 
 (つづく)


 aoi_h1_0121_ol-6874c.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

原発事故を題材にした次回作 シナリオが90Pまで [太田監督の次回作!]

%E7%94%BB%E5%83%8F%20415.jpg

 次回作のシナリオ(原発事故の物語)

 現在、書いているのはこんな場面。

 ーーー原発事故で避難。仮設住宅で暮らしていた主人公の一家

 ようやく、一時帰宅を許されるが、

 それは家財を取りに行くためだけのもの。制限は2時間。

 ついに、その場面まで来た・・。

 その種の報道はテレビで何度も見ていたが、

 書いていると涙が溢れる・・・書くというのは、記述することではなく

 主人公と共に、物語を体験するということ。

 俳優が役を演じるのと同じ。役と同じように傷つき、悲しむものだ。

 人が死んだり、傷つけられたりする場面ではない

 しかし、どうしようもない悲しみに襲われる。

 長年住んでいた家を終われ、一時帰宅しても、2時間しかいられない。

 思い出の場所と、思い出の品。そして家族の空間を目の前にして

 また、遠くへ行かねばならないのだ・・。

 限られた物だけを袋に詰め、再び仮設に戻る人たちの気持ちとは
 
 いかなるものなのか?

 なぜ、そんな思いをせねばならないのか?
 
 その人たちが何をしたというのだ?

 そう。何もしていない・・・すべては原発事故のせいなのである。

 そんな怒りを感じながら、執筆を続ける。

 本日、ついに90P!突破

 予定ページ数に達してもまだ完結しない・・。

 また、思った以上の大作になりつつある。

 そして、このあとはまさに悲しみのつるべ打ち・・・。

 書いていて、こんなに辛いのは初めてだ・・

 しかし、主人公たちと共に、その悲しみを見続けなければならないのだ。

 それがシナリオを書くということである。


 (つづく)

 
  E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

太田監督、東京のトークイベント出演! 7月2日(月) [太田監督の次回作!]

 IMG_0483.jpg

 7月15日、浜松での”青い青い空”イベント上映前
 
 7月2日に東京で私、監督の太田が

 シナリオ作家協会が主催する”シナリオ倶楽部”の

 トークイベントにも出演することとなった。

 ”脚本家でありながら、監督もする作家によるとーくイベント”

 というようなテーマ。

 _D3S6692.jpg

 本来、映画は脚本と監督は別。

 でも、監督もする。脚本も書く。

 そういうタイプの作家はどんなことで苦労し、

 どんな葛藤があり、どのような思いがあるのか?

 それの辺を経験談を通じて語るという企画だ。

 僕以外にも3人の作家が登場。

 厳しい現実の話。笑える現実の話。ここだけの話をさせてもらう。

 日時 7月2日(月) 午後5時

 場所 赤坂 シナリオ会館

 会費500円。ワンドリンク付き

 脚本家を目指す方。監督を目指す方。両方を目指す方

 或いは、映画ファンの方々。

 ぜひ、来てほしい。


 aoi_h1_0121_ol.jpg
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

次回作のシナリオ/進展を報告ーアランパーカーか? [太田監督の次回作!]

img_368654_8579660_0.jpeg

 このところ体調が悪く

 外出しても、どこかで横になりたくなるほど・・

 何が原因か? と調べて分かったのだけど

 今回はその後の話。

 次回作にすべく執筆中のシナリオの進展を報告。

 内容は原発事故に巻き込まれる家族の物語だ。

 IMG_1184.jpg

 体調がよくなって来て、本屋で見つけた一冊の本。

 それがビンゴーだった!

 求めていた情報がギッシリ。

 一晩で読んでしまう。それにより、これまで収拾した膨大な情報を整理できた。

 この2週間ほどモヤモヤしていた問題を解決。

 シナリオ再開!

 IMG_1318.jpg

 すると、当初、僕が考えていた物語が成長?

 違う形に展開している。が、物語は生き物。

 作家が思う方に無理に戻すと、駄目になるのだ。

 そのルール通り。物語は俄然、リアリティを持ち

 サスペンスさえ生まれて来た!

 そして、このままドラマが進めば、また涙、涙の展開となる・・。

 うーーーん・・

 当初は原発事故に遭遇した家族を、

 ホームドラマ風(?)にまとめるつもりだったが

 3分の1を超えたあたりから、変化が始まった。

 %E7%94%BB%E5%83%8F%20202.jpg

 何だろう? あえて言えば ”JFK” か?

 と言っても、狙撃犯を推理する裁判劇でもない。

 もともと、僕はオリバーストーンやアランパーカーのような社会派監督が好きだった

 が、青春ものを撮り続ける僕とは、別世界の人たち

 なのに、今回は青春もので、家族ものなのに

 それら作家の世界に近づいている。

 これまでの太田映画の骨子を引き継ぎながら、今までにはない展開になりそうだ。

 こんなふうに自分で書いているのに、どうなるの?

 と思えるときは、良い物語になる。

 このまま、体調を維持して、シナリオ執筆を続ける。

 現在、30p。

 3分の1の地点だ。

 (つづく)

 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg 



















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

原発事故。発生から時間ごとに表にした!(下) [太田監督の次回作!]

