So-net無料ブログ作成
予告編制作 ブログトップ
前の10件 | -

予告編作りで考えたこと(下) [予告編制作]

青い青い空決定_s.JPG

 以上、技法的な細かなことを書いた。

 が、一番大切なのは、これだ。

 予告編は映画の方向性、テイストを伝えることが最重要。

 どんな映画か?分からないようでは意味がない。

 では、今回の「青い青い空」がどんな映画か?

 を把握せねばならない。

 簡単に言えば、「青春もの」「感動ドラマ」だ。

 しかし、どんな「青春もの」で、どんな「感動ドラマ」か?を説明せねばならない。

 といって、細かくストーリーを語ると時間がかかる。

 最小限の映像で、それらを伝えることが大事。

 内容以外にも、伝えるべきことがある。

 「浜松が舞台」「風景が美しい」「俳優陣が豪華」

 これらも「青い青い空」の魅力であり、売りの部分。

 それらを全部、ひっくるめて3分弱の予告編にする。

 間もなく完成だ!

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 

予告編作りで考えたこと(中) [予告編制作]

ある会社の前.JPG

 今回の予告編。映画館での上映だけではなく

 浜松でのイベント等でも流される。

 子供からお年寄りまで、広い層が見る機会があるのだ。

 それゆえ、若者に受ける感覚的なイメージ優先の予告ではなく、

 ストーリー紹介を基本とする従来のタイプにした。

 編集テンポも、遅めにする。

 若い人にはアップテンポの方がいいが、それでは年配の方が見辛い。

 「あれ? 今の松坂慶子さん?」

 と思っている内に、次のカットになったりすると伝わらない。

 だから、1カット1カットを丁寧に見せる。

 あと、音が出せない会場。音が聞き取りにくい場所で流すことも考えて

 テロップを多様する。

 最近のバラエティ番組のように、テロップで補足するのだ。

 さらにいうと、そのテロップも野外で、太陽光の下でも分かるように

 はっきりしたフォントを使用する。

 それでなくても映像の上に出すテロップ。明朝体等は読みにくいのだ。

 そんなことを考えながら、予告を作った。

 (つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(1) 

予告編作りで考えたこと(上) [予告編制作]

P1000033.jpg

 昔の予告編は、

 映画館で上映されることを前提に作ればよかった。

 でも、今はいろんな用途に使われる。

 今回でいえば、浜松のイベントでも流される。

 野外で、騒がしい場所で、日差しの強い場所で、

 いろんなところで流される。

 また、音が出せない場所で映像だけ流す場合もある。

 観客層も子供からお年寄りまで、いろんな人が見る。

 映画館での上映だけなら、ターゲットは若者。

 雰囲気やセンスを優先した予告にすべき、

 でも、そのタイプでは年配層には分り辛いものとなる。

 また、野外では集中して見てもらえないので、感覚的なものは伝わりにくい。

 広い会場では、台詞が聞き取れないかもしれない。

 従来の映画予告のイメージで作っていては駄目。

 今回はいろんなこと。考えた上で、予告を作らねばならない。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(1) 

予告編作りも、つづく! [予告編制作]

青い青い空チラシ_2.jpg

 キネコ作業と平行して

 予告編作りも進めている。

 数分のものでも、何日もかかる。

 先にも書いたが単に見せ場を切り出して繋ぐだけでは駄目。

 カットとカットを繋ぐことで、意味が出て来ないといけない。

 ああでもない。こうでもない。

 この方が分かりやすいか? いや、こちらがいいか?

 と試行錯誤して作業を続ける。

 (つづく)


 
__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg

 
nice!(0) 

予告編のあり方(7ー終)黒澤明監督の予告編 [予告編制作]

P1060307.jpg

 「天国と地獄」の予告も回想形式だった。

 「事件は終わった・・」というナレーションから始まる。

 これも何があったんだ!?と興味を惹かれる。

 予告編にはいろんな手法がある。

 いろんなスタイルがある。

 その中でどれを選択し、どのように見せるか?

 それが問われる。

 さて、今回の「青い青い空」はどうすべきか?

 実はもうすでに考えてある。

 やはり、オーソドックスなスタイルが一番合うはず。

 がんばって編集する!

