So-net無料ブログ作成
検索選択

最終回「しゃらら、忘れない」 [epilogue]

P1040578.jpg

 今、時代は、大きく変わろうとしている。

 そう。「時代は変る」

 今さらだが、このボブ・ディランの歌
 
 歌詞を読むと、「青い青い空」のテーマであることが分かる。

 そのボブ・ディランが、

 アコーステック・ギターを置き、エレキを手にしたこと。

 第二のボブ・ディランと言われた

 ブルーススプリングスティーン

 アコースティック・ギター

 「明日なき暴走」を歌ったのは1987年。

 スピルバーグは特撮を使わずに

 文芸作品「カラーパープル」を監督した。

 P1040377.jpg

 僕にとってのそれは、何なのだろうか?

 時代は変る。

 P1130802.jpg

 でも、まだ、風の流れが見えない。

 時代はどこへ、行こうとしているのか?

 そんなことを考えていると、疲れがどっと出て来た。

 P1040579.jpg

 強い睡魔が襲って来る。

 体が崩れ落ちそうな疲労

 そうだ・・LA出発前夜まで、過労でダウン。

 1週間以上寝込んでいたのだ。それを気力で起き上がりLAへ行った。

 よく5日間。元気だったものだ

 JFFoota.jpg

 いや、こんなふうに「気力」だけでがんばるから、駄目なのだ。

 数ヶ月前に医者からドクターストップ。

 「仕事を休んで長期間、静養しなさい」

 「でないと、本当に過労死するぞ!」

 何度もそう言われていた。

 日本へ戻ったら、まずやるべきは・・休むことだ。

 P1040567.jpg

 いつものことだが、1本の映画を作り、公開されると

 溜まっていた疲れが吹き出しダウンして寝込む。

 今回もすでに、そう言う時期なのだ。

 「映画作ったくらいで大げさな、怠け病じゃないの?」

 毎回、そう言われる。

 ・・・・でも、この4年間。いや、20年の戦いで

 心も体も、ボロボロだ。

 しばらくは、療養生活・・・・たぶん、1〜2ヶ月は寝たきり。

 でも、心配しないでほしい。

 しっかり休めば、元気になる。

 P1040558.jpg

 となりの席のfumiさんを見る。機内ビデオを見ているようだ。

 本当に、ありがとう。一緒に来てくれて嬉しかった・・。

 ・・・・さて、眠りに着く前にもう1曲。

 あべさとえ。

 「しゃらら、忘れない」

 イントロのピアノが聴こえて来る。

 窓外の青い空に映える・・。

 P1040581.jpg

 歌詞。今回のテーマソングのようだ。

 「遠い夏の日に この場所で いつかまた会おうね だから元気でね」

 また、涙が溢れそうになる・・。

 日本まであと10時間・・窓外の青い空に告げる。


 やがて、時代の風が吹き出したとき、

 そして、新しい物語が始まったとき。
 
 めぐり来る季節の中で、

 きっと、会おう。そして、また一緒に走りだそう・・。






 (了)







 「LA映画祭篇」最初から読む!
  ここ=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2011-04-06






nice!(5) 

「Time Waits for No One」 [epilogue]

P1040567.jpg

 窓外は青い青い空が続く。

 iPodを取り出す・・。

 エピローグに相応しい歌は、何か・・。

 やはり・・ローリング・ストーンズ

 まだ、ミック・テイラーがいた頃のアルバム「It's only Roc'nRoll」から

 「Time waits for no one」

 イントロのギターが聴こえてくると・・

 泣きそうになる・・。

 Time waits for no one・・・・時は誰も待ってくれない・・。

P1040560.jpg

 想い出が加速する。そして、今回のLAの旅が重なる。

 先にも書いたが、今回の目的。

 何よりも映画祭で「青い青い空」をアピール。

 多くの人に見てもらい、その反応を確かめることだった。

218048_1792369622022_1623095505_1660403_5034341_n.jpg

 それは予想以上の反響で、拍手喝采を浴びた。

 「素晴らしい映画だった。他の映画祭にも紹介するよ!」

 何人もの 観客が、声をかけてくれた。

P1000234_2.jpg

 多くの観客から握手を求められた。
 
 価値ある渡米といえる。

 でも、さらには、映画作家としての根源を見つめる度になるとは

 予想もしなかった・・。

 そして、この旅が長い長い20年に渡る物語の

 エピローグであることも実感した。

 マラソンのように、LAでスタートして、LAでゴール。

 それを見届けられたこと。とても大切だ。

 ぐるっぽの皆さまには、改めて感謝したい。

 皆さんのお陰です。

 o0192032011195104737.jpg

 そして、もうひとつ感じたこと

 P1040059.jpg

 20年の長さ。思い知った。

 長い長い月日だったこと。知った。

 「Time waits for no one」

 想い出の場所がなくなり、知った人たちがいなくなる。

 残されていたのは、わずかな場所だけ。

 ビデオ屋のKさんの消息を考える。

 広島生まれのオデンおじさんの人生を感じる。

 本当に長い長い時間が経っていたのだ。

 「Time waits for no one」

 そして、次に僕が向かうべき場所は・・どこなのだろうか?

