So-net無料ブログ作成
お礼参りツアー ブログトップ
前の10件 | -

おみやげ [お礼参りツアー]

P1020771.jpg

 浜松お礼参りツアー。

 いろんな方からプレゼントを頂いた。

 その一部が写真上。

 本当にありがたい。

 未だ、優れぬ体調を気遣ってくれるものから

 地元の名産まで。

 本当にありがとうございました。

 ポスター.jpg
nice!(0) 

浜松お礼参りツアーより帰京 [お礼参りツアー]

P1020768.jpg

 浜松お礼参りを終了。

 高速バスで4時間。

 帰京した。

 みなさん。ありがとうございました。

 東京公開の宣伝。スタートする!

 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 

帳の中を東京に向かう [お礼参りツアー]

P1020762.jpg

 東京までバスで4時間。

 この旅も、これで最後かもしれない。

 何度、このバスで浜松に通っただろうか?

 4年前。誰も知り合いのいなかった町

 それが今では、道を歩いていると挨拶される。

 本当にたくさんの出会いがあり

 素晴らしい方々と出会い、助けられ、ここまで来た。

 いろんな地方で仕事をしたが

 浜松のように心や優しき人々が多い町は初めてだった。

 そんな人たちのお陰で「青い青い空」は完成。

 いよいよ東京で公開される。

 すっかり暗くなった窓外を見ていると

 浜松での想い出。次々に浮かんで来た・・・。

 P1020759.jpg

(つづく)

ポスター.jpg

nice!(0) 

高速バスで東京へ [お礼参りツアー]

P1020630.jpg

 JR浜松駅前、バスターミナル

 新宿行きの高速バスに乗る。

 バスは浜松インターに向かうので、途中、もう一度

 珈琲香爐の前を通る。

P1020633.jpg


 きっといつものように、お客でにぎわい

 店内には、ママの笑顔が溢れているだろう。

 そんなことを思っている間に、

 バスはどんどんと、浜松を離れて行く・・・。



(つづく)

 
ポスター.jpg



nice!(0) 

聖地・珈琲香爐 [お礼参りツアー]

P1020336.jpg

 そして、最後はやはりここ。

 東京に戻る日。

 もう一度、このお店を訪れた。

 「青い青い空」の聖地・珈琲香爐。

 こちらのママさんには、どれだけお世話になったか分からない。

 本当に感謝、感謝、感謝。

 浜松に行ったときは、まず最初にお訪ねした。

 すると、ママが「おかえりなさい」と言ってくれる。

 そして、帰りも最後にここ。

 そのとき、ママは「いってらっしゃい!」と言う。

 そうやって、この2年。毎月のように浜松を訪れた。

 でも、東京公開。

 当分はこのお店に来ることもできない。

 おいしい珈琲も飲めない。

 そう思いながら、30分ほど座り、店内を見ていた。

 P1020743.jpg

 ありがとう、ママ

 ありがとう、珈琲香爐。

 東京公開。がんばります。

 (つづく)

 ポスター.jpg













nice!(0) 

さよなら浜松。ありがとう浜松 [お礼参りツアー]

P1020751.jpg

 お世話になった方々。

 お世話になった先生。

 お世話になった関係者。

 時間がある限り訪ねた。

 連絡が着かなかった方もいる。

 でも、この町の方々のお陰で

 映画「青い青い空」は完成した。

 本当に感謝。

 今回のお礼参りの旅が終われば

 もう、浜松に来ることはないかもしれない。

 少なくても、これまでのように

 毎週、毎月ということはなくなる。

 本当に淋しい。

 見上げると本日も浜松は

 青い青い空だ・・

 (つづく)

 ポスター.jpg



nice!(0) 

最後の夜は映里砂 [お礼参りツアー]

P1010879.jpg

 浜松お礼の旅。

 最後の夜はやはり、有楽街にある居酒屋・映里砂だ。

 4年前、初めて浜松に来た日に訪れた。

 「浜松で映画が撮れたら、この店にスタッフと来て

 全てはここからスタートしたんだよ。と話す日が来るかも?」

 と話した。

 それから2年。毎月のように浜松に行くようになった。

 そのたびに、この店を訪れる。

 カメラマン、主題歌歌手・・・撮影の1年前から来てもらった。

 お礼に夕食をこの店で。

 P1060692.jpg

 撮影が始まると、演出部、キャスト。

 上杉先生、石原先生、森嶋先生役の俳優さんと

 ここに来た。

 映画公開後は、春山先生がスタッフ歓迎会をここでしてくれた。

 P1020497.jpg

 美術部、照明部スタッフも、ここで祝杯を上げた。

 P1060688_2.jpg

 そして4年目。浜松公開を終えて、お礼に訪ねた。

 前売り券まで売って、「青い青い空」を応援してくれた店長。

 店内に僕のブログをプリントアウトして貼ってくれたり

 ポスターも掲示。宣伝してくれた。

 本当にありがとうございました。

 P1010873.jpg

 ここからスタートした映画は無事に完成。
 
 浜松で2万人が見てくれて、東京公開が3月。

 それを祝って、実行委員の方、ファンの方と、最後の乾杯をした。

 (つづく)

 
ポスター.jpg
nice!(0) 

浜松の小学生が描いた絵 [お礼参りツアー]

P1020701.jpg

 「青い青い空」の聖地

 珈琲香爐

 そこにあるお客様ノート

 店を訪れた人が書き込むことができる覚え書き。

 その1ページに

 小学校低学年の女の子が

 「青い青い空」出演者の似顔絵を描いてくれた。

 なかなか、特徴が出ていていい。

 小学生の心にも「青い青い空」のメッセージ

 届いているようで、うれしかった。

 (つづく)

 ポスター.jpg






nice!(0) 

翌日は朝食。2倍食べる! [お礼参りツアー]

P1020722.jpg

 前日は朝食を食べ損なったので

 この日は早起き。

 ホテルの朝食。

 バイキング形式なので、食べ放題。

 通常、朝はパンと珈琲で十分なのだが

 浜松に来たときは食べる!

 ロケハンは体力いるのだ・・・・

 あ、もう、映画は完成したんだ・・。

 でも、昨日の分も食べる。

 この日も、挨拶まわり。

 (つづく)

 ポスター.jpg




nice!(0) 

パルパル [お礼参りツアー]

P1020719.jpg

 鞠水邸を出て

 浜松駅行きのバスを待つ間、浜名湖を見つける。

 そこに見えるのは遊園地パルパル。

 撮影中。俳優たちが毎日、窓から見つめていた。

 「撮影休みに行きたいな〜」

 と皆、思っていたという。

 地元実行委員の方がチケットまで用意してくれたが

 時間的に行くことができなかった。

 波岡一喜君は「パッパラパーとちごて、何でしたっけ?」

 と、言ってたのを思い出す。

 この風景を見ることも、当分なくなる。

 淋しい。

 (つづく)

 ポスター.jpg


nice!(0) 
前の10件 | - お礼参りツアー ブログトップ