So-net無料ブログ作成
検索選択
撮影初日の思い出 ブログトップ
前の10件 | -

初日の午後 書道教室ロケ(4)本ものみたい [撮影初日の思い出]

_DSC0175.jpg

 写真上。舞阪の神社横の会館。

 ここを書道教室として使わせて頂く。

 現在、撮影の準備中。

 どう見ても書道教室でしょう?

 美術部さんがいろんな物を持ち込んで、書道教室にしてくれたのだ。

 このあとの撮影でも、ほんとびっくりするようなマジック

 見せてくれる。それも順次、ご紹介する。

 さて、ここを真子ーしんこ(相葉香凛)とみさと(草刈麻有)が覗くというシーン。

 書道教室の生徒役にも、多くの浜松市民の方が参加してくれた。

 実は皆、かなり書道ができる人ばかり。

 さすが、書道の町・浜松である。

 そんな中に、!?という子たちの顔が何人かいた。

 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(12)英語の台詞? [撮影初日の思い出]

P1130371.jpg

 さて、撮影現場に戻ろう。

 真子ーしんこ(相葉香凛)とみさと(草刈麻有)が覗く書道教室

 中では、静かに書道の稽古が行われている。

 その中に、真子たちの知った顔。

 ミチルとデビー先生だ。

 ミチルを演じるのは平沢いずみ。

ミチルs.jpg

 今回の俳優陣で、期待の1人だ。

 いずれ詳しく書くが、

 とにかく、凄い奴なんだ!

 さあ、このシーンの台詞が面白い!

 全て英語である!

 
(つづく)

 
ポスター.jpg
nice!(2) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(11)面白さ伝わる [撮影初日の思い出]

P1080169.jpg

 だから、主人公の真子ーしんこは、

書道なんて興味ない!」「嫌い!」

 という設定した。

 その子が少しずつ、書道の魅力を知って行く展開にするば、

 書道に興味のない人も、書道のことを知らない子でも、書道に偏見にある輩も、

 主人公と一緒にゼロから書道を知って行く、

 という体験をしてもらえる。すると・・

 「なるほど! 書道って結構、おもしろいよな!」

 と思ってもらえ

 書道の魅力。書道の持つテーマが伝わるのだ。

 だから、この種の作品の主人公は「書道が嫌い」ということ。

 大切なのである。

 今回の映画「青い青い空」では、学校では教えない

 書道の様々な知識が紹介される。

 映画を見た観客のみなさんはきっと、

 真子ーしんこ(相葉香凛)と共に、

 真子s.jpg

 「へーー、書道ってこんなふうだとは思わなかった! 」

「なかなか面白いなあ!」

 と思ってもらえるはずだ。

 (つづく)


ポスター.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(10)お説教ではいけない! [撮影初日の思い出]

_DCS0571.jpg

 今回の映画「青い青い空」の題材は書道

 その書道の魅力を通して、親子に大切なことを伝える。

 それがテーマ。

 教育映画等でよく失敗するのが、テーマを押し付けてしまう場合。

 「こんなに***は素晴らしい。***のようにあらねばならない!」

 それでは、お説教だ。

 若い観客は反発するだけ。

 今回の場合でいえば、書道に興味のない人が見ても

 「書道って面白そうだな〜」「へーーー知らなかったなあ」

 と思ってもらうことが大切。

 「書道は素晴らしいんだぞ!」

 というところからスタートしてはいけないのだ。

 
(つづく)


ポスター.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(9)野球ならok? [撮影初日の思い出]

P1130370.jpg

 もし、これが「書道大スキ!」ではなく

 野球大スキ!」という主人公ならOK。

 野球が好きな子供、たくさんいる。

 その子の気持ち。多くの人が理解できる。

 観客はすぐに共感し、感情移入。

 物語に入って行ける!

 ところが今の時代、書道はマイナーな分野。

 現在も書道人口は、激減の一途。

 僕の子供の頃のように、多くの子供が書道教室に通う時代ではない。

 書道に興味を持つ若い人は、残念ながら非常に少ない。

 そんな時代に、書道大スキな子が主人公だと

 「なんで、書道なんか好きなの?」「何がおもしろ訳?」

 と思われて、主人公に共感したり、感情移入をしてもらえない。

 単なる変人に思われる。

 変人が映画の中で、いくら書道の魅力を語っても、

 観客には伝わらないのだ。

 観客が主人公に共感してこそ、物語の世界に入れる。 

 だから、こう考えた!

