So-net無料ブログ作成
検索選択
ポストプロダクション2 ブログトップ
前の10件 | -

起きたら8時? [ポストプロダクション2]

P1000326.jpg

 仕事を終えて帰宅。

 まだ、午後6時だが、もの凄く疲れた。

 少し仮眠を取る。

 起きたら8時だ。

 2時間しか寝てないのか?

 いや、今回は間違わない。

 午前8時だ。また、14時間も寝てしまった。

 こんなに寝てしまうのは、まだまだ疲れが取れていないからだ。

 10代の頃なら、一晩寝れば翌日から元気!だったが

 40代になると、1日2日休んでも疲労は簡単に解消できない。

 3週間分の過労の時限爆弾は生きている。

 気をつけねば・・。

 (つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg

nice!(0) 

「青い青い空」完成!(終)浜松だから [ポストプロダクション2]

雨ふらし2.JPG

 今回の映画のテーマである

 「親子に伝える大切なこと」

 地元の方々の思いは、スタッフに伝わり。

 その思いは俳優にも伝わった。

 スタッフ、キャスト、地元が一体となり、映画作りにがんばった。

 これが可能だったのは、やはり浜松という町だったからだ。

 美しい心を持つ人たちとの出会いがあったからこそ

 「青い青い空」は美しい映画と成り得たのだ。

 しかし、まだ、終わった訳ではない。

 映画は完成しただけでは駄目。見てもらって初めて映画なのだ。

 これからは宣伝、公開に向けて

 第3の戦いが始まる!

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg


nice!(0) 

「青い青い空」完成!(9)「思い」 [ポストプロダクション2]

P1150712.jpg

 地元の方々の思い、

 それに応えようと、120%の力でかかったスタッフ。

 その結晶が今回の映画「青い青い空」なのだ。

 だから、素晴らしい作品になった。

 そう、映画というのは製作費の額や撮影期間だけではない。

 映画会社が大手か? 巨大企業がスポンサーか?

 は関係ない。
 
 作り手の思いがどれだけのものか?

 それが素晴らしい映画になるか? 平凡な大作になるか?

 を決める。

 その意味で今回、スタッフ、キャスト、地元が一体となり

 「思い」を形にしようとがんばった。

 だからこそ、本当に素晴らしい作品が完成したのである。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 

「青い青い空」完成!(8)思いに応える [ポストプロダクション2]

P1150893_2.jpg

 でも、今回は違う。

 「親子に伝える大切なこと」

 というテーマに賛同してくれた浜松の人々

 汗を流して稼いだ給料から、出してくれた協賛金。

 これほど尊いお金はない。

 「この思いに応えなければならない。疎かにしてはいけない」

 スタッフは理解していた。

それだけではない。撮影をしやすいように、スタッフを労うために

 地元の方は、お菓子や酒を何度も差し入れてくれた。

 お弁当屋さん。食堂。が何度もロケ弁を提供してくれた。

 皆、何度もこう言った。

 「いろんな町で仕事をしたけど、ここまで応援してくれた町はない」

 地元のみなさんの思いに応えなければ・・。

 それが大きな原動力となり、誰もが全力でかかったのだ。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 

「青い青い空」完成!(7)美しき職人たち・弐 [ポストプロダクション2]

P1150781.jpg

 スタッフというのは、スゴイ人たちだ。

 本物の映画人というのは素晴らしい。

 ギャラが安いからと、手を抜いたりはしない。

 製作費がないからと、いい加減な仕事はしない。

 毎回、全力で素晴らしい映画を作ろうとする。

 作品に愛を持つ、純粋なアーティストなのだ。

 しかし、汚れた金で映画を作ろうとしたら駄目。

 貧しい人たちを踏みつけて稼いだバブルマネーでは

 彼らは最低限の力しか出さず。

 素晴らしい作品は決して生まれない。

 上に立つ人たちが作品への「愛」がないときも、同じだ。

 直接批判はしなくても、彼らは黙って背を向けてしまう。

(つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 

「青い青い空」完成!(6)美しき職人たち [ポストプロダクション2]

