So-net無料ブログ作成
検索選択

浜松を舞台にした青春書道映画「青い青い空」監督日記です! [prologue]

CqyxFY_VIAELz9e.jpg

 映画「 青い青い空」

 監督日記です!

 出演。波岡一喜、草刈麻有、鈴木砂羽、袴田吉彦、藤田朋子、長門裕之、松坂慶子。

 監督 太田隆文

_DSC1377.jpg_D7H2509-1b4b3.jpg_D3S2927.jpg_DCS2048.jpg_D3S5804.jpg_D3S5220.jpg_DCS4276.jpg_DSC1313.jpg_DSC2670.jpg_D3S7832.jpg

 2007年、企画がスタートから、

 2011年、の東京公開&ロスアンゼルス上映まで 

 5年間を描いた映画製作日記。

 太田監督自身がオンタイムで綴ってきた。

 JFFoota_2.jpg

 「キャストのこと」「スタッフのこと」「撮影のこと」

 「舞台挨拶のこと」「LAの映画祭で上映されたこと」

P1040328_2.jpg

 話はときどき、暴走して映画界や音楽のことにも及びます。

 企画をスタートさせた監督が、どのようにして映画が完成させたか? 

 そして、俳優やスタッフが

 どんな努力して、作品を作り上げたか?

 映画を見た人も、見てない人も興味深く読めるはず(?)。

 ぜひ、読んでくださいね!






 撮影日記=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28-5


 「青い青い空」予告編



 

「青い青い空」キャスト紹介 若手からベテランまで! [prologue]

_D3S5323.jpg

 映画「青い青い空」の

 キャストをご紹介!!

 日本映画の次世代を担う、実力派の若手たち。

真子s.jpgみさとs.jpg三美子s.jpg
トン子s.jpgミチルs.jpg卓也s.jpg

 相葉香凛 草刈麻有 橋本わかな 田辺愛美 平沢いずみ  冨田佳輔

 そして・・・

_D3S5804.jpg
 
 波岡一喜!

 次世代を担う、実力派若手俳優が勢ぞろい!

 さらに、

 長門裕之、藤田朋子、松坂慶子

_D7H2509.jpg_D3S0864.jpg_D3S2927.jpg

 という超豪華俳優陣だ。

 この顔ぶれを見ただけでも、面白そうだよね!

 以下は舞台挨拶時の映像!






映画”青い青い空”の監督はこの人! [prologue]

JFFoota.jpg

 後半50分。涙の連続・・

 そんな青春映画「青い青い空」を作ったのは

 太田隆文監督。

 これも涙、涙の連続で話題になった

 青春ファンタジー映画『ストロベリーフィールズ』を監督した人。

 佐津川愛美、谷村美月、東亜優、芳賀優里亜、波岡一喜。出演。


1370272_509837852438737_1497927869_n-1.jpg

  「ストロベリーフィールズ」監督日記=http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/

 1961年、和歌山県生まれ。大阪の高校を卒業後。横浜で自主映画活動。

 1985年、アメリカ留学。南カルフォルニア大学映画科に学ぶ。

 1990年、帰国。アルバイトをしながらシナリオ書き。

 1995年、「アルティメット・クライシス」でシナリオ・ライターデビュー。
      その後、モーニング娘。等のドキュメンタリーも手がける。

 1997年テレビドラマ「風の娘たち」で監督デビュー。

 「怪談・新耳袋」等のホラーものも監督。

 ドキュメンタリー作品も多数。
 「太陽娘と海」「モーニング刑事。」メイキングを担当。
 若い女の子をイキイキと描く定評。

 2006年「ストロベリーフィールズ」で劇場映画を監督。
      脚本、編集、プロデュースも兼ねる。 
 2007年、「青い青い空」を企画。

 シナリオを1年がかりで執筆。

 舞台となる浜松の魅力を引き出すために、

 1年以上かけてロケハン!