 IMG_0169_2.jpg

 先に紹介した本から、

 地震直後からの原発事故のテレビ報道

 時間の経過と共に紹介する。


3月11日 (金)

14:46 NHK地震速報
14:49 フジテレビ番組中断、スタジオから報道
14:50 TBS 金八先生中断、スタジオから報道

15:24 TBS「福島原発が 自動停止」
15:50 NHKヘリから空撮。仙台の津波を映し出す

(16:45 東電、15条通報を出す)
16:47 NHK「原発で停電。非常用発電機が使えず」
(17:02 枝野官房長官会見
「原発に被害はない。放射能漏れは起きていない」)

17:40 NHK「原子炉冷却機能が停止」
18:42 TBS「原発で何らかの被害が出ている可能性があり」
19:07 フジテレビ「冷却装置が作動していない可能性あったものの
機能機能していることが確認出来た」

19:41 日本テレビ「原発自動停止。非常用冷却装置を使って
温度と水位を保っているとのこと」
19:56 テレビ朝日「官邸からの情報、緊急事態通報を出した。
放射能漏れはない」

(19:40 枝野官房長官会見「万一のために原子力緊急事態宣言。
放射能が漏れている状態ではない」)

19:45 フジテレビ他、官房長官会見を中継

20:07 フジテレビ、電話取材で大学教授が「メルトダウン
始まりつつあるのでは?」とコメント。

20:56 TBS「冷却機能が作動していないこと。伝える」

21:10 フジテレビ「福島県によると水位が下がり、
燃料棒が露出して、放射能が漏れる可能性」

(21:50 枝野官房長官会見「住民避難の指示を出した。
3キロ圏内は避難。3-10キロは屋内退避。放射能は現在、
炉の外には漏れていません」)


 NHKが地震の速報を出してから、

 わずか7時間後に退避指示が出ているのだ。

 当時、僕は過労で自宅入院状態。

 地震の直後からテレビをずっと見ていた。

 明け方まで見ていたのに、

 表にあるような重要な報道があった記憶が残っていない。

 たぶん、原発事故のリアリティがなく、それよりも何度も映し出される

 津波による被害の印象が強かったかもしれない。

 屋内退避の指示があったことは覚えている

 避難指示も覚えている。

 しかし、それらの避難光景をテレビで見た記憶がない

 見ていれば”怪獣映画でよく見るシーンだなあ”と不謹慎なことを考えたはず。

 でも、記憶がないのは、それら光景は報道されていないのではないか?

 そして、それらがとんでもない事件の始まりだったと気づくのは

 数ヶ月も先のことだった・・。

 (つづく)

 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

原発事故。発生から1時間ごとに表にする!(上) [太田監督の次回作!]

%E7%94%BB%E5%83%8F%20202.jpg

 このところ、体調が悪いこと

 いろんな頼まれごともされていることで時間を取られ

 シナリオが書けずにいた・・。

 が、何か、それ以外にもモヤモヤとしたもがあり

 執筆が止まっていた。

 シナリオは物語を作るだけでなく、どの段階で誰が出て来るか?

 その展開はどの場所で行うか?

 ということも考えねばならない。

 そして、その場所には登場人物の誰と誰がいるべきか?

 だとしたら、その人物はいかなる理由で、その場所にいるのか?

 その辺まで考えねばならない。

 そこに無理矢理感があると、あれ?と思えて、物語に乗れなくなる。

 でも、ドラマというのは、その辺を偶然という技を使い、

 主人公と相手役を出会わせたりする。

 映画なので、映像に見せやすいように

 事故の展開を自由に設定することもできる。

 IMG_0838.jpg

 なので、書き進めることはできるはずなのに、

 なぜか?地震発生のシーンで止まっていた。

 ペンが進まない(パソコンだけど)というときは、どこかに問題があるのだ。

 ”どうしたいか? ”

 ではなく、”どうするべきか?”に答えがあるのだろう。

 つまり、”誰をどこで登場させるか?” ”どう展開させるか?” 

 を考えて物語を作るのではなく

 実際の事故と同じに、事件が展開すべきではないか?

 福島第一原発のあとに起きた事故という設定だが

 それを想像で作り出すのではなく

 ”あの事故を再現すること”に意味があるように思える。

 だと、すると、もう1度。原発事故を勉強し直しだ。

 すでに昨年秋から、新聞雑誌書籍で事故を徹底して調べている。

 テレビ、ラジオでの報道もチェック

 事故だけでなく、内部被曝、チェルノブイリ、記者クラブ問題、原発ムラも勉強。

 原発事故当日からの報道は複数の新聞で確認、数ヶ月先までチェックした。

 が、3.11の地震が起こったときから、時間刻みでの確認が出来ていない。

 午後2時以降のマスコミの報道。

 そして、国民の対応が時間刻み、分刻みで把握することが必要だと思えた。

 どうすれば、それを確認できるか?

 IMG_1184.jpg

 そんなとき、ピッタリの本を見つける

 テレビ報道を震災直後から確認。それを検証する内容。

 早々に読みながら、抜き書き!

