So-net無料ブログ作成
検索選択
ロケハン2009冬 ブログトップ

ロケハンで残る場所は? [ロケハン2009冬]

金指駅から.jpg

 金指駅から山の方に歩いて行く。

 この辺も色づいた葉っぱが秋〜冬を感じさせる。

 目的地はこの1年、探しているが、見つからない場所。

 それが数ヶ月前。金指駅近辺をロケハンしていて

 その看板を見つけた。ここなら行けるかも?

 でも、そこを訪ねる時間がなかなか取れなかった。

 そこを訪れる。

 けど、どの場面の撮影で、どこを使うかは秘密。

 (つづく)


 

nice!(0) 

途中下車してロケハン [ロケハン2009冬]

金指駅.jpg

 天浜線、金指駅で下車。

 前々から行ってみたかった場所に行く。

 本格的なロケハンは今年09年の1月からスタートしたが、

 (イレギュラーでは、07年からロケハン)

 最近は監督業より、プロデュサー業で奔走。監督業の時間が取れない。

 撮影場所は95%決まっているが、あとの5%を探す時間がなかった。

 今回の風景撮り。予定を1日延長して浜松に滞在したが、この時間が取れたことは嬉しい。

 
 (つづく)

 




nice!(1) 

新所原駅のうなぎ弁当 [ロケハン2009冬]

うなぎや.jpg

 ここ天浜線の新所原駅の名物。

 うなぎ弁当。

 とても有名。一度食べたかった。

 この日はちょうど正午。昼食にする。

 注文すると、その場で作ってくれてホームまで届けてくれる。

 電車の中で、いただきまーす!

 うなぎ弁当.jpg

 (つづく)

 
nice!(0) 

冬の天浜線の旅 [ロケハン2009冬]

天浜線.jpg

 寺で2時間ほど、ゴロゴロ(?)したあと。

 まだ、時間があるので、浜松を知る旅にチェンジ

 JR新所原駅まで出る。そこから天浜線に乗り換え。

 天竜浜名湖鉄道。僕の大好きな路線である。

 この路線の駅は本当に素敵。

新所原駅.jpg

 今回の映画「書道♡ガールズ」で撮影したい駅もある。

 けど、撮影しない駅や風景も把握しておきたくて、 

 春、夏、秋と、それぞれに何回もこの路線を往復した。

 効率だけを考えてはいけない。まず、町を知り、把握することが映画作りで大切なこと。

 いよいよ冬を体験。車窓から見える風景を見つめる。

 (つづく)


 
nice!(0) 

ロケ予定地で演出プランを立てる!(4)お寺でゴロゴロ [ロケハン2009冬]

お寺と足.jpg

 お寺の中でゴロゴロ。自分の足をカメラで撮る。

 遊んでいる訳ではない。

 単に映画のカット割りや俳優の動きを考えるだけではダメ。

 映画の中とはいえ、そこには日常がある。

 物語の中の日常がある。映画には出てこなくても、そのお寺の日々がある。

 このお寺に住む登場人物は、この部屋でどうしているのか?
 
 書道の練習か? 書の本を読むのか? 先人の書を見つめるのか?

 もしかしたら、この部屋ではゴロゴロしているだけかも?

 そんなことを自身で体感してみる。想像してみる。
 
 映画に映る部分だけを、演出しても奥行きは出て来ない。

 (つづく)

nice!(0) 

ロケ予定地で演出プランを立てる!(3)お寺 [ロケハン2009冬]

お寺3.jpg

 このお寺。実はもう10回近く来ている。

 おまけに春、夏、秋、に来ている。今回が冬。四季を全部経験。

 とても、素敵な建物。豪華なところではないが、とても味わいがある。

 ロケ地の第1候補なので、ここで撮影するとどうか?

 カット割りや演出プラン。考え続けている。

 東京で考えたプランが通用するか?

 俳優の動きを僕自身が再現。そのコースを歩いたり、動いたりしてみる。

 (つづく)

 
nice!(0) 

ロケ予定地で演出プランを立てる!(2ーB)刑事と同じ [ロケハン2009冬]

はままつ」.jpg

 なので、僕は何度もロケ予定地を訪ね、現場で演出プランを考える。

 刑事でいえば、鑑識の撮った証拠写真ではなく、

 殺人現場に行って、犯行の様子や犯人の心理を考えるようなもの。

 刑事ドラマでよくいわれる台詞。

 「現場100回!」

 これは映画撮影にもいえることだ。

 経済的、時間的に問題が出て来るので、このやり方を実践できることは少ない。

 でも、多少の無理をしても、現場を何度も訪れることで

 よりよい演出ができるのだ。

 よし! 浜松駅から電車に乗る!

 (つづく)

 

nice!(0) 

ロケ予定地で演出プランを立てる!(2)刑事と同じ [ロケハン2009冬]

夜明け.jpg

 
 ロケハン時に撮影したスチール写真ビデオ映像を見ながら監督が一人で考える。

 まさにそれが監督にとって一番大切な仕事。

 ただ、それではいざ実際に撮影するときに、計算通りに行かないことがある。

 場所。位置関係。背景。光の具合。

 写真を見るだけでは、分からないことが多い。

 現場を訪れたときの記憶も、曖昧になりがちだ。

 そんなことをベースにして、演出プランを立てても

 うまく行かないことが多い。

(つづく)

 
nice!(0) 

ロケ予定地で演出プランを立てる!(1) [ロケハン2009冬]

朝マック.jpg

 地元の委員の方が主催される会合は夜。かなり時間がある。

 せっかく、浜松にいるのにホテルで過ごすのはもったいない。

 ホテルの近所のマクドナルドで、朝食を食べながら考える。
 
 ロケハン? いや、すでに95%のロケ地は決まっている。なので、次の作業だ。

 現場での俳優の動きや、カット割りを考える段階。

 いわゆる演出プランなのだが、通常はその作業は東京で行う。

 そのために問題を生むことが多いのだ。

 
 (つづく)

nice!(0) 
ロケハン2009冬 ブログトップ