So-net無料ブログ作成
検索選択
音楽について ブログトップ
前の10件 | -

80年代後半はアメリカン・ロックの黄金期 [音楽について]

IMG_6530.jpg

 1980年代後半。

 アメリカロック界は本当に凄かった。

 驚くべきは、1985年に

 プリンスは「パープルレイン」を

 マドンナは「ライク・ア・バージン」を

 CA240029.jpg
 
 シンディ・ローパーは「ガール・ジャスト・ウォナァ・ハブ・ファン」を

 そして

 ブルース・スプリングスティ−ンは「ボーン・イン・ザ・USA」を

 ヒットさせている。

 映画界でも歴史の残るヒット作が同じ時期に出ることがある。

 まさに、そんな黄金の年だった。

 そして、80S後半戦

 ストーンズが8年振りのツアーを行い

 ポール・マッカートニーがソロになって初めて

 IMG_6565.jpg

 ビートルズ・ナンバーの数々を歌い

 マイケル・ジャクソン、マドンナが大活躍。

 往年の人気バンドが次々に再結成した。

 IMG_6525.jpgIMG_6562.jpg

 何とも凄い、5年間だった。

 どのコンサートを見ても、日本人には勝てない。

 パワーもセンスも凄い・・・ノックアウトだった。

 そんな話、ここ何回か書いた・・。

パープルレイン=>http://www.youtube.com/watch?v=5l75skRMlXk&feature=related

 (つづく)

 
nice!(0) 

ロック好きなのにクラシック? [音楽について]

P1020681.jpg

 ローリング・ストーンズ

 ブルース・スプリングスティーン

 というと、ロック中のロック。

 そんなアーティストが好きな監督が作った映画・・。

 さぞや映画の中でも、ロック音楽が登場するかと思いしや

 エレキギターサウンド

 八代先生のテーマだけ。

 あとは、クラシックイメージした。

 作曲家の遠藤浩二さんに見せた編集映像に入れた曲。

 ほとんどがバッハとビバルディ。

 それに「青い青い」ではなく「美しき青きドナウ」

 さらには「天国と地獄」はオリジナルのまま使用した。

 この辺、自分でも理由が分からないが、聴くのはロックだが

 映画ではクラシックを多様する。

 キューブリックを真似している訳ではないが、

 既成の映画音楽では、何か違うからかもしれない。

 「コロッケ」のシーンは

 ビバルディのギター協奏曲。

 そんな感じで、音楽を考えて行く。

 てな、ところでいいでしょうか?

 こ〜めぃさん。

 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 

トン子のテーマ [音楽について]

USF3-S.jpg

 スターウォーズ」では

 それぞれのキャラにテーマ曲がある。

 一番有名なのは「ダースベイダーのマーチ

 主人公ルークのテーマもある。

 音楽でキャラを表現している。

 ハリウッド映画でよく使う手だ。

 僕も今回の「青い青い空」で実践した。

 一番、記憶の残るのが「トン子のテーマ」

 _DSC0550.jpg

 おちゃめで、コミカルで、可愛い。感じを伝える。

 当初、トン子のテーマを考えたときこう考えた。

 アニメでよくあるような、ユニークなキャラが出てくるときに使うような曲

 いかにも!というのは、絶対にやめよう。

 トン子も主人公の1人。

 単なるコメディリリーフに感じる曲は駄目。

 いろいろと考えていて、ある曲を思い出す。

 「これだ! でも、何の曲だっけ?」

 そう考えていて、思い出す。

 前作「ストロベリーフィールズ」のために作ってもらった曲だ。

 でも、結局、使わなかった。

 それが実にトン子のテーマにピッタリ。

 作曲家の遠藤さんに「そのイメージで!」言うと、

 「じゃあ、その曲を使いましょう!」

 そうか・・、ご本人の未使用曲。OKなのだ。

 そんな訳で、トン子のテーマは

 「ストロベリーフィールズ」の1曲を使うことになったのだ。

 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 

クライマックスの曲は? [音楽について]

