So-net無料ブログ作成
ミチル/青い青い空以前の物語 ブログトップ

ミチル/「青い青い空」以前の物語(7ー終)八代先生 [ミチル/青い青い空以前の物語]

_DCS4636.jpg

 ミチルはため息をつく。

 真子とみさとが入部するだけのことがあり、

 書道部の顧問教師も最悪だった。

 先に臨時教師で来た八代という奴。

 体育館で大字を書いて、書道部員を募集した。

 _DSC1683.jpg

 書道を愚弄している感じがする。

 「やはり、この学校は面白くないな・・」

 その日も実験室に行くと、袴田先生がこういう。

 「ミチル。書道部、今日からスタートらしいぞ!」
 
 「興味ありません・・」

 「ミチルは書道得意だろ? 見に行こうぜ!」

 放課後、書道部を見に行った。

 八代というヤンキー先生。

 書道とは呼べないこと。教えている。

 _DCS2717.jpg

 相変わらず、この学校は面白くない。

 デビーがやってきた。喜んでいる・・・。

 これは書道とは呼べない。

 我慢出来ず、抗議してしまった。

 「八代先生。書道は前衛芸術とは違うので、

 ダンボールに書くのは違うと思います!」

 が、八代先生は変なことを言い出す。

 「まずは楽しんで書くこと。大切にしてもらいたんや!」

 よく分からないが、何かが胸に突き刺さる。

 いや、でも、こんなの書道じゃない。

 そう思っていると、袴田先生が笑顔でこういった。

 「ミチル。この学校も面白くなってきたな?」

 _DCS2680.jpg

 高見沢ミチルにとって、新しい物語。スタートしようとしていた。


 (映画”青い青い空”へ、つづく)

 
 aoi_h1_0121_ol.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ミチル/「青い青い空」以前の物語(6)デビー先生 [ミチル/青い青い空以前の物語]

_DCS4624.jpg

 英語教師のデビー。

 日本文化に興味を持ち、英語教師の仕事を見つけ

 この学校にやってきた。

  _DSC1450.jpg

 日本語はあまりできない。でも、ミチルにとって

 英語で話ができる友人となった。

 「Michiru Teach me about Japanese culture」

 デビーにとっても、ミチルは日本文化を教えてくれる案内人。

 すぐに仲良くなる。

 あるとき、ミチルがよく知る書道教室に連れて行った。

 _DSC0175.jpg

 卓也の弟・コータも通うところ。

_DCS0492.jpg

 デビーに英語で書道を説明した。

 「This is sumi. first of all,we do like this」

 ふと見ると、クラスメートの真子とみさと。窓から覗いている。

 一番ムカつく2人だ。

 成績も悪く、クラスでもバカ扱いされているコンビ。

 _DCS2205.jpg

 みさとは頭に来るとすぐ暴れる。

 男子でも殴り倒す。クラスメートからも危険人物扱い。

 おまけに芸能界志望というから始末に悪い。

 真子は殻にこもり、何を考えているのか?分からない子。

 日本人に多いタイプ、大嫌い。

 そんな駄目な2人。

 「書道なんてダサい」と話をしている。「愚者」としか言いようがない。

 _DCS0558.jpg

 相変わらず、ミチルの口癖は同じ

 「この学校。面白くない・・」

 それが数日後、アンビリーバボーな事件が起こる!

 その真子とみさと、超駄目コンビが

 よりによって、書道部に入部したのだ!

 ありえない!?

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ミチル/「青い青い空」以前の物語(5)土曜日の実験室 [ミチル/青い青い空以前の物語]

_D3S5433_2.jpg
 
 化学実験室。

 P1080684.jpg

 覗いてみると、袴田先生が1人。

 CDを聴きながら授業の準備をしている。

 ミチル。声をかけた。

 「先生。ピンクフロイド・・・好きなんですか?」

 「おーーーー、そういう君は、ピンクフロイドを知っているの?」
 
 「ミチルです。名前で呼んでください」

_DSC2670.jpg

 「じゃあ、ミチル。ピンクフロイド聴くの?」

 「『ザ・ウォール』と「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン』好きですから」

 「若いのにスゴイなあ・・・・・面白い子だね?」
 
 「でも、面白くありません。この学校は・・」

 それからミチルは休憩時間になると、実験室に行き。

 袴田先生と話をした。

 「先生、この学校、やっぱり面白くない・・」

P1080688.jpg

 毎回、そう言ってしまう。

 袴田先生、いろんな話をしてくれた。
 
 教師という仕事も大変。

 立て前ばかりの教師たち。モンスターペアレンツ。

 生徒を何人有名校に送れるか?

