So-net無料ブログ作成
検索選択
秘密シリーズ ブログトップ
前の10件 | -

日米アートの融合 [秘密シリーズ]

P1040486.jpg

 「青い青い空」

 実は他にも、いろんな技法を使っている。

 撮影、編集は伝統的ハリウッド方式。

 だが、芝居部分には歌舞伎のスタイルを取り入れている。

 八代先生が駅で振り向くシーンはそれ。

 他にも歌舞伎から学んだ表現が数々ある。

 そして、舞台演劇の技法。スタイル。

 この辺「ストロベリーフィールズ」の頃から実践しているが

 意外に気づく人はいない。

 ある有名劇場のあの方のみか?

 それを「青い青い空」でも多様している。

 P1040487.jpg

 あと、オマージュやパロディというのはある。

 先にも書いたが、八代先生が学生時代の喧嘩シーン

 _DCS5869_2.jpg

 「理由なき反抗」のオマージュ

 同じく、八代先生が大学時代、不良に追われるのは

 _DCS5840.jpg

 「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」のパロディ。

 有名なシーンなのに、気づく人は少ない。

 ちなみに、相葉香凛ちゃんが一番お気に入りのシーンだ。

 そうして考えると、この映画

 骨格を黒澤映画に学び、中身と表現法はアメリカ映画。

 そして、歌舞伎や演劇の技法。

 ロックコンサートのライブアクトから学んだことも。

 もちろん、何でもかんでも取り入れればいいというものではない。

 でも、その東西アートが融合していたからこそ。

 LAでも大いに盛り上がり、理解されたのだろう。

 カリフォルニアキッチン料理であり

 P1030881.jpg

 山本寛斎や三宅一生のファッションと同じだ。

 IMG_4513.jpg

 改めて、LAで学んだ多くのこと

 生きていると思える。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「カラテキッド」 [秘密シリーズ]

 _D3S0550.jpg

 もう1本。参考にしたアメリカ映画

 「カラテ・キッド」

 日本風にいえば「ベストキッド」

 ジャッキー・チェンのリメイク版ではなく、

 パット・モリタのオリジナル版の方だ。

 あの映画の見事なところは、日本のカラテだけでなく

 日本の礼儀や考え方。文化を
 
 主人公のダニエル少年に伝える。すなわち、観客に伝える。

 それでいて、文化映画ではなく、エンタテイメントであり

 青春感動ムービーなのだ。

 これは日本で「1」を見たが、LAで「2」「3」を見た。

 「1」に比べて、他の出来は悪いが、場内は異様に盛り上がる。

 これを見たアメリカ人の友人は、しばらく「オオタさん」というので

 僕も彼を「ピーターさん」と呼んでいたほど。

 (パット・モリタ扮するミヤギは、必ず英語でも「***さん」と呼ぶ)

 凄い映画だ!

 文化まで伝える痛快娯楽作品!

 だったら、書道を扱った映画でも、日本の文化を伝えながら

 痛快感動作に出来るのではないか?

 そう思って「青い青い空」に挑んだ。

_D3S0601.jpg

 だから、アメリカ人に内容を説明するときは

 「書道版のカラテキッドです」

 という。これが一番伝わる。

 日本で「スイングガールズ」の「書道版」だね?と言う人がいるが

 もともと、そちらではなく

 「カラテキッド」の「書道版」を目指していた。

 だから、クライマックスに八代先生が真子たちの演舞を見守るところ

 ここはパット・モリタのラストカットを意識して撮影した。

 主人公はラルフ・マッチョなのに、

 ラストカットは、パット・モリタ! 

 最高の笑顔だった。

 こちらの八代先生役、波岡一喜も素晴らしい笑顔

 _D3S1494.jpg

 横にいる卓也を抱きしめ、もう一度拍手。

 パット・モリタに負けない素敵なシーンとなった。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「ロッキー」 [秘密シリーズ]

_D3S0569.jpg

 書道大会。いかにも書道ではおもしろくない。

 で、「ロッキー」の試合シーンをイメージ。

 書道大会なのに、リングアナを設定した。

 この種のイベントで、アナウンサーによる中継なんてありえない。

 でも、ボクシングも、プロレスも、

 アナウンサーによる中継があるから盛り上がるのだ。

 一時期、格闘技や女子プロをよく見に行っていたが

 会場に行くとなぜか?盛り上がらない。

 リングアナの声は会場では流れないからだ。

 で、書道大会にもリングアナを持ち込んでみた。

 _DCS7142.jpg

 書道を中継するなんて、ありえないが

 映画的効果を盛り上げることができる。

 これはもうひとつ理由がある。

 「ロッキー」だけでなく、日本のボクシング漫画の名作

 「あしたのジョー」のクライマックスの影響もある。

 矢吹丈VSホセ・メンドーサの試合。

 あのときのリングアナが最高だった。
 
 白木洋子が一度、会場を飛び出したあと、車に乗るが

 ラジオで中継をしている。それがとても効果的!

