So-net無料ブログ作成
ハリウッド ブログトップ
前の10件 | -

映画の都 ハリウッド/ビバリーヒルズ・コップ [ハリウッド]

P1030612.jpg

 「ビバリーヒルズ・コップ」

 タイトル通り、LAのビバリーヒルズ。

 エディ・マーフィーが泊まるのがビバリーヒルトン。

 (ビバリーヒルズ・ホテルかも?)

 今回の宿泊で考えたが、高すぎて諦めた。

 予告編=>http://www.youtube.com/watch?v=XQGi4eB3RZI

  P1040610.jpg
  
 先に書いたが「ヒドゥン」「リーサルウエポン」「ダークマン」
 
 「プリンス・オブ・ダークネス」「卒業」「プリティ・ウーマン」

 シュワルツネッガーの「バトルランナー」等もLAロケ。

E38381E383A3E382A4E3838BE383BCE382BAE382B7E382A2E382BFE383BC-dbac5.JPG

 チャイニーズ・シアター

 ロケした映画。近作では

 「ゾンビ・ランド」

 ロスが全滅して、手形の広場にチャップリンの紛争をしたゾンビがいるのが

 ユニーク。

 他にもニューヨークロケといいながら、LAで撮影している作品も多い。

 P1040031.jpg

 「セブン」

 マンハッタンの設定だが、LAのダウンタウンで撮影。

 その方が安く上がるからだ。

 テレビドラマでLAが舞台なのは、

 「刑事コロンボ」

 「アリバイのダイヤル」ではメモリアル・コロシアム。

 「黒のエチュード」では、ハリウッド・ボールが舞台となる。
 
 「24」も初期のシーズンは皆、LA

USCやダウンタウンでも、ロケされている。

 P1040143.jpg

 (つづく)


nice!(0) 

映画の都ハリウッド/ターミネーター・トンネル [ハリウッド]

P1030946.jpg

 セカンド・ストリートから

 ダウンタウンに入るとき、トンネルを通る。

 この場所は本当によく映画で出て来る。

 P1030947.jpg

 「ターミネーター」

 シュワちゃんがバイクでサラたちを追うトンネル。

 P1040698.jpg

 「ブレードランナー」

 ハリソン・フォードが車で抜けるトンネル。

予告編=>http://www.youtube.com/watch?v=J_hYs1jBy8Y

 「キルビル」

 P1030438.jpg

 西側入り口を、東京に見立ててロケ。

 日本語の看板などを出し、

 そこにユナ・サーマンがバイクで信号待ちをする。

 予告編http://www.youtube.com/watch?v=z-T9l8cJ6g0&feature=related

 「インディペンデンスデイ」

 ウイルスミスの恋人が子供、犬と隠れるのも
 
 同じトンネル。

 予告編=>http://www.youtube.com/watch?v=0dqirTDPMWI

 (つづく)



nice!(0) 

映画の都ハリウッド/理由なき反抗のロケ地 [ハリウッド]

P1040361.jpg

 ジェームズ・ディーン主演の「理由なき反抗」

 あの名作もグリフィスパークの天文台でロケしている。

 主人公が校外学習で訪れるのが、そこ。

 天文台の裏手で喧嘩になるシーンがある。

P1040354_7.jpg

 実は「青い青い空」のロケハンをしているときに、

 良く似たイメージの場所を見つけたので

P1140165.jpg

_DCS5869_2.jpg

 「理由なき反抗」のワンシーン風の撮影をした。

 ちなみに、

 天文台そばにはジミーの記念日がある。

 P1040342.jpg

 (つづく)

 
nice!(0) 

映画の都ハリウッド/ターミネーターのロケ地 [ハリウッド]