 2010年春、撮影。

 P1100438.jpg

 2010年秋、浜松先行公開!

 3ヶ月を超えるロングラン公開。

 2万人が涙した。

 P1020601.jpgP1000631.jpg

 2011年春。東京&千葉で公開。

 お台場シネマメディアージュ 千葉 流山おおたかの森 TOHOシネマズ

 ジャパン・フィルム・フェスティバル・ロサンゼルス・2011に参加。

 

映画「青い青い空」監督日記! [prologue]

aoi_h1_0121_ol.jpg

 映画「 青い青い空」

 監督日記です!

_DSC1377.jpg_D7H2509-1b4b3.jpg_D3S2927.jpg_DCS2048.jpg_D3S5804.jpg_D3S5220.jpg_DCS4276.jpg_DSC1313.jpg_DSC2670.jpg_D3S7832.jpg

 2007年、企画がスタートから、

 2011年、の東京公開&ロスアンゼルス上映まで 

 5年間を描いた映画製作日記。

 太田監督自身がオンタイムで綴ってきた。

 JFFoota_2.jpg

 「キャストのこと」「スタッフのこと」「撮影のこと」

 「舞台挨拶のこと」「LAの映画祭で上映されたこと」

P1040328_2.jpg

 話はときどき、暴走して映画界や音楽のことにも及びます。

 企画をスタートさせた監督が、どのようにして映画が完成させたか? 

 そして、俳優やスタッフが

 どんな努力して、作品を作り上げたか?

 映画を見た人も、見てない人も興味深く読めるはず(?)。

 ぜひ、読んでくださいね!






 撮影日記=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28-5


 _DCS6396.jpg
 



 「青い青い空」予告編




 ”青い青い空”以降の監督日記はこちら!(連載中)

 http://blogs.yahoo.co.jp/steel_wheels2011/MYBLOG/yblog.html




「青い青い空」キャスト紹介 [prologue]

_D3S5323.jpg

 映画「青い青い空」の

 キャストをご紹介!!

 日本映画の次世代を担う、実力派の若手たち。

真子s.jpgみさとs.jpg三美子s.jpg
トン子s.jpgミチルs.jpg卓也s.jpg

 相葉香凛 草刈麻有 橋本わかな 田辺愛美 平沢いずみ  冨田佳輔

 そして・・・

_D3S5804.jpg
 
 波岡一喜!

 次世代を担う、実力派若手俳優が勢ぞろい!

 さらに、

 長門裕之、藤田朋子、松坂慶子

_D7H2509.jpg_D3S0864.jpg_D3S2927.jpg

 という超豪華俳優陣だ。

 この顔ぶれを見ただけでも、面白そうだよね!

 以下は舞台挨拶時の映像!






映画「青い青い空」監督日記! [prologue]

aoi_h1_0121_ol.jpg

 映画「 青い青い空」

 監督日記です!

_DSC1377.jpg_D7H2509-1b4b3.jpg_D3S2927.jpg_DCS2048.jpg_D3S5804.jpg_D3S5220.jpg_DCS4276.jpg_DSC1313.jpg_DSC2670.jpg_D3S7832.jpg

 2007年、企画がスタートから、

 2011年、の東京公開&ロスアンゼルス上映まで 

 5年間を描いた映画製作日記。

 太田監督自身がオンタイムで綴ってきた。

 JFFoota_2.jpg

 「キャストのこと」「スタッフのこと」「撮影のこと」

 「舞台挨拶のこと」「LAの映画祭で上映されたこと」

P1040328_2.jpg

 話はときどき、暴走して映画界や音楽のことにも及びます。

 企画をスタートさせた監督が、どのようにして映画が完成させたか? 

 そして、俳優やスタッフが

 どんな努力して、作品を作り上げたか?

 映画を見た人も、見てない人も興味深く読めるはず(?)。

 ぜひ、読んでくださいね!