 姿は見えないのに、アナウンスだけで心に伝わる。

_D3S0576.jpg

 そこで書道大会だが、リングアナを使用。

 さらに、ジョーの試合を見に、昔の仲間がみんな会場に来る設定

 少年院時代の仲間、青山、対戦相手だったウルフ金串、カーロスリベラ

 そこだけでもう泣きそう。

 そして、アメリカ映画の定番だがテレビ中継。

 「ロッキー」や「インビクタス」でもそうが、

 SF映画の「ローラーボール」「デスレース2000」でも

 中継されていた。

 見ている観客まで、視聴者になってしまう。

 日米の様々作品の手法。取り入れてある。



 (つづく)

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「小さな恋のメロディ」 [秘密シリーズ]

_DCS5637.jpg

 職員室の殴り込みシーンもやはり、

 「小さな恋のメロディ」の影響が強い。

 ハマコー先生はディックス先生のイメージがあるし

 モップで殴りかかるみさと(草刈麻有)はやはりトムだ。

 真子とみさとが喧嘩するのも

 ダニーとトムが喧嘩するシーンの影響?

 では、三美子はどこから来たのか?
 
 実在の人物がモデルではあるが、どこかの映画の影響がありそうだが

 僕も思い出せない。
  
 三美子とは「ストロベリーフィールズ」時代からの付き合い。

 今回、やっと出演してもらったが、

 もう、僕も分からないところがある。

 そうだ。あと、大会部分。

 これは何人かの人が指摘している通りだ。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「青い青い空」と「小さな恋のメロディ」 [秘密シリーズ]

_DCS5528_2.jpg

 いや、その意味でいうと、

 イギリス映画「小さな恋のメロディ」にも

 同じようなシーンがいくつかある。

 そちらの影響の方が強いかも?

 ビージーズの歌がかかり、映像のみで見せる

 「メロディ・フェア」「ギブ・ユア・ベスト」「若葉の頃」のシーン。

 あと、キャラに関しては意識している。

 「スターウォーズ」のオビワン(アレックギネス)のモデルが

 三船敏郎であるのは有名だが(出演依頼もされたが、三船は断った)

 「青い青い空」のキャラにもモデルがある。

 ダニー(マークレスター)が真子。

 トム(ジャックワイルド)がみさと。

 トン子もメロディの友達として、クラスにいる。

 ただ、ミチルは・・・

 「七人の侍」の久蔵(宮口精二)だ。

 もちろん、ただ、そのまま持って来た訳ではなく

 真子にも、みさとにも実在するモデルがいる。

 それらが全て融合して、真子やみさとが生まれたのだ。
 
 聞いていると、何だか訳分からなくなるが、

 それが作品になると、ひとつの世界観の中で

 違和感なく存在しているでしょう?

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「青い青い空」と「今をいきる」 [秘密シリーズ]