P1040328.jpg

 名画座が何軒も残っているのを知り

 さすが映画の都ハリウッドだと感じる。

 この町には多くの映画会社が存在する。

 ユニバーサル、ワーナー、20世紀フォックス、パラマウント

 そのハリウッドがあるのが、ロサンゼルスである。

 カルフォルニア州の南部に位置し

 サザン・カルフォルニアと呼ばれる。

 ハリウッドがあるだけに地元で多くの映画ロケが行われる。

 日本で見ていると気づかないことが多いが、

 「この映画も、あの映画もロサンゼルス?」

 と思うくらいだ。

 有名なところでは「ターミネーター」がLAロケ。

 P1040697.jpg

 シリーズの他の作品。ほとんどLAロケだが、「1」が一番LAらしい。

 P1040337.jpg

 まず、ターミネーターが現れるのがグリフィスパーク。

 天文台があるところ。

 夜景が奇麗で、デートコースのメッカ。

 そこでシュワちゃん。眼下に見えるネオンの海のLAの街を見つめてから

 望遠鏡で戯れるチンピラから、服を奪うのである。

 (つづく)

 
nice!(0) 

ウイルシャー通りの名画座 [ハリウッド]

 P1030820.jpg

 留学時代。1980年代後半、

 アメリカではビデオ・ソフトでどんどん昔の名画がリリースされて

 映画館へ行かなくても、新旧の映画が見られるようになった。

 そのため名画座がどんどん潰れて行く。

 USCに行く途中にあった名画座も、すでに閉館していた。

 が、あるとき、復活。

 ビデオでは見れない映画の特集等をして、存在意義をアピールした。

 例えば3−D映画特集。

 P1040633.jpg

 今や全盛だが、昔ブームとなった時代の作品をまとめて上映した。

 これはビデオでは真似ができない。

 その名画座も健在。やはり、LAは凄い!

 P1040070.jpg

 当時の館名はバガボンドだったが、今はヘイワース。

 このときはジョンレノンの伝記映画「イマジン」上映していた。

 前日までは「ミッドナイト・エキスプレス」

 どちらも時間があれば、見たかった。

 P1040067.jpg

 名画座。健在は本当にうれしい。

 東京ではもう、DVDでしか見れない作品が

 大スクリーンで見れるのだ。

 (つづく)


nice!(0) 

名画座ビスタも健在! [ハリウッド]

P1040291.jpg

 20年振りのLAの街。

 想い出の場所がほとんどなくなっている。

 そんな中で今も健在なのは、意外に名画座だった。

 日本ではほぼ壊滅状態。

 LAのロードショー館ですら、かなりの数が閉館になっていたのに

 さすが、映画王国ロサンゼルス。

 昔の名画をDVDではなく、大スクリーンで見たい!

 そんな人が多いのだろう。

 ニューアート、ビバリーシネマだけでなく

 僕が住んでいたアパートから徒歩でも行ける名画座

 ビスタにも行ってみた

 写真下が20年ほど前の写真

 P1040679_2.jpg

 「007/ライセンス・トウ・キル」

 「ベストキッド3」

 上映中。そして写真下が今年2011年

 P1040282.jpg

 名画座ではなく、ロードショー館になっていたが

 建物も奇麗になり、営業している。

 これはうれしかった・・。

 (つづく)


nice!(0) 

消えて行く想い出の場所 [ハリウッド]