 撮影日記=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28-5


 _DCS6396.jpg
 



 「青い青い空」予告編




 ”青い青い空”以降の監督日記はこちら!(連載中)

 http://blogs.yahoo.co.jp/steel_wheels2011/MYBLOG/yblog.html




映画”青い青い空”の監督はこの人! [prologue]

JFFoota.jpg

 後半50分。涙の連続・・

 そんな青春映画「青い青い空」を作ったのは

 太田隆文監督。

 これも涙、涙の連続で話題になった

 青春ファンタジー映画『ストロベリーフィールズ』を監督した人。

 佐津川愛美、谷村美月、東亜優、芳賀優里亜、波岡一喜。出演。


ストロベリーチラシss.jpg

  「ストロベリーフィールズ」監督日記=http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/

 1961年、和歌山県生まれ。大阪の高校を卒業後。横浜で自主映画活動。

 1985年、アメリカ留学。南カルフォルニア大学映画科に学ぶ。

 1990年、帰国。アルバイトをしながらシナリオ書き。

 1995年、「アルティメット・クライシス」でシナリオ・ライターデビュー。
      その後、モーニング娘。等のドキュメンタリーも手がける。

 1997年テレビドラマ「風の娘たち」で監督デビュー。

 「怪談・新耳袋」等のホラーものも監督。

 ドキュメンタリー作品も多数。
 「太陽娘と海」「モーニング刑事。」メイキングを担当。
 若い女の子をイキイキと描く定評。

 2006年「ストロベリーフィールズ」で劇場映画を監督。
      脚本、編集、プロデュースも兼ねる。 
 2007年、「青い青い空」を企画。

 シナリオを1年がかりで執筆。

 舞台となる浜松の魅力を引き出すために、

 1年以上かけてロケハン!

 2010年春、撮影。

 P1100438.jpg

 2010年秋、浜松先行公開!

 3ヶ月を超えるロングラン公開。

 2万人が涙した。

 P1020601.jpgP1000631.jpg

 2011年春。東京&千葉で公開。

 お台場シネマメディアージュ 千葉 流山おおたかの森 TOHOシネマズ

 ジャパン・フィルム・フェスティバル・ロサンゼルス・2011に参加。

 

映画”青い青い空”の監督はこの人! [prologue]

JFFoota.jpg

 後半50分。涙の連続・・

 そんな青春映画「青い青い空」を作ったのは

 太田隆文監督。

 これも涙、涙の連続で話題になった

 青春ファンタジー映画『ストロベリーフィールズ』を監督した人。

 佐津川愛美、谷村美月、東亜優、芳賀優里亜、波岡一喜。出演。


ストロベリーチラシss.jpg

  「ストロベリーフィールズ」監督日記=http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/

 1961年、和歌山県生まれ。大阪の高校を卒業後。横浜で自主映画活動。

 1985年、アメリカ留学。南カルフォルニア大学映画科に学ぶ。

 1990年、帰国。アルバイトをしながらシナリオ書き。

 1995年、「アルティメット・クライシス」でシナリオ・ライターデビュー。
      その後、モーニング娘。等のドキュメンタリーも手がける。

 1997年テレビドラマ「風の娘たち」で監督デビュー。

 「怪談・新耳袋」等のホラーものも監督。

 ドキュメンタリー作品も多数。
 「太陽娘と海」「モーニング刑事。」メイキングを担当。
 若い女の子をイキイキと描く定評。

 2006年「ストロベリーフィールズ」で劇場映画を監督。
      脚本、編集、プロデュースも兼ねる。 
 2007年、「青い青い空」を企画。

 シナリオを1年がかりで執筆。

 舞台となる浜松の魅力を引き出すために、

 1年以上かけてロケハン!

 2010年春、撮影。

 P1100438.jpg

 2010年秋、浜松先行公開!