P1000837.jpg

 むずかしかったのが、クライマックスの大会

 真子(相葉香凛)たちの演舞が終わったあとの曲。

 大会で実際に流れもおかしくなく、

 それでいて、主人公たちの思いを讃える曲にしたかった。

 が、なかなか、思い浮かばない。いろいろと考えて、見つけたのが

 スターウォーズ/ジェダイの帰還」

 その「特別編」の方のエンディング曲。

 帝国軍に勝利したイウォークが歌って踊るシーン。

 そのイメージだと思えた。

 音楽イメージを伝える上で難しいのは、言葉で表現できないこと。

 「悲しみ」といっても、いろんな曲がある。

 アップテンンポの曲でも悲しみを表現できるし、

 テクノサウンドでもできる。

 なので、イメージする楽器も伝える。

 ピアノなのか? ストリングスなのか?

 そうすると、作曲家さんは僕のイメージを見事に音楽にしてくれるのだ。

 (つづく)


 ポスター.jpg

nice!(0) 

作曲家との仕事。 [音楽について]

P1090442.jpg

 作曲家の遠藤浩二さん。

 僕の作品のほぼ全部を担当してくれている。

 「ストロベリーフィールズ」はもちろん。

 モーニング娘。ドキュメンタリー作品も

 「怪談・新耳袋」も、「風の娘たち」もそうだ。

 そんな彼との打ち合わせ、ちょっと独特。

 まず、編集を終えた映像を見ながら、音楽イメージを説明。

 これは誰でも行うパターン。

 でも、このときに見せる映像には、僕がイメージする既成の曲をすでに入れてある。

 といって、その曲に似た曲を作ってほしいのではない。

 方向性やリズムを伝えるためのもの。

 例えば、3分間台詞なしのシーン「書と音楽のコラボ」という場面がある。

 _DSC0897.jpg

 文字を筆で書くという動作。そのリズム。

 どうも、舞踏会で踊るリズムと似ていると思えていた。

 例えば「シャル・ウイ・ダンス」の曲。

 或いは「美しき青きドナウ」。

 全然、別物の2曲?と言われるかもしれない。

 それを遠藤さんに話すと、

 「ああ、どちらもワルツですよ」

 なるほど・・・ということで、あのシーンは

 ワルツを踊れる曲を作ってもらった。

 そんな風に、イメージする曲を選び

 映像につけて、見てもらう。

 そんなふうにして音楽を作ってもらう。

 
 (つづく)

 ポスター.jpg

 
nice!(0) 

登場人物もロック好き? [音楽について]

 
 ストーンズ看板.jpg

 そんなだから、登場人物の設定も、

 ミチル(平沢いずみ)は

 ピンクフロイドとジョンレノンが好き。

 という設定。

 八代先生(波岡一喜)はご存知の通り

 ローリングストーンズ・ファンで、

 授業ではマイケルジャクソンの話をする。

 そんなキャラ作りをするので、音楽家さんに

 「このシーン。何か、音楽付けておいてね?」

 なんて指示は絶対にしない。

 どんなイメージのどんな曲なのか?

 うるさく言う。上がって来た曲にも散々、文句を付ける。

 でも、音楽担当の遠藤浩二さん。毎回、作曲をお願いしている方だ。

 凄い!

 僕があれこれ言ったイメージを超える曲。

 いつも作ってくれる!!

 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 

映画監督は音楽がお好き・・・でない? [音楽について]

P1020822.jpg

 「青い青い空」の映画音楽の話に入る前に

 映画監督と音楽について書く。

 通常、映画監督という人。音楽をあまり聴かない人が多い。

 同世代の友人監督は特にそうだ。

 「音楽。何を聴くの?」

 というと「何でも聴くよ」と言われる。

 何でも・・という奴は、基本、音楽が好きではなく

 流れてくれば、聴くということが多い。

 「ユーミンのアルバムは1枚持っているよ」

 レベルなのだ。日本映画が音楽を重要視していないのは、その辺が背景か?

 友人の監督たちは、本当によく映画館に通うが

 コンサートに行ったという話は聞いたことがない。

 それに対して僕は「映画」よりも、「音楽」が好きかもしれない?