 そこでは・・・どんな戦いが・・

 待ち受けているのか・・。

 P1000190.jpg



 (次回、完結!)




nice!(0) 

太平洋を越えて日本へ [epilogue]

P1040564.jpg

 しばらく、窓外を見つめていたが、

 やがて、アメリカ大陸を離れ、海の上に出る。

 ひたすら続く太平洋

 離陸から1時間ほどで、昼食(夕食?)が運ばれて来る。

 シンガポール航空の食事はなかなか

 この日も、日本風とアメリカ風のチョイス

 僕は日本風。

 P1040569.jpg

 fumiさんはアメリカ風を選ぶ。

 P1040577.jpg

 行きとは逆の選択。

 東京まで10時間ほどのフライト

 LAでの様々な・・・想い出が・・・駆け抜けて・・・

 行く・・。

 (つづく)

nice!(0) 

離陸〜さらばLA [epilogue]

P1040551.jpg

 いよいよ、この物語も終わりに近づいた。

 午後3時発。シンガポール航空

 東京行きに乗り込む。

 機内に入ると脱走は不可能。

P1040559.jpg

 このまま、日本へ帰ることになりそうだ。

 入り口でもらった新聞

 都知事が決まったことを告げている。

 P1040568.jpg

 このニュースだけで、何だか日本へ引き戻された気がする。

 予定時間に飛行機は離陸。

 窓際の席だったので、ずっと外を見ていた。

 眼下の下。

 LAの町が広がる。

 5日間の想い出が

 20年前の想い出交差して泣きそうになる。

 サンタモニカから海へ出るが、その後、西海岸に沿って北上する。

 P1040562.jpg

 いよいよ、物語も完結する・・。

 (つづく)


nice!(0) 

最後の晩餐・・? [epilogue]

P1040495.jpg

 最後の晩餐・・ではないが、LA最後の昼飯。

 「何がいいですか?」

 fumiさんに、そう訊いた。

 P1000037.jpg

 「さっぱりしたもの!」と今回も言うかと思ったら

 「実は何度も、アメリカには来ているんですが、
 
 一度もケンタッキーフライドチキン。食べたことがなくて」
 
 じゃあ、それで行きましょう!

 でも、ケンタッキーはマクドナルドに比べると、数が少ない。

 探して行かねば見つからない。

 なのに、この日は空港までに4店のケンタッキーを見つける。

 が、時間が押していたので、結局パス。

 レンタカーを返すのに、意外に時間がかかるかも?

 で、最後の晩餐・・いや、昼ご飯は空港にした。

 P1040534.jpg

 これでケンタッキーがあれば、オチになるのだが、

 さすがにそれはなかったが、

 いろんなファーストフードがあった。

 P1040536.jpg

 マクドナルドやピンクスのホットドッグ等。
 
 中には、「スシボーイ」というのまである。

 P1040538.jpg

 ああ、小僧寿司か! LAは何でもある。

 カフェ方式なので、fumiさんと別れてそれぞれに好きなものを買った。
 
 テーブルに戻ると、そこにはスシが!

 P1040539.jpg

 「今日、日本へ戻るという日に、スシ食べますか?
 
 LA最後の昼ご飯ですよ!」

 「いや、見ていると、美味しそうだったんで・・」

 結局、fumiさん。LAに着いた日にスシ。
 
 映画祭の前の日にスシ。翌朝もスシ。そして最終日と
 
 4回もスシを食べている。

 凄い・・。

 僕はマクドナルドのチーズバーガー。

 P1040541.jpg

 一番安かったからだが、

 ま、これも日本で食べられるな・・

 セットにすると、2個ハンバーガーが着いて来た。

 食欲がないので、fumiさんに1個食べてもらう。

 物語完結前なのに、変な展開?