 3ヶ月を超えるロングラン公開。

 2万人が涙した。

 P1020601.jpgP1000631.jpg

 2011年春。東京&千葉で公開。

 お台場シネマメディアージュ 千葉 流山おおたかの森 TOHOシネマズ

 ジャパン・フィルム・フェスティバル・ロサンゼルス・2011に参加。

 

nice!(0)  トラックバック(0) 

映画「青い青い空」監督日記! [prologue]

aoi_h1_0121_ol.jpg

 映画「 青い青い空」

 監督日記です!

_DSC1377.jpg_D7H2509-1b4b3.jpg_D3S2927.jpg_DCS2048.jpg_D3S5804.jpg_D3S5220.jpg_DCS4276.jpg_DSC1313.jpg_DSC2670.jpg_D3S7832.jpg

 2007年、企画がスタートから、

 2011年、の東京公開&ロスアンゼルス上映まで 

 5年間を描いた映画製作日記。

 太田監督自身がオンタイムで綴ってきた。

 JFFoota_2.jpg

 「キャストのこと」「スタッフのこと」「撮影のこと」

 「舞台挨拶のこと」「LAの映画祭で上映されたこと」

P1040328_2.jpg

 話はときどき、暴走して映画界や音楽のことにも及びます。

 企画をスタートさせた監督が、どのようにして映画が完成させたか? 

 そして、俳優やスタッフが

 どんな努力して、作品を作り上げたか?

 映画を見た人も、見てない人も興味深く読めるはず(?)。

 ぜひ、読んでくださいね!






 撮影日記=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28-5


 _DCS6396.jpg
 



 「青い青い空」予告編




 ”青い青い空”以降の監督日記はこちら!(連載中)

 http://blogs.yahoo.co.jp/steel_wheels2011/MYBLOG/yblog.html




涙の青春映画「青い青い空」のストーリーとは? [prologue]

_DCS2956.jpg

 春風吹く、浜松の町。

 P1060124.jpg

 高校生活を送る真子(相葉香凛)は大学受験のことで、母(鈴木砂羽)と対立。

 1年も口をきいていない。

  _DSC1377.jpg

 あるとき、親友のみさと(草刈麻有)から書道部に入ろう!と誘われる。

 _DSC1313.jpg

 顧問は風変りなヤンキー教師・八代和樹(波岡一喜)

 _DSC1683.jpg

 「書道はうまい下手とちゃう!自分らしさがあるか?

 気持ちが出ているか?それが大切や!」

 という。

 _DSC1614.jpg

 その言葉。何だか温かい応援のように聞こえた。

 _DSC1740.jpg

 そんな書道部で出会った仲間たち。

 誰とも口をきかない三笑子(橋本わかな)。

 _DCS2048.jpg


 ダイエットに夢中のトン子(田辺愛美)。

_D3S6921.jpg

 真子に片思いの卓也(冨田佳輔)。



 書道の有段者なのに、真子たちをバカにして入部しないミチル(平沢いずみ)。

 _DSC1481.jpg

 それぞれの孤独。

 いくつもの悲しみを見つめ、真子たちだけでなく、親たちもまた、

 忘れていた大切なことに気づいていく。

 やがて、明らかにされる八代先生の過去。

 _D3S3544.jpg

 母(松坂慶子)の辛い想い出。

 _D3S2927_2.jpg

 そしてクライマックスの書道大会は感動の嵐。

 _D3S1320.jpg

 浜松の美しい風景を舞台にした。涙と感動の青春ストーリー。

 _DSC1308_2.jpg

 書道映画ブームの中、トップランナーとして製作された作品。

 書道映画を超えた感動。また感動。

 後半50分は、涙の連続。

 _D3S6821.jpg

 映画館ではいずれの場所でも、涙、涙。

 ロサンゼルスでの上映でも、国境を越えて感動と涙の連続。

P1040328.jpg P1010393.jpg

 何がそんなに、感動するのかって?

 その辺はこの監督日記を読んでもらえると、分かってくる。

 主題歌=>右下の三角マークをクリック