So-net無料ブログ作成
検索選択
河口湖映画祭 ブログトップ
前の10件 | -

富士山河口湖映画祭10/閉幕 [河口湖映画祭]

IMG_0367.jpg

 こうして山梨県の富士山・河口湖映画祭は閉幕する。

 ロサンゼルスジャパンフィルム・フェスティバル以来の映画祭。

 とても感じるものがあった。

 IMG_0548.jpg

 また、映画を上映するだけでなく、映画を製作して地元で撮影するという

 試みをしているところも感銘を受けた。

 僕が映画作家として行っているのと同じことを

 町ぐるみで、映画祭として毎年行っているのである。

 さまざまな意味で共感を持つ2日間となった。

 IMG_0497.jpg

 そして、東京に戻ったとたんに
 
 東海道線温泉町の方々からの問い合わせが来た。

 イベント上映をしたいといってくれている。

 P1060130.jpg

 ”青い青い空”イベント上映募集中。

 _DCS3134.jpg

 ぜひ、あなたの町でも家族で見られる感動ドラマ。上映して頂きたい。

 問い合わせはこのブログのコメント欄に書き込みを!

 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg



富士山河口湖映画祭⑨/地域で映画を作る意味 [河口湖映画祭]

P1060386.jpg

 富士河口湖映画祭の交流会

IMG_0515.jpg

 そこでスピーチさせてもらったこと、書いてみる。

IMG_0487.jpg

 ここ10年ほど、映画による町興しが各地で盛んに行われている。

 通常は映画会社にアプローチ。地元でロケしてもらうように頼む。

 が、富士山河口湖映画祭では自ら映画を製作。地元で撮影、上映する。

 河口湖の美しい風景を多くの人に伝えようとしていた。

 IMG_0542.jpg

 けど、地元での映画作りは外部に対するPRだけではなく、

 もうひとつ素敵なことがある。

 町に住む人たちが、自分たちの故郷の素晴らしさを再発見するということ。

 と、いうのも、いつも見慣れた風景がスクリーンを通して見つめると

 こんな素敵な景色だったかな?と驚くのだ。

 IMG_0535.jpg

 俺たちの町。意外にいいじゃないか? そんなことに気づく。

 他県にアピールする前に、まず自分たちが故郷の良さを再発見するのである。

 IMG_0573.jpg

 さらに、映画はフィルムにしておけば100年保存が効く。
 
 娯楽として、芸術としての映画を超えて、記録。歴史としての意味も持つ。

 100年前の河口湖は、こうだったんだ。

 ”あっ、おばあちゃんが出ている。この頃まだ子供だったんだだなあ!”

 そんな風に時を超えて、世代を超えて町を人を家族を見つめることができる。

 それが地域で映画を作る、もうひとつの意味。

 IMG_0543.jpg

 浜松和歌山では、何十回もそんな話をさせてもらったものだが

 そんな思いで浜松で”青い青い空”を撮り

 _D3S7832.jpg
 
 和歌山では”ストロベリーフィールズ”を撮った

 それぞれの町の、本当に美しい場所でロケしている。

 _DSC0897.jpg

 ただ、それら場所が数年でなくなったりもしている。

 それが再開発をする上で必要なのか? 

 それとも町の大切な財産を壊しているのか?

 そんなことを考えるきっけにもなる。

 IMG_2252.jpg

 ”ストロベリーフィールズに出演してくれた地元の高校生。

 今や一児の母となった子もいる。

 その成長を見つめることができのも、映画。

 そう。映画は家族のアルバムならぬ、故郷のアルバム。

 家族や町の歴史。想い出や文化の記録

 それらを未来に伝えてくれるのである。


 (つづく)

 P1140847.jpg

E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg

富士山河口湖映画祭⑧/交流会でスピーチ [河口湖映画祭]

IMG_0515.jpg

 映画祭というと、

 ゲストを呼び、ステージの上でトークショー。

 映画を上映して終わり・・ということが多い。

 交流会もなく、監督、俳優と地元の関係者だけが打ち上げというもの。

 IMG_0513.jpg

 でも、この富士山河口湖映画祭では

 地元の人、映画ファンも出席できる。

 彼らと触れ合い、話ができる。昼間に見た映画について語り合える。

 湯布院でも、夕張でもそうだが、こんな環境が映画祭を育てる。


 IMG_0516.jpg

 前々から感じていたことだが

 映画祭は日本各地で行われているが、首を捻りたくなるものもある。

 基本、映画祭は町をアピールする地域振興の一環。

 なのに、町のイメージを損なうことばかりしている。

 IMG_0508.jpg

 関係者は映画に対する愛がない上に、不勉強

 主催者側が空回り、自身の首を締めるだけのような映画祭をよく見かける。

 あちこちでやっているから、ウチでも!という安易な発想で

 ”町興しになるだろう”と映画を利用しているだけのものが多い。

 映画を作る一人として本当に悲しい。

 そんな中、この富士山河口湖映画祭では

 様々な面で、映画を理解し

 外部の意見を取り入れ、よりよい映画祭にしようという姿勢。

 スタッフの皆さんの情熱を感じる。

 IMG_0509.jpg

 交流会では主催者側のスピーチだけではなく

 ゲストで来た映画監督たちも順にスピーチ。

 何と、”太田監督はトリでお願いします”と言われた!

