So-net無料ブログ作成
検索選択

「青い青い空」が何度も見たくなる理由 [演出]

_DSC0645.jpg

 浜松で上映第6週目の「青い青い空」

 すでに1万5千人ほどの人が見てくれている。

 「2度見ても、3度見ても感動する!」

 と言ってくれる。

 が、通常の映画は1度見れば十分。

 2度目はネタバレしているので、それほど感動できない。

 これがもし「2001年宇宙の旅」のような難解な映画なら

 何度も見ることで疑問を解決することができる。

 でも、「青い青い空」はストレートな物語。

 では、何が何度も見たくなる理由なのか?

 その辺を追求してくれたブログがある。

 僕自身もまだ、明快な答えを持っていないので、興味深く読ませて頂いた。

 こちら=>http://ameblo.jp/ka-ko112/entry-10707817732.html#cbox

 みなさんも、もし、その理由等をお気づきなら

 ぜひ、こののページ「コメント」に書き込んで頂きたい。

 「青い青い空」はなぜ、何度も見たくなるか?

 面白いものは紹介させて頂く。

 
ポスター.jpg


 
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

幻星神ジャスティライザー(6)波やんとの会話 [演出]

P1110109.jpg

 波岡一喜君に直接、聞いてみた。

 (注/波岡君との会話はいつも関西弁です)

 僕「波やん。聞きたいことあるんやけど・・・」

 波「・・・・何ですか?」

 僕「今、ジャスティライザーを見てるんだけど・・」

 波「はあ? 監督。何を見てるんですかぁ〜!」

 僕「・・井坂君と出てるやろ?」

 波「・・・まあ・・・」

 僕「第1話から見てるんやけど、波やん。どこから出てくんの?」

 波「・・・で、監督。どこまで見たんですか?」
 
 僕「ドクターゾラが巨大化して、倒されるとこまで」

 波「あ〜、もうちょいですねえ!」

 僕「そうか、もうちょいかぁ・・・」
 
 波「けど、監督。見んでもいいですよぉ!」

 僕「えっ、何で?」

 波「(へへへへと微笑む)」

 俳優さんというのは、過去の作品。気恥ずかしいものがある。

 特に特撮ものは、そうだ。

 でも、波岡君と井坂君。若き日々にどんな共演をしたのか?

 知っておきたい。

(つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

幻星神ジャスティライザー(5)見続ける! [演出]

P1110108.jpg

 第2話、第3話、第4話、第5話。

 続けて見て行くが、波岡一喜君。なかなか出て来ない!
 
 第6話、第7話、第8話。

 まだ、出て来ない。

 第9話、第10話、第11話、第12話、第13話

 まだだ!

 第14話、第15話。

 という間に、キャストの書道特訓が始まる。

 100311_203557.jpg

 波岡一喜君もやってきた。

 う〜ん。本人に会うまでに全部見たかったのだが・・

 けど、ちょうどいい。何話目から出演しているのか?

 本人に聞いてみよう!

 (つづく)

 ポスター.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:映画

幻星神ジャスティライザー(4)特撮もの [演出]

P1110104_2.jpg

 「青い青い空」の撮影前。

 「ジャスティライザー」を見始めた。といっても、撮影前は超、超、多忙!

 他の出演者らの過去の作品も。ビデオで見なければならない。

 もの凄い人数だ。

 また、脚本家としてシナリオの直し。

 監督として、撮影準備。

 プロデュサーとして地元との打ち合わせ。

 メインどころ以外のキャスティング。スタッフィング。

 各パートとの打ち合わせ。

 殺人的なスケジュールだ。

 100305_175453.jpg

 そんな中、「ジャスティライザー」ウォッチングをスタート。

 ヒーローの1人が井坂俊哉君。変身して戦う。

 でも、第1話に波岡一喜君。出て来なかった。

 「そうだ。波やんは、途中から出て来ると言っていたな・・・・」

 最初の方を飛ばして、途中から見て行こうか?

 いや、物語を途中から見るというのは

 監督業に就く者として、良くない。

 物語の順を追って見た上で、彼の出演エピソードを見るのが礼儀。

 でないと、波やんにも失礼だ。 

 第1話から、順に見て行くことにした。

 (つづく)

ポスター.jpg
タグ:波岡一喜
nice!(0) 
共通テーマ:映画

幻星神ジャスティライザー(3)親友役 [演出]

P1090602.jpg

 八代先生役の波岡一喜君。

 彼とは前作「ストロベリーフィールズ」に出演してもらった。

 その魅力。誰よりも理解しているつもり。

 今回の八代先生役。波岡君のイメージで書いたくらいだ。

 「ストロベリー」以降も彼が出演していると聞くと、その作品は必ず見た。

 代表作というものは、だいたい見ている。

 でも、今回の「青い青い空」を撮影する前に

 波岡君の過去の作品。見ようとした。

P1110096.jpg

 それが特撮ドラマ「幻星神ジャスティライザー」。

 すでに、波岡君の作品。多くを見ている。なぜ、今さら過去の作品を見るのか?

 実は、波岡君。そのドラマで

 六角橋先生役の井坂俊哉君と共演しているのだ。

 「青い青い空」での2人は親友役。

 「ジャスティライザー」を見れば、2人のコンビネーションを、

 2人の関係性が見えるだろう。

 親友の役でなくても、同じ画面に2人が出ていれば、

 何か感じるものがあるもの。

 それを把握することで、「青い青い空」での演出に。

 繋げたかったのだ。

 (つづく)


 ポスター.jpg

タグ:波岡一喜
nice!(0) 
共通テーマ:映画

幻星神ジャスティライザー(2)俳優の魅力を知る [演出]

楽園.jpg蘇りの血.jpg

 僕の監督作品。出演してくれる俳優の過去の作品。

 必ず見る。

 事前にその俳優さんには会っているし、芝居も見せてもらっているのだが

 過去の作品も見る。

 よりよく、その俳優を知るためだ。

 撮影現場での演技、本読みのときとは違うことが多い。

 また、組む監督によって、その俳優の意外な面。

 日頃は出ない部分、引き出されていることもある。

 そんなところも把握。

 俳優たちの魅力をより引き出すためだ。なので、

 三美子役の橋本わかなの舞台も

 =>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2010-03-12-6

 みさと役の草刈麻有の映画

 =>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2010-01-07

 トン子役の田辺愛美の映画も

 =>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2010-03-13

 撮影前に見に行った。

 さて、

 (つづく)



 ポスター.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画