P1030904.jpg

 ハリウッドの映画館だけではない。

 USC留学時代の想い出の場所。その多くがなくなっていた。

 友人たちと毎週のように訪れた

 韓国料理レストラン・ホーバン。

 ウエイトレスのおばさんと顔見知りになるほど通った。

 俳優のジョン・ローンも来る店で、韓国鍋が抜群にうまい。

 決して高い店ではなく、観光で来た友人も必ず連れて来た。

 でも、その店。なくなっていた。

 P1030900.jpg

 チャイナタウンにある中華レストラン。

 表から見るとレストランというより、オフィスに見えるので

 「オフィス」と呼んでいた。

 僕は長く横浜に住んでいたので、中華街に行くことが多かったが

 この店に勝てる店はなかった。
 
 ウエーターの兄ちゃんも顔を覚えてくれ、行くと

 「毎度ど〜も!」という笑顔で、いつも「ハロー」と言ってくれた。

 あと、住んでいたアパートの近所

 バーモントave沿いの24時間営業の小さな韓国料理屋

 ウエスタンAveにあった居酒屋・三ツ木。

 どこもリーズナブルな値段。そして店の人と顔見知り。

 少し行かないと、

 「ああ、お久しぶりですね? どうしてたんですか?」とか

 「ハロー、ロング・タイム・ノー・シー。

 来てくれて嬉しい。日本へ帰ってしまって、もう来ないかと思っていた」

 とか言ってくれた。

 時には小皿をサービスしてくれたり、

 キムチを余分にテイク・アウトしてくれたりした。

 そんなことを思い出す。

 P1030898.jpg

 今回、そんな店のどれかに行ってみたかった。

 というのも、当時の友人たち。皆、大学生。

 卒業して国に帰ってしまった。

 今は誰もLAにはいない。

 友人を訪ね、「おーーー久しぶり!」ということはない。

 「お前。本当に映画監督になったのか?スゴイなあ!」

 そう言ってくれる者もいない。

 LAの日々を確認しあう相手がいない。

 せめて、通った店に行き

 「この店。20年前に毎週、来たんですよ」

 そんなことを伝えたい。当時の想い出を語りたかった。

 もしかして、当時から働いている人がいて、

 昔話しが出来たら、本当にうれしい。

 でも、それらの店は1軒も残っていない・・。

 そこで働いていた人々。今はどうしているのか?

 別の店で働いているのか?

 或いは国に帰ってしまったのか?

 映画館だけでなく、多くの店もなくなっている。

 それが20年の歳月というものなのか・・。

 (つづく)

 jff2011poster_large.jpg
nice!(0) 

エジプシャン・シアターの今? [ハリウッド]

P1030799.jpg

 閉館はしたが、昔の姿を残す映画館とは違い

 すでに閉館。建物が取り壊されたり、リニューアルされて

 全く別の姿となった映画館もいくつもあった。

 写真上。エジプシャン劇場。

 エジプトをイメージした建物で、以前は映画を上映していたが

 今はショーを上演する劇場になっている。

 エジプトイメージは同じだが、これは新しく建て直されたもの

 映画は上映していない。
 
 「ロボコップ」「エイリアン2」「スーパーマン」

 この劇場で見た。

 「フル・メタル・ジャケット」もここだったかな・・。

 写真下はパラマウントと呼ばれた映画館。

 P1030786_2.jpg

 現在はこちらもアトラクションの劇場になっている。

 「ランボー」をここで見たのを思い出す。

 でも、それらはすでに映画館ではない。

 今、ハリウッドで映画館として営業を続けているのは

 チャイニーズシアターのみのようだ・・。

 ハリウッドの映画館。

 それは単に映画を見た想い出があるというだけではない。

 映画館で映画を見るということは、

  何よりも映画作りの勉強になっているということ。

 大学で講義を聞くことや教科書を読むことより

 もっともっと多くのものを学んだ。

 そう。ハリウッドの映画館は僕にとって教室のようなもの。

 毎週、土日に通った特別ゼミの教室なのである。

 そのほとんどが閉館していたこと。

 本当に淋しい・・。


 (つづく)

 jff2011poster_large.jpg
nice!(0) 

消えて行くハリウッドの映画館 [ハリウッド]

P1030805.jpg

 新名所ができていくのと反対に

 留学時代の想い出の場所がなくなっていた。

 写真上。映画館パシフィック。

 鉄塔が建つ建物が印象的。入り口は狭いが中はチャイニーズシアターに負けない広さ。

 日本人留学生の間では「うなぎの寝床」と言われた映画館。

 閉館していた。

 P1030806.jpg

 ここで僕は「ET」を見た。

 「デイ・オブ・ザ・デッド」「プリス・オブ・ダークネス」「ゾンビ伝説」

 等のホラー映画を見た。

 でも、もう映画は上映されていない。

 ハリウッド・ブルーバードには同じような映画館が何軒もあった。

 しかし、そのほとんどが閉館。

 フォックス、ボーグ

 P1030812.jpg

 この辺でも何度も映画を見た。

 シュワルツネッガーの「ゴリラ」もここで見たはず。

 歌舞伎町でもそうだが、

 単館の映画館がどんどん閉館に追い込まれているのだろう。

 P1030820.jpg

 客は郊外に出来たシネコンに行き、映画館には来なくなる。

 LAの状況も同じ。

 ただ、昔、通った映画館が軒並み潰れているのは

 本当に淋しい・・。

 (つづく)

 jff2011poster_large.jpg
nice!(1) 

ハリウッド [ハリウッド]

P1030804.jpg

P1030813.jpg


P1030755.jpg




nice!(0) 
前の10件 | - ハリウッド ブログトップ