 それも”映画による地域振興の意味”というお題付き。

 えーーーーーーーー!

 でも、それは得意なお題だ。

 まさにその思いを胸に和歌山浜松で映画を撮ってきたのだ。

 (つづく)

 IMG_0497.jpg


 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg

富士山河口湖映画祭⑦/交流会に参加! [河口湖映画祭]

IMG_0601.jpg

山梨県で開催された富士山河口湖映画祭。

 その夜は交流会。

 P1060418.jpg

 P1060416.jpg

 映画祭に参加した監督、俳優、スタッフ、地元関係者、映画ファンの方々が

 集合。立食パーティー

 IMG_0515.jpg

 山梨といえばワイン

 IMG_0508.jpg

 映画の話で盛り上がる。

 これも、なかなかの企画。

 いろいろと感じることがあった・・。


E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg

富士山河口湖映画祭⑥/上映後のティーチイン [河口湖映画祭]

IMG_0551.jpg

 山梨県富士山河口湖映画

 写真上の会場でオープニングセレモニーが行われた。

 IMG_0588.jpg

 この映画祭の特徴は

 単にメジャー映画を上映して、グランプリを選ぶという

 どこでもやっているパターンではなく

 公募して選ばれたシナリオをプロの映画監督が映像化

 地元でロケして上映するということがメインイベント

 これはなかなか興味深い。

 それに関連して地方を舞台にした映画も上映する。

 その1本として我が”青い青い空”も上映されたのだ。

 _D3S5323.jpg

 映画のあとは、ティーチイン。

 IMG_0593.jpg

 僕が舞台に上がり、観客からの質問に応えるというもの。

 IMG_0487.jpg

 映画による町興しに力を入れる映画祭なので

 その手の質問がたくさん出た。

 ”青い青い空”のテーマのひとつも、それ。

 さらに言えば、単なる町興し映画ではなく

 故郷再発見がテーマなのだ。

 
 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg



富士山河口湖映画祭⑤/ランチはイノシシ丼 [河口湖映画祭]


 IMG_0543.jpg

 富士山河口湖映画祭。

 IMG_0555.jpg

 参加者には食券が配られる。

 会場内の特設食堂で、地元で売り出し中の料理が食べられる。

 まずは、猪を使ったいのしし丼

 IMG_0566.jpg

 鹿肉を使ったシカカレー

 IMG_0563.jpg

 そして、鱒を使った増野蒲焼き

 IMG_0569.jpg

 僕はイノシシ丼を頂いた。

 映画を上映するだけでなく、地元をアピールするこんな料理を出すこと

 とても印象的だった。

 さあ、映画祭が始まる。

 
 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg


富士山河口湖映画祭④/青い青い空のポスター [河口湖映画祭]


 IMG_0562.jpg

 富士山河口湖映画祭。

 ”青い青い空”は写真下の第二会場で行われる。

 P1060401.jpg

 数日前に降った雪がまだまだ積もっていた。

 館内には”青い青い空”のポスターや映画を解説する資料

 P1060386.jpg

 キャンパスや長椅子での掲示。

 なかなか、おしゃれ。

 P1060380.jpg

 P1060388.jpg 

 そこで記念写真を撮らせてもらった。

 P1060393.jpg

 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg

富士山河口湖映画祭レポート③/会場はここ! [河口湖映画祭]

IMG_0542.jpg

 富士山河口湖映画

 僕が監督した”青い青い空”を持って参加してきた。

 ポスター小.jpg

 会場からは富士山が見える。

 そして、会場を取り巻くのぼり。

 IMG_0573.jpg

 写真下がセレモニーを行うメイン会場である。
 
 IMG_0551.jpg

 IMG_0574.jpg

 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg

富士山河口湖映画祭レポート②/富士山が絶景 [河口湖映画祭]

IMG_0602.jpg

 僕が監督した”青い青い空”

 オープニングは富士山から始まる。

 が、それは静岡県側から撮影した。

 ここ山梨側から富士山を見つめる。

 また、違った味わいがある。

 その町で、行われる富士山河口湖映画祭。

 今回。”青い青い空”が上映される。

 
 IMG_0548.jpg

 


 E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

富士山河口湖映画祭レポート①/山梨県へ! [河口湖映画祭]

 
P1060415.JPG

  山梨県で開催される富士山河口湖映画祭。
 
  僕の監督作「青い青い空」が上映される。

  kieiomote0206-3.jpg

 
  ゲストトークもあるので、東京を出発。

 
  富士山が見える山梨県へ!


  _D3S7472_3.jpg


E3839DE382B9E382BFE383BC-a71de.jpg
nice!(1)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 河口湖映画祭 ブログトップ