 (つづく)


ポスター.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(8)なぜ、真子は書道が嫌いか? [撮影初日の思い出]

P1080169.jpg

 先に紹介した書道教室シーンのあらすじ。

 読んでいて、気づいただろうか?

 この映画「青い青い空」のテーマは

 「書道を通して、親子に伝える大切なこと」

 なのに、真子ーしんこ(演じるは、相葉香凛!)は日本の伝統大嫌いというキャラ。

 真子s.jpg

 「なんで主人公が書道嫌いなの?」

 と思った人もいるだろう。

 でも、そこが大事な点なのだ。

 この種の物語で失敗しがちなのが、書道の魅力を伝えるテーマだからと

 書道大スキという主人公が

 「書道の魅力を語る」というものにしがち。

 でも、一般の人に書道の良さを伝えることはできない。

 テレビショッピングなら、商品をひたすら褒め続けることも大切だが、

 映画は、それではいけない。

 その理由。説明する。

 (つづく)

ポスター.jpg

 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(7b)ストーリー紹介 [撮影初日の思い出]

_DSC0173.jpg

 この書道教室シーン。少し解説する。

 みさと(草刈麻有)に「書道部に入ろう!」と、誘われた真子ーしんこ(相葉香凛)

真子s.jpg

 学校の帰り道、書道教室を覗く。

 中では、生徒たちが真剣に書道練習。

 そこに、同級生のミチル(平沢いずみ)とデビー先生(ミシェル)もいる。

 _DCS0558.jpg

 でも、現代っ子で日本の伝統が大嫌いな真子には、

 書道は魅力のない、辛気くさいものに見えてしまう。

 物語が進むに連れて、真子も書道の知らなかった魅力に気づいて行くのだが

 このときはまだ、そこまで至らないという場面なのだ。

 (つづく)

ポスター.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(7)卓也の弟 [撮影初日の思い出]

_DCS0491.jpg

 さらに、もう一人。

 卓也(冨田佳輔)の弟、小学生の航太君だ。

 出番は明日だが、これも演出部の計らい。

 事前に撮影に来てもらい、少しでも現場に慣れておいてもらおう。

 という考えなのだ。

 写真は後ろから撮っているので、分かりにくいが

 撮影第2日目は彼がメイン俳優となるので

 その際に改めてご紹介する。

 先にトン子(田辺愛美)と三美子(橋本わかな)が

 「会いたーーーーい!」

 といったのがこの航太君。

 感想は? と聞くと

 「可愛ーーーーーーーい!」

 とのことだった。

 (つづく)

 
ポスター.jpg



nice!(2) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(6)卓也の友達 [撮影初日の思い出]

_DCS0551.jpg

 舞阪の書道教室シーン。

 他にも知った人がいた。

 書道部。唯一の男子部員となる卓也(冨田佳輔)の友人コンビ。

 浜松オーディションで選ばれた市民俳優・力也と貴男である。

 彼らも午前中の登校シーンに出演してくれたが、

 そのまま残って、このシーンにも出演。

 シナリオに彼らの出番はなかったのだが、これも演出部が考えて呼んでくれたのだ。

 せっかく、大きな役をもらったのだから、

 いろんなシーンに出して上げたい。という演出部の思い。

 そして、浜松は書道の町。

 今も多くの子供たちが、書道教室に通う。

 貴男と力也が通っていても、おかしくないのだ。

 そんな訳でこの2人も、書道教室シーンに登場。

 そして・・。

 (つづく)

ポスター.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:映画

初日の午後 書道教室ロケ(5)春山先生 [撮影初日の思い出]

_DCS0574.jpg

 まずは、春山(しゅんざん)先生。

 (写真左)

 今回の撮影で最も、幅広くお世話になった書家の先生。

 演出部が生徒役で、出てもらおうとお願いしたらしい。

 それとこの書道教室のシーン。

 師範の先生役の方。実際は書道経験者ではないので

 生徒の書を直す手元。それも春山先生にお願いしようというのだ。

 さらに、数日後に控えた学校の撮影。

 そのときに必要な書道部の看板も、春山先生にお願いする。

 (写真上は書道部看板。下書きの打ち合わせ)

 協賛金集めから、書道指導、さらにはお弁当の運搬まで
 
 本当に先生には、お世話になりました。感謝。

 その春山先生、出演の第1弾がこの日となった。

 (つづく)

 
ポスター.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 撮影初日の思い出 ブログトップ