 LAタイムスを見る。一面トップ。

 日本の記事。

 P1040545.jpg

 (つづく)

 


nice!(0) 

ハーツでレンターカーを返す [epilogue]

P1040529.jpg

 空港近くのレンターカー

 ハーツカーレンタルに車を返す

 5日間。LAの足となってくれたNISSANのバーサ。

 P1030414.jpg

 事故ることもなく、よく走ってくれた。

 ハーツからは大型のバスが出ていて、空港まで乗せて行ってくれる。

 行きもこのバスに乗って、ハーツに行くところからスタートした。

 わずか5日前のことなのに

 バスに乗るともう随分前にLAに来て、何年も暮らし

 久々にこのバスに乗ったような気がする。

 fumiさんにそういうと

 「そうですね・・・もう、昔の想い出くらいに前のような気がしますね?」

 本当にそうだ。

 シンガポール航空の発着ゲートで降ろしてもらう。

 3時間前に到着。

 いよいよ、日本に帰ることとなる・・。

 LAに残るなら、ここが最後のチャンスだ・・。

 (つづく)

 
nice!(0) 

巨大なドーナッツが目印? [epilogue]

P1040526.jpg

 この話は誰も分からないと思うが

 まもなく、この旅も、この物語も、このブログも、

 完結するので、書かせてほしい。

 最初、LAに着いたとき、

 あれほど何度も通った空港からダウンタウンの道

 少しだけ迷った。

 それが悔しくて、帰りはその逆コースを選んだ。

 LA空港からダウンタウンへは、フリーウェイを使うのが一般的だが

 僕らは近道を見つけた。地上を走りながらフリーウェイより早く着く道。

 友人が日本から来たとき、

 送るとき。留学生仲間が休暇で日本に帰るとき

 何十回も往復した。

 なのに、空港から延びる道路をどこで曲がるか?

 思い出せなかった。

 左に曲がるのは覚えていたのに、その目印を思いだせない。

 それを最後のガソリンを入れているとき、見つけた。

 写真上の巨大ドーナッツである。

 そうだ・・ここまでラ・シネガ通りを下ってきて

 ここを右だ・・。

 さすがに、この20年間。全く思い出すこともなかった記憶は

 脳細胞の中で、かなり奥にしまわれていたようだ。

 でも、ここまでくれば、もう、空港はすぐそこ。

 「fumiさんを送り届けて、そのままLAに残ろうか?」

 まだ、そんなことを考えていた・・。

 (つづく)

 
nice!(0) 

さらば、USC [epilogue]

P1040521.jpg

 車の窓から、USCのキャンパスを見ながら

 空港へと向かう。

 自転車で車の前を横切り、大学に行く生徒たち。

 僕も同じように、この学校に通った。
 
 そして、20年前もこの大学の横を通り

 空港へと向かった。

 この町へ帰って来るのが、まさか20年後になるとは想像もせず。

 次はいつだろうか?
 
 20年後? 70歳?

 もう、生きていないかもしれない。

 そう考えると、これが人生最後のLAかも・・。

 P1040143.jpg

 人生最後に見つめるUSCかも?

 いや、意外に来年また、映画祭で招待されて来ていたりして、

 でも、最後かもしれない。

 そう考えながら、USCキャンパスの西側の道を走り。

 アダムス通りをさらに西へ

 USCをあとにする。

 この大学があるから、LAに来た。

 そして、ここで映画の勉強をした。

 帰国してから、ここで学んだこと。経験したことを注いで映画を作った。

 そして、このLAで僕の監督作品を上映した。

 そして、今、また、僕は日本に戻る。

 さらば、USC。南カルフォルニア大学・・。

 いつか、また、会う日まで・・。

P1040129.jpg

 (つづく)

nice!(0) 

USCを通って空港へ [epilogue]

 空港へのコースは、

 想い出の場所を次々に通る。

 バージルAvにあるカールスJR。

 P1040496.jpg
 
 留学中に一番よく通った店舗。英語学校時代も、ここでよく食べた。

P1040037.jpg

 そこを通り過ぎて、

 ウイルシャー・ブルーバードへ

 今も営業を続ける名画座。旧バガボンドを左に見て

 P1040070.jpg

 フーバー・ストーリートへ

 そこを下ると、正面がUSCだ。

 一番、想い出のある母校を見つめながら、空港へと向かうことになる。

 20年前もこのコース。

 2011年の今、

 同じコースを南へ向かう。

 P1040495.jpg

 (つづく)

 
nice!(0) 

デュランデュラン [epilogue]

P1040507.jpg

 数日前からfumiさんにこんな話をしている。

 ジャパンフィルムフェスティバル

 まだ、アーバイン会場での上映も残っているし

 僕だけ、残ろうかな? 最終日はfumiさん1人で

 空港へ行ってもらえますか?」

 「駄目ですよ。道が分からないですから!」

 「じゃあ、空港まで一緒に行きますから、
 
 空港で解散ということで?」

 「それなら、大丈夫ですけ・・」

 「そうしようかな・・」

 でも、本当に最終日になってしまった。

 車の窓からLAの景色を見ていると

 デュランデュランのニューアルバム

 広告が出ていた。

 80年代に活躍したバンドだ。

 (つづく)

 
nice!(0)