 20070814798.jpg

 いくら高いギャラをもらっても

 それが地上げで儲けた金だと、スタッフは考えてしまう。

 どんな感動的なシナリオでも、貧しい人たちを踏みつけて

 儲けた金で、感動ドラマは作れない。

 それが大島渚監督のいう「汚れた金」だ。

 スタッフというのは、職人だ。

 純粋にいい映画を作りたい!と願うアーティストたち。

 皆、理不尽なことを嫌う。

 自身を犠牲にしても、素晴らしい作品にしようとがんばる。

 貧しい人を踏みつけにして儲けた金

 それを集めた製作費で作られる映画、力が入るはずはない。

 いいものが出来る訳がない。

 大島渚監督、そう言っているのだ。

(つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 

「青い青い空」完成!(5)大島渚の言葉 [ポストプロダクション2]

IMG_5681.jpg

「戦場のメリークリスマス

 「愛のコリーダ」「日本の夜と霧」

 等で知られ世界的に評価される巨匠

 大島 渚監督。

 こんなことを言っている。

 「バブル時代。不動産で、地上げで儲けた金で、

 税金対策のために映画を作る企業が多かった。

 でも、そんな汚れた金では素晴らしい映画は

 できない!」

 当時、僕はその意味が分からなかった。

 だが、今は痛いほどによく分かる。

 汚れた金と、努力と汗で集めてくれた協賛金は

 全く違うのである。

 (つづく)



__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg


nice!(1) 

「青い青い空」完成!(4) [ポストプロダクション2]

P1000083.jpg

 そして、多くの浜松の方々に支えられた。

 今回の映画「青い青い空」

 大手映画会社やテレビ局から、ドカンと製作費が出た映画ではない。

 浜松市民の方々の寄付で、作られた映画。

 協賛金は今も、実行委員会の方々が集めてくれている。

 その汗と努力の上に成り立った映画である。

 実行委員会の方々。そして支援してくれる浜松市民の方々。
 
 市、個人、会社、団体。さまざまな人々の賛同で

 ここまで来ることが出来た作品なのだ。

 思い出す言葉がある・・。

 あの大島渚監督、こんなことを言っていた。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg








nice!(0) 

「青い青い空」完成!(3) [ポストプロダクション2]

P1000305.jpg

 最終MAで見直したときも、そうだが、

 若手俳優たちが本当に素晴らしい。

 相葉香凛、草刈麻有、橋本わかな、田辺愛美、平沢いずみ。冨田佳輔。

 そして、波岡一喜。

 この7人が圧倒的にいい。

 それだけで心を打つドラマになっている。

 演技力があるとか、見た目が可愛いということではない。

 この7人が本当に真剣なのだ。

 魂を削る表現。

 テレビドラマで見るアイドル女優の芝居のように

 「時間ないけど、何とか台詞を覚えました」

 というレベルではない。それを遥かに超えた鬼気迫るもの。

 10代の子供たちの思いが伝わる作品になっていた・・。

 (つづく)


__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg



nice!(0) 

「青い青い空」完成!(2) [ポストプロダクション2]

P1000314.jpg

 通常、映画が完成をしたとき

 いくつもの後悔が残る。

 「これでよかったのか?」

 「あそこはもっと**で行くべきではなかったか?」

 反省が先に立つ。

 今回も、公開と反省はある。

 しかし、それより素晴らしい部分が圧倒的に多い。

 自信を持って「見てください」と言える映画となった。

 こんなことは初めて。

 でも、本当によい出来!!

 ただ、僕の力ではない。

 今回は何より、俳優たちが素晴らしかったのだ。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg



nice!(0) 
前の10件 | - ポストプロダクション2 ブログトップ