 3月11日午後2時以降の出来事。報道を綴った表を作って行く。

 その表を見て驚く。

 把握していたと思えた、地震直後の出来事

 こんな短時間で進んでいたということ・・。

 今、書いている物語がさらなる変化。成長をしそうなこと感じる。

 (つづく)

 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

総理官邸前抗議行動ルポ/4000人の怒りが爆発! [太田監督の次回作!]

 IMG_1236.jpg

 新作シナリオの取材のため

 昨夜の総理官邸前、抗議デモの取材に行った。

 連日、この場所には数千人が集まり、抗議行動を続けている。

 いかに再稼働に異議を唱える人が多いか?を感じる。

 IMG_1218_2.jpg

 でも、そのことをテレビ新聞は伝えようとしない。

 昨年の脱原発デモも、大江健三郎さんらが提唱したデモまで

 一切報道されていない。

 そして、その後も毎週のように都内ではデモが続いているが

 それも報道されない。

 これはもう、原発反対のデモが続いていることを全国に伝えたくない!

 そんな思いがマスコミにあるのではないか?

 とさえ考えしまう。

 IMG_1261.jpg

 さて、官邸前の抗議行動。

 ネットニュースやツイッターでは連日、伝えられているが

 こちらもテレビ、新聞では報道されない。

 そこで実状を取材しようと、出かけたのだが、思った以上に大規模だった。

 この日は4000人が集結。

 官邸前で再稼働反対の抗議運動。

 IMG_1217.jpg

 さすがに多くのマスコミが来ていた。

 (テレビ朝日等は抗議行動を報道したが

 原発推進派の局は触れず仕舞い・・)

 IMG_1269.jpg

 その最中、午後6時から野田総理の演説が行われるとの情報。

 特設スピーカーから、その演説が流された。

 が、その内容は驚愕すべきものだった。

 野田総理の演説。少し紹介する。


 ”国民生活を守ることの第1の意味は、次代を担う子どもたちのためにも、

 福島のような事故は決して起こさないということであります。

 福島を襲ったような地震・津波が起こっても、

 事故を防止できる対策と体制は整っています。

 これまでに得られた知見を最大限に生かし、

 もし万が一すべての電源が失われるような事態においても、

 炉心損傷に至らないことが確認をされています


 IMG_1306.jpg

 これが一国の総理の言葉?

 耳を疑うとはこのこと。国民を嘗めているとしか思えない!

 全て、ウソで固めたもの。

 大飯原発の安全対策は不備だらけ!

 (非常時に必要な免震重要棟がない!ー福島第一原発にはある。防波堤もない。
 原子力安全委員の班目委員長も、二次テストが必要と主張)

 それをなぜ安全と言い切るのか?

 ”どの口がいうんじゃあ!”という感じだ。

 IMG_1313.jpg
 (写真上、抗議行動を見つめる通行人や取材陣)

 電源が失われてもメルトダウンしない?

 だったら、どうやって燃料を冷やすの?

 もう、国民はみんな知ってることを何の根拠も説明もせず

 安全。危険はない。と断言している。

 抗議行動の参加者からは罵倒と怒号が飛ぶ
 
 ”ウソつけ!””何言ってんだ!””バカなこと言うな!”

 まさにその通りだ。

 もう何でもいい、ウソで固めても、再稼働したい!それだけなのだろう。

 悪徳映画プロデュサーでも、悪徳不動産屋でも

 まだ、説得力ある話をするはず、

 ここまであからさまに、ウソの連続で再稼働しようというのは

 何なのか?

 要は、電力会社、原子力ムラの利益を守りたい。

 だから、十分な安全対策も取らなくても、早急に再稼働させる。

 再び大きな原発事故が起き、多くの国民が被害を受けようとも

 危険極まりない原発を、再稼働させる!

 そう言っているだけなのである。

 それが日本国の総理大臣の”意思”なのだ。

 IMG_1297.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ取材(7ー終)テレビの話は台詞にし辛い? [太田監督の次回作!]

 img_368654_8570989_0.jpeg

 家族の会話。取材した。

 多いのは、テレビの話という。

 でも、番組名とかは時間と共に忘れられる、

 内容を知らない人にも????となる。

 昭和40年代が舞台であれば、

 ”肝っ玉母さん” ”ありがとう” ”8時だよ! 全員集合”

 と国民的な人気番組があった。

 その話をすれば、当時の感じが出る。

 が、現代では番組によって見る世代が違うし、視聴率も低い。

 時代感も出ないし、その家族らしさを表現するのもむずかしい。

 ああ、うちも同じだ!と

 多くの人が共感してもらうには、テレビ番組では駄目だ。

 で、さらに質問。

 ーーー夕食はどんなものが多かったですか?

 いろいろと、メニューを教えてくれる。

 そんな中にひとつ。とてもいいものがあった!

 他のエピソードにも繋がるもの!

 さらに、話ははずみ。とてもいいエピソード聞けた。

 これだ!!

 やはり、現実は強い。

 心温まる!

 すぐにネットカフェに直行だー!

 と思ったが、予定があり。それもできない。

 明日、書くぞ!

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 太田監督の次回作! ブログトップ