 CA240307.jpg

 ローリング・ストーンズと

 ブルース・スプリングスティーンのアルバム

 全部持っている。

 CDは何百枚あるのか? 

 iPodには7908曲が入っている。

 アメリカ留学時代は毎週、ライブを聴きに行っていた。

 チャックベリー、レイチャールズ、BBキング、

 そんな人たち。驚くなかれ、ライブバウスに出ていた。

 ローリングストーンズのコンサートは4日あれば、4日とも通った。

 ストーンズ89.jpg

 IMG_2508.jpgIMG_2559.jpgIMG_6529.jpgIMG_6551.jpg

 「学生時代にバンドをやっていたでしょう?」

 と言われるが、情けないことに自分で演奏はできない、

 けど、ひとつ間違っていたら、映画監督ではなく

 ミュージシャンを目指したかもしれない。

 (カメラをまわせなくても、監督にはなれる。

 が、楽器を弾けないとミュージシャンにはなれない!)

 つまり、格闘技ファンの監督なら、アクションシーンにこだわるように

 僕は音楽が気になってしまう。

 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 

日本で一番忙しい音楽家 [音楽について]

P1010437.jpg

 「青い青い空」の音楽担当は

 僕のほぼ全作をお願いしている遠藤浩二さん。

 (前作の「ストロベリーフィールズ」では、あべさとえさんの歌う主題歌「空の模様」

 も遠藤さんの作曲)

 毎回、素晴らしい曲を書いてくれる。

 15年前からお願いしているので、今回も作曲を引き受けてくれたが

 今や彼は「日本で一番忙しい作曲家」と言われる超売れっ子。

 古いおつきあいなので、受けてもらったが、

 本来なら、なかなかお願いできる方ではない。

 あの「十三人の刺客」も、遠藤さんが音楽担当。

 (写真上。ポスターの両作品ともに遠藤浩二さんが音楽担当。

 あっ、波岡一喜君も両作品に出てるね)

 さて、今回の「青い青い空」音楽制作開始だ・・。

 (つづく)


 ポスター.jpg

nice!(0) 

シンガーソングライターに1年前から依頼 [音楽について]

P1060778.jpg

 今回の「青い青い空」では

 少し違うやり方をした。

 今回はまず劇中歌である「青い青い空」を作ることから始めた。

 何度も書いたが、シンガーソングライターのあべさとえさんに

 ロケ地である浜松に1年前に行ってもらい

 作詞作曲をお願いした。

舞台となる町を見て、感じて、経験した上で歌を作ってもらう。

 あべさんの歌は、ピアノ弾き語りスタイル

 それを基本として、音楽を決めて行く。

 音楽もピアノを中心としたストリングスをイメージ。

 やはり、浜松の美しい風景に合うのは、コンピューターサウンドより

 小編成のオーケストラだ。

 撮影後。さらに具体的に方向性を決める。
 
 
 (つづく)

ポスター.jpg
nice!(0) 

映画で音楽は重要でない? [音楽について]

P1020645.jpg

 映画というと「映像が大事」とよく言われ

 古い監督だと「このシーンは重要だから、音楽はなしにして見せたい」

 とか言うことがある。

 「このシーンは間が持たないので、何か音楽を入れて盛り上げてほしい」

 とか・・・音楽をBGM。まさにバック・グランウド・ミュージック

 だと思い、重要視していない。

 「音楽に頼らないことが大切」だと思っている人が多い。

 そのせいか、映画を見終わったあと

 そのテーマ曲を覚えている日本映画は極めて少ない。

 対して、あの「ゴッドファーザー」はニーノ・ロータのメロディが蘇る。

 「地獄の黙示録」を思い出せば

 「ワルキューレの騎行」が聴こえてくるほど。

 あのジョン・ウイリアムスの曲なしに「ジョーズ」はあり得なかっただろう。

 思うのに、映画の力の半分は音楽ではないか?

 それほどに音楽の力は大きい。

 なので、毎回、映画を作るときは、シナリオ段階から音楽をイメージする。

 前作「ストロベリーフィールズ」のときは

 事前にいろんな曲を集めて、イメージ・サントラ版を作った。

 それを聴きながら、シナリオを読んでもらった。

 このシーンはこの曲・・と指定されていて

 そのカセットテープを聴きながら、シナリオを読むという形。

 それに対して、今回は少し違う方法論を取った・・。

 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 
前の10件 | - 音楽について ブログトップ