 それで採点される教師人生。

 だから、教師同士の付き合いを拒否。

 授業が終わっても、この実験室にいるのだ。

 P1120969.jpg

 「何だか、私と似ている・・」

 そんなとき、アメリカ人の先生がやって来た・・

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ミチル/「青い青い空」以前の物語(4)愚かな日本人 [ミチル/青い青い空以前の物語]

_DCS2195_2.jpg

 帰国したミチルは2年生の新学期から、浜松の高校へ編入。

 そして、意外な現実を知る。

 クラスメートたちは、自分の意見を持たない。

 アメリカでは信じられないことだ。

 真剣に勉強しないくせに

 成績に一気一優、生活している。

 _DCS2205.jpg

 伝統ある日本文化をバカにして、

 見向きもしない。

 自分の存在が何なのか? 

 自分の意味は何なのか?

 考えもせず、女子は「男子」や「タレント」の話ばかり。

 「何て下らない人たち・・ 

 これが日本人なの・・・?

 これが伝統も文化もある、日本という国の現実なの!

 失望の連続。こんな国に生まれ育ったことを

 誇りにして、私はアメリカで生きて来たの・・」

 _DCS2127.jpg

 同級生がバカに見えて、仕方がなかった。

 ある日、帰り道。クラスメートの男子が声をかけてきた。

 「ミチル! ボスのコンサートは行ったことある?」

 「ジャクソン・ブラウンは?」

_DCS0764.jpg

 若いくせに、古いロックをよく知っていた。
 
 「ニューヨークは行ったことある? どんな街?」

 「僕もいつかアメリカへ行って、ミュージシャンの勉強したいんだ!」

 そんなことを言う。でも、何か子供ぽい。

 彼の名前は卓也。

 弟にも子供扱いされるようだ。

 最初は「気があるのかな?」と思ったが、本命はクラスにいるようだ。

 ミチルもその気はない。

 けど、アメリカの話ができること。嬉しかった・・。

 家に帰るとお気に入りの一眼レフを持ち、あたりを歩く。

 _DCS4871.jpg

 1人で撮影をしてまわる。

週末は舘山寺にあるおばあちゃんが経営する旅館

 広い部屋を借りて、書道練習。

 「友達なんていらない・・」

 むしろ、学校の休憩時間、教室にいるのは苦痛。

 程度の低いクラスメートの顔を見るのが嫌。

 P1140543.jpg

 ミチルは1人で校内を彷徨った。

 あるとき、化学の実験室前を通ると、

 P1080684.jpg

 ピンクフロイドの歌が流れて来た・・。

 それも「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」だ。

 「・・・誰が・・・聴いているんだろう?

_DSC1534-1_2.jpg

 こんな曲を聴く人。この学校にいるなんて・・」

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ミチル/「青い青い空」以前の物語(3)書道、日本の文化 [ミチル/青い青い空以前の物語]

_DCS4601.jpg


 「どんなに英語ができても、どんなにアメリカ文化に詳しくても

 私はアジア人・・・東洋人・・・日本人なのだ・・

 アイデンティティを持つには、日本を見つめるしかないのかも」

 ミチルはあること思い出す。

 子供の頃に祖母が教えてくれた書道。

 「もう一度、やってみよう・・

 アメリカ人にできない何かをしたい・・」

 P1120699.jpg

 クラスメートが本当の意味で、ミチルを認めたのはそれからだった。

 「ワンダフル! ミチル」
 
 「ワッカインド・オブ・アート・イズ・ディス!」

 もう、東洋人の顔をしながら、英語ができるだけの

 奇妙な存在ではない。

 P1040059.jpg

 ミチルは感じた。

 「日本には素晴らしい文化がある。世界に通用する文化がある!

 それを伝えること。学ぶことで。私の意味がある」

 ハイスクールの途中で、父の仕事の関係で日本に戻る。

 P1040581.jpg

 浜松の高校に編入した。

 ただ、そこに待っていたのは大きな失望。

 悲しい現実が待っていた・・。

 P1080421.jpg

(つづく)

 
 aoi_h1_0121_ol.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ミチル/「青い青い空」以前の物語(2)マンザナール収容所 [ミチル/青い青い空以前の物語]