_DSC3722.jpg

 大胆にも「赤ひげ」と「七人の侍」を骨格としてイメージ

 「青い青い空」のシナリオを書いた。

 書き上げてから、何度もリライト。

 その内に、ある映画がダブるようになった。

 「あーーーーこれは!」

 ようやく気づいた。「今をいきる」である。

 P1040613.jpg

 型破りな先生がいて、いろんな生徒たちがいて

 頭の固い教師と父兄。

 構図がそっくりだ。これは全く意識していないが

 大スキな作品なので、無意識に影響を受けたんだろう。

 ルーカスが「エピソード2」を監督したとき

 アナキンとアミダラが花畑で戯れるシーン。

 「『七人の侍』にも似たようなシーンがありましたが、影響あるのでは?」
 
 そう聞かれて、ルーカスはこう言った。

 「僕は黒澤から大きな影響を受けている。だから、意識しなくても

 自然とそれが出ている。君がそう思うなら、きっとそれは正しいよ」

 意識して真似ようとするといいものはできない。

 でも、無意識にそれが出たときは、昇華され自分のものになっているので

 独自の世界観が感じられるのだ。

 その意味で、僕はピーターウィアー監督が好きで

 自然と影響が出たのだろう。

 つまり、骨格は日本の黒澤映画だが、中身はアメリカ映画なのだ。

 というのも「今を生きる」だけでなく、

 同じP・ウイアー監督の「刑事ジョンブック 目撃者」も大スキ。

 アーミツシュの村で、ハリソンフォードたちが家を作るシーンがある

 そのイメージで描いたのが「書と音楽のコラボ」シーン。

 _DCS1870-1.jpg

 どちらも、音楽だけで台詞がなく、映像で全てを見せる。

 ああ、それならば・・

 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

「青い青い空」と「七人の侍」 [秘密シリーズ]

P1040596.jpg

 保本=八代先生。おとよ=真子たちだ。

 では、赤ひげ先生(三船敏郎)はどこに行ったか?

 というと、和尚だ。

 八代先生=保本。保本の先生=赤ひげ。

 つまり、赤ひげ=和尚なのだ。

 物語でいうと「赤ひげ」の後半。

 保本がおとよを看病するあたりからの話を骨格として、

 八代先生と真子たちの話を作り

 そこに「七人の侍」前半。侍集めの話を

 書道部員集めの話を加えて、

 野武士との合戦=書道大会のイメージで

 物語を作り上げた。

 何と大胆にも黒澤明の名作2本を受け皿として、

 作品作りをした。

 八代先生が延々とオカンの話をするところは

 「赤ひげ」で山崎努が恋人の話を語るところ。

 その辺がうまく行って、アメリカ人にも理解しやすい作品

 となったように思える。

 そんな「赤ひげ」を繰り返し見たのも

 ここLAの名画座である。


 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「青い青い空」と「赤ひげ」 [秘密シリーズ]

P1040070.jpg

 「青い青い空」が影響を受けた映画

 そんなことを考えた。
 
 それらもLAで繰り返し見ているからだ。

 2007年に「書道を題材にした映画を作ろう!」と考えたとき

 まず、考えたこと。

 どんな作品を受け皿にするか? モデルにするか?

 通常、映画を作るとき、作家は方向性やモチーフを考える。

 ルーカスが「スターウォーズ」を作るときは

 P1030759_2.jpg

 「隠し砦の三悪人」や「フラッシュゴードン」をイメージした。

 伊丹十三監督が「ミンボーの女」を作ったときは

 「野良犬」だ。本人は公表していないが、間違いない。

 真似るとか、パクるというのではない。

 受け皿として、そこに自分なりの物語を作る。

 「名作から学ぶと、必ずいいものが出来る」
 
 これも確か伊丹十三の言葉。

 黒澤はジョンフォードに学び。ルーカスは黒澤から学んだ。

 P1060565.jpg

 「青い青い空」のシナリオを書こうとした頃、

 「スイング・ガール」「フラガールズ」

 等が流行。カルチャー挑戦ムービーとでもいうジャンル

 でも、そんな感じには、ならないように・・と考える。

 軽めの青春ドラマにはしたくない。で、大胆にも・・
 
 黒澤明監督の「赤ひげ」参考にした。

 中でも保本(加山雄三)とおとよ(二木てるみ)の部分だ。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

「青い青い空」を何度も見てしまう理由(5ー終) [秘密シリーズ]

_D3S6951_2.jpg

 なぜ、ドキュメンタリーだと何度も泣けるのか?

 それは観客の心に、無意識に届くものがあるからだ。

 混迷の時代。人は常に不安や悲しみと向かい合っている。

 いつ会社が潰れるか? リストラされるかも?

 こんな世の中で、子供を育て行けるのか?

