So-net無料ブログ作成
過労でダウン2007 ブログトップ

過労とリハビリ(下)(2007/08/03) [過労でダウン2007]

P1010630.jpg


 前作「ストロベリーフィールズ」の日本各地の公開を全て終え、
 
 今年の春。ホッとしたので、「これは来るぞ・・・」と思った。

 ら、新しい仕事が来てまた忙しくなる。また全力疾走。

 このまま行くと、今度こそ夏前には過労死するかも・・。
 
 幽霊になって48時間もらっても、もう1本映画を撮るには短すぎる。

 と思っていると天の助けか、仕事は春に一時休止。

 ほっとすると、疲れがドドッと出て、寝たきりとなった。

 結局、睡眠時間を削り、休日返上で休まずに働いたりすると、

 ツケは必ず、払わねばならないようだ。
 
 テレビを見る体力すらなかった。

 発泡酒レギュラー缶1本で、頭がグルグル。

 本を読むことも、音楽を聴くこともない。

 何時間寝ても、また寝てしまう。体力がなく、寝たきり状態。

 子泣きジジイを、5人背負っているような疲労感。

 黒澤明監督は1本終わると入院するというから、

 寝込むくらいはまだまだかも?
 
 やはり映画は魂を削る仕事。不可能を可能にする戦い。

 特に今回の「ストロベリーフィールズ」

 遺作のつもりでかかったので、当然かも・・・。

 ただ、そこまでしただけの結果が本当に上がったのか?

 公開と反省が多いのも確かだ。

 ベッドの上で後悔の日々を過ごすが、

 1ヶ月ほど寝たきりになると、少しずつ回復して行く。

 いきなり復活はしないが、長くても2ヶ月寝込めば回復に向かう。

 もう少し、元気になったら、また、新しい戦いを始める・・。

 次は後悔しない戦いをスタートさせる。

 いちご.png



 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

過労とリハビリ(中)(2007/08/02) [過労でダウン2007]

IMG_0053.jpg


 寝たきり生活が続く。が、ある友人はこう言う。

 「疲れなんて1日寝れば元気なるもんだよ!

 本当は怠けているだけじゃないの?」

 そんな彼はサラリーマン。1日に3軒営業したら、

 「今日は疲れたから、終了!」

 と喫茶店で時間を潰す。それでも毎月必ず給料がもらえる。

 世渡りもうまい。

 映画作りの大変さ。特に1人で製作費集めからスタート。脚本、監督、編集、宣伝まで

 1人7人分くらいの仕事を5年も続けると

 体も心もボロボロになること。そして残るのは借金の山だけということも。

 それが監督業であること。理解するのはむずかしく。

 サラリーマン生活の枠内でしか想像できないのだろう。
 
「だったら、早く病院へ行って治療すればいいだろう?」

 という奴もいる。が、過労は病院でもお手上げ。

 積もり積もった疲労は、休むことでしか解消されない。

 注射1本で元気になるということはない。

 疲労の連続で内蔵や血管にかかった負担は、限界を越えると

 心不全やクモ膜下出血となり死に至ることが多い。
 
 僕の場合。肝心なときには倒れない。

 「ここぞ!」というときは、どんなに疲れを感じていても乗り切る。

 が、一段落してホッとすると、疲れがドドッと出てダウンする・・・。

 そんなふうに過労で倒れても、それがどんな状態なのか?

 ほとんどの人には分からないようである。

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

過労とリハビリ(上)(2007/08/01) [過労でダウン2007]

20070821803.jpg

 ある友人は言う。

 「1週間働いたら1日は休め。

 1か月休みなく働いたら、1週間は休め。

 1年間休みなく働いたら、1か月は休め。

 そうしないと人の体は無理が祟って壊れてしまう」
 
 まさに、その通り。

 前作「ストロベリーフィールズ」は何年も休みなく仕事を続けた。

 監督、脚本家、プロデュサー、製作、編集、資料製作係、宣伝員、etc・・
 
 7人分以上の仕事をやった・・。

 ということで、お約束どおり。現在は過労でダウン中・・。
 
 「過労」と聞くと、疲れのひどいやつくらいにしか思わない人が多いが、

 「過労死」に繋がるあの「過労」。だから怖い。
 
 よく、新聞やニュースでも取り上げられる。

 サラリーマンの夫が朝、家を出るときは元気だったのに、

 午後になって妻に電話。旦那が過労死したとの知らせ。

 「えーー朝はあんなに元気だったのに!」というアレである。

 そう。体はボロボロでも、精神力で持ってしまう! 

 まわりの人たちも全く気付かず、あるときに限界を超えてしまいバタッ!

 先日からそんな状態。過労死にはならなかったが、
 
 寝たきり状態。インスタントコーヒーのお湯を沸かすことも、

 友人にメールを打つことも、テレビを見る気力もない。

 医者に行くと、こう言われた。

 「1か月間、絶対休養。

 このまま仕事を続けると、本当に過労死しますよ!」

 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画
過労でダウン2007 ブログトップ