 (この項、了)


 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 

予告編のあり方(6)ヒッチコックの予告編 [予告編制作]

P1060604_1.jpg

 伊丹十三監督がモデルにしたのが

 アルフレッド・ヒッチコック監督の「サイコ」の予告編。

 本人が出て来てベイツモーテルのセットを紹介する。

 「ここであの事件が起きます。そしてこのシャワールーム。

 おお・・とても口では言えません」

 とか、もったえぶった説明する。

 そして最後にジャネット・リーが叫ぶカットが入り「サイコ」と出るだけ。

 これもなかなかの名作予告。

 黒澤明監督が作った予告編もスゴイのがある。

 あの「七人の侍」の予告は回想形式だった。

 4人の侍の墓のシーンに、

 「ここに侍たちが眠っている・・」とかいうナレーションで始まる。

 映画本編は回想形式ではないのに、予告は回想形式なのだ。

 (つづく)


 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 

予告編のあり方(5)スピルバーグの予告編 [予告編制作]

P1000314.jpg

 うまいと言えば、スピルバーグの予告編。

 「ET」では、ETは手しか見せない。

 体も顔も一切見せずに盛り上げる。

 「ジョーズ」でもサメは一切見せない。

 サメが噛み付くところさえ見せない。

 なのに、凄いサスペンス映画であることを伝えてくる。

 あれこそが予告編である。

 伊丹十三監督の予告編もうまかった。

 いつも本人が登場して映画の解説をする。しかし、

 ストーリーや内容の説明はなく、映画本編とは関係のないことを話す。

 それでいて「今度はどんな映画なんだろう?」と思わせる。

 本編以上に次の予告編はどんな手でくるのか? ワクワクしたもの。

 このパターンの元になったのが、あの監督の作品だ。

 (つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(1) 

予告編のあり方(4)80年代は酷かった? [予告編制作]

100714_130505_2.jpg

 そんなふうに、80年代は「感動シーン」や「ラストシーン」まで

 見せてしまう予告編が多かった、

 当然、映画館へ行くと「予告で見たやんけ!」ということになり、

 憤慨することが多かった。

 予告編さえ見なければ、いい映画なのに、名場面を先に見せるので

 騙された!ということになるのだ。

 当時は「何でもいいから、客を映画館へ来させればいい!」という風潮があったようだ。

 でも、そんなことをしていたら、観客が映画不審になる。

 いい映画であっても、騙された気になる。

 「感動シーン」や「ラストカット」を予告で見せるのは、やはりルール違反だ。

 最近は、その種のものはなくなったが、

 予告編というのは、本当の見せ場や感動シーンは見せず、

 それでいて映画館へ行きたくなる。というのがやはり基本だ。

 そのためには技術とセンスが必要。

 昔の予告編でうまいものを思い出してみる。 

 (つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 

予告編のあり方(3)ルール違反? [予告編制作]

P1000358.jpg

 予告を見ずに本編を見たら、感動できたのに・・・

 予告を見たばかりに、感動がなくなった。

 80年代はそういったものが、結構多かった。

 予告編で流れていた印象的なシーンがないもの。

 「あのシーンはいつ出てくる?」

 と思って楽しみにしていたら

 最後まで出て来ない!カットされたシーンを予告で使っていたのだ。

 これでは詐欺と言われる。

 さらに酷いのは、映画のラストシーンを予告で使ってしまう。

 「戦場のメリークリスマス」がそうだった。

 ビートたけしがラストに「メリークリスマス。ミスターロレンス」という

 鳥肌ものの台詞。予告でも最後に使われていた。

 それを見ていると、映画のラストの感動。なくなる。

 「何だ、このカットで終わりなの?」

 それを予告で見せていたの?と怒りが込み上げる。

 (つづく)


 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg


nice!(0) 

予告編のあり方(2)80年代のアメリカ映画 [予告編制作]

カーウォシュ.jpg

 同じく、80年代。アメリカ映画では

 映画の中身を全く見せずに、興味をそそるタイプが出て来た。

 「未知との遭遇」はほとんど、インタビューのみ。本編をほとんど見せない。

 スピルバーグやUFO研究家のアランJハイネック博士が

 「接近遭遇」について語るもの。

 中身が想像できないのに、「見たい!」と思わせた。

 「ポルターガイスト」も同じパターンだった。

 しかし、80年代から問題のある予告編も出て来た。

 名場面をバンバン見せてしまうタイプ。

 「復活の日」がそうだった。感動シーンの連続。予告だけで泣ける。

 でも、映画本編を見ると、感動場面はすでに予告で見たものばかり。

 ありったけの感動シーンを抜き出して、予告を作っていたのだ。

 (つづく)


 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
前の10件 | - 予告編制作 ブログトップ