So-net無料ブログ作成
伝えたいこと ブログトップ
前の10件 | -

「青い青い空」 [伝えたいこと]









ポスター.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(13)2年間取材! [伝えたいこと]

タイトル2.JPG

 2007年1月から2年間。 

 書道の取材をした 

 高校の書道部、大学の書道科、町の書道教室・・

 書道部員、書道を学ぶ人、

 書道を教える人、世界的に有名な書家

 書家、筆作り職人、紙すき職人、墨作り職人・・。

 東京、大阪、和歌山、四国、福岡、京都、福井・・・。

 今回の題材は書道だ。

 徹底的に取材。2年かけた!


 (つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(12)タイトルへの思い [伝えたいこと]

タイトル3.JPG

 タイトルは「書道♡ガールズ」。

  「書道」と「ガールズ」の間に、「♡」マークを入れた。

 堅苦しくなく、簡単に覚えられて、内容をズバリと伝えることができる。

 そして・・・。

 子供たちが興味を持てる、ポップなタイトルにした。

 が、中身は「子供たちへのメッセージ」を詰め込んだ真面目な物語。

 もちろん、いかにも教育映画!という堅苦しい話にはしない。

 笑って、ハラハラして、感動して泣ける。作品。

 その中に大切なメッセージを込める。

(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(11)タイトルを決めた! [伝えたいこと]

タイトル.JPG

 「書道」と聞くと、

 小学校や中学校の書道の時間。習字教室の経験。

 そんなことを思い出す人が多いだろう。

 でも、本当の「書道」というのは、そういうものではない。

 キレイな字を書くのが書道ではないのだ。

 だから、本当の書道を描くことで、子供たちに、

 そして親たちに伝えるべき「大切なもの」が見えてくる。

 今からほぼ3年前。2007年1月。

 僕は書道映画をスタート!

 タイトルは「書道♡ガールズ」に決めた!


 (つづく)




nice!(0) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(10)書道との出会い [伝えたいこと]

書道部員3.jpg

 次のテーマを探し続けた。

 「親と子に伝えるべき、大切なもの」

 「ストロベリーフィールズ」では幽霊ファンタジーという物語で、それを伝えた。

 では、次は何を題材にすればいいのか? どのようなメッセージが必要なのか?

 何年もかかり、ようやく見つけたのが「書道」である。


大字1.jpg

 その中に大きな「答え」があることを知った・・・。

 これだ! これが僕が探し続けていたものだ! 

 書道を通して大切なことを伝えれば、シンプルで分かりやすいメッセージが送れる!


(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(9ー終)各地で上映 [伝えたいこと]

IMG_4159.jpg

 6年かかって準備。完成した「ストロベリーフィールズ」

 1年に渡って各地で上映。東京、大阪、名古屋、福井・・・

 そしてカンヌ映画祭のフィルムマーケットでも特別上映された。

 学校や教育関係でも上映された。

34000323400031340002933999983400008

 いろんな町で、いろんな形で見てもらえた。

 しかし、思うことがある。

 子供たちはまだまだ大きな問