 大学を出ても就職口がない。

 将来のことどころか、今を生きることで精一杯。

 _DSC0426.jpg

 親が分かってくれない。子供がいうことを聞かない。

 友達ができない。誰も理解してくれない。

 誰もが様々な悩みを抱えている。

 そんな時代の中。この「青い青い空」は同じような悩みを持つ

 10代の子たちの物語。

 _DCS2048.jpg

 それも皆、純情で、健気で、まだ世間を知らない子たち

 そんな子たちが、悲しみと対峙する。

 自分たちと同じように、

 人間関係や無理解。不条理な大人のやり方にさらされる。

 でも、真子たちは、めげずにそれに立ち向かう。

 _DSC1313.jpg

 そして、自分たちの言葉を思いを届ける。

 「こんな若い健気な子たちが、こんなにがんばっているんだ

 俺もがんばらないと・・」

 _D3S7630.jpg

 そう、真子やみさとの行動に、大人たちが共感し励まされるのだ。

 _D3S6921.jpg

 これが単なる作り物の物語なら、そこまで感動はしないが

 役を演じた相葉香凛や草刈麻有たちのドキュメンタリーなのだ。

 _DCS7556.jpg
 
 芝居や演技ではなく、本当に苦労を乗り越えてがんばった記録。

 だから、作り物でないものが伝わる。

 映画初出演で戸惑った相葉香凛、

 書道で苦労した草刈麻有

 難しい役で悩んだ橋本わかな、みんなを支えた年長の田辺愛美
 
 そして英語で苦労した平沢いずみ。

 _DSC1534-1_2.jpg

 皆が本当に、助け合い、協力し合ったこと。

 皆、泣きながら撮影をがんばったこと

 それが画面を通して、物語としてだけではなく

 事実として観客に伝わり、胸を打ったのだ。

 _D3S5323.jpg

 「子供たちがこんなに、がんばっているのだから」

 「私もがんばらねば!」「僕も負けてられない!」

 そう感じたのではないか?

 勇気をもらったのではないか?

 _D3S6762.jpg

 元気になる歌というのがある。

 坂本九の「上を向いて歩こう」とか

 ZARDの「負けないで」とか、

 辛いときに聴きたくなる歌がある。

 励まされ、元気になる歌がある。

 _DCS6145.jpg

 「青い青い空」はそれと、同じ効果があるのだろう。

 だから、それらの歌を繰り返し聴くように、繰り返し見たくなる。
 
 それが何度も泣ける理由ではないだろうか?

 つまり、若き俳優たち

 相葉香凛、草刈麻有、橋本わかな、田辺愛美、平沢いずみ

 彼女のたちの「力」なのである!

 どうでしょう? fumiさん。

 (つづく)

 
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「青い青い空」を何度も見てしまう理由(4)ドキュメンタリー? [秘密シリーズ]

_D3S7550.jpg

 いくら監督が俳優に、自由に演技をさせても、

 俳優に力がなければ駄目だ。

 そう、今回の「青い青い空」の出演者。本当に素晴らしかった!

 役を演じるのではなく、俳優たちが役そのものになって行った。

 相葉香凛は真子に、草刈麻有はみさとに

 橋本わかなは三美子に、田辺愛美はトン子に

 そして平沢いずみは、ミチルになっていた。

 その日の撮影が終わっても、そのまま。

 ロケというより、本当に書道合宿をしているような感じ。

 そこで皆、助け合い、協力し合い、支え合い。

 本当の絆が生まれ、物語と同じように

 ふぞろいの子たちが一致団結して、大会に臨むという構図が出来て行った。

 _D3S7512.jpg

 その後、映画完成。舞台挨拶で草刈麻有に会ったときは

 元の麻有に戻っていて、驚いたものだ。

 「ああ、あのときは、みさとだったんだ・・」と

 そのこと。平沢いずみはこう話してくれた。

 _DSC1481.jpg

 「みんなそれぞれの役の資質を持っていたんです。

 役になり切ったというより、その部分が前面に出て来たんです」

 なるほど、その通りだろう。

 だから、大会のシーンとかはもう、撮影という感覚はなく

 _DCS6988.jpg

 大勢のお客さんの前で、演舞をする

 本物の書道部員そのものだったのだ。

 つまり、映画撮影、お芝居というより

 若き女優たちが壁にぶつかり、

 喧嘩しながら、迷いながら、

 がんばるドキュメンタリーとなったのだ。

 _DCS5637.jpg

 演技ではなく、

 本当に苦労し、努力し、涙を流している姿が

 スクリーンに映し出される。

 だから、観客の胸を打つのだ。
 
 では、それがなぜ、何度見ても感動することになるのか?

(つづく)

 
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 秘密シリーズ ブログトップ