P1030993.jpg

 その日。ミチルが訪れたのは、小さな日本食レストラン、
 
 レストランというより、

 個人で経営するハンバーガースタンドのようなもの

 店内には客はいない。

 _D3S5433.jpg

 料理をするのは日系人のおじいさん。

 日本風ハンバーガーを見つけたミチル。英語でオーダー。

 「Can I have teriyaki buger and ・・・」

 日系のおじいさんは言う。

 「日本語で話シナサイ。日本人ナラ日本語デ話シナサイ」

 そのおじいさん。いろいろと話をしてくれた。

 アメリカ生まれで日本のことは、よく知らない。

 なのに懐かしそうに日本のことを話す。

 ミチルがオーダーしたテリヤキ・バーガーだってアメリカの味。

 P1030042.jpg

 でも、こう言う。

 「イツカ、日本へ帰リタイ。日本ハイイ国デス」

 アメリカ生まれだから、本当は「帰りたい」ではなく

 「行ってみたい」だ。

 国籍もアメリカ。

 でも、こういう

 「ワタシは日本人デス」

 他民族国家アメリカ。

 でも、アングロサクソン系の白人が強い力を持っている。

 太平洋戦争中は日系人だけが収容所に入れられた。

 彼もマンザナールで子供時代を過ごしたという。

 IMG_0029.jpg

 (写真上、マンザナールの収容所あと)

 それを描いたNHKの大河ドラマ

 ”山河燃ゆ”は、アメリカでは放送されていない。

 敵国であるイタリア、ドイツ系アメリカン人はの収容されていないのに

 日系人だけが収容された。

 そんな厳しい歴史を越えて来た日系人の人たち。

 P1030994.jpg

 「ワタシは日本人だ」

 そのアイデンティティを大切にし、誇りにして生きて来たのだ。

 日系人だけではない。他の国から移住して来た人たちも同じ。

 アメリカは他民族国家。

 それぞれの人種が、それぞれの文化や伝統を大切にし、

 それをアイデンティティとしている。 

 だから、文化や伝統を守ろうとする。

 逆にアメリカ人にはそれがない。建国してまだ200年の国。

 ヨーロッパや日本に比べてまだまだ歴史がない。
 
 だから、伝統や文化の面で海外に憧れる。

 日本の歌舞伎や能。ヨーロッパの家具や食事。

 ミチルは気づく。自分が、高見沢ミチルたるものは何か?

 「Who are you ?」

 P1140515.jpg
 
 「私は誰? ワタシは何者? 

 アメリカ人にはなれない。やはり私は日本人なの?

 でも、日本のことは・・・何も・・・知らない・・」

(つづく)

 aoi_h1_0121_ol.jpg
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ミチル/「青い青い空」以前の物語(1)LAの日本人中学生 [ミチル/青い青い空以前の物語]

P1030895.jpg

 「青い青い空」の主人校の1人。ミチル。

 父の仕事の関係で、中学時代はアメリカに住んでいた。

 最初は英語で苦労した、いろんなイジメも受けた

 でも、生まれついても負けず嫌い、必死で英語を勉強。

 ネイティブな生徒にも負けない、英語力をつける。

 成績もアメリカ人に負けない。

 _D3S6138.jpg

 そんなミチルはもともと洋楽が好き、日本の歌は聴かない。

 感覚的で、少しマニアックなものが趣味。

 友達から「何でそんな歌、聴いているの?」と良く言われた。

 好きなのはピンクフロイド。

 そしてジョン・レノン。

 あと、ヨーロッパ映画ばかり見ている。

 スタンリーキューブリックの作品。お気に入り。

 例えばこれ=>http://www.youtube.com/watch?v=40Xc-9YeWE4

 アメリカの文化にも詳しい。クラスメートとも話が合う。

 が、あるとき訊かれた。

 「ミチル。日本のことを教えて。ティ・セレモニー(茶道)ってどんなの?」
 
 日本のこと。何も知らなかった。

 やがて、ミチルはアイデンティティの壁に突き当たる。

 東洋人で日本人で、英語は完璧。

 でも、日本のことは何も知らない。

 _DCS4636.jpg

 アメリカで生活はしているが、顔はアジア人。

 あなたは誰?

 「Who are you ?」

 日本で生活していれば、

 自分が日本人であることを感じること。

 あまりない。両親がいて、友達がいて。

 自分が何人だ。白人だ黒人だ黄色人種だという話は他人事。

 でも、アメリカにいると、自分が何者であるか?

 嫌が上にも思い知らされる。 

 そして、自分が白人ではなく、ブロンドでもなく、アメリカ人ではないこと

 痛感する。

 「私は誰なの? やはり日本人なの? 

 でも、日本のことは何も知らない」

 ミチルは自問自答した。

 そんなある日。

 日本食レストランで、日系2世のおじいさんに会った・・。

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ミチル/青い青い空以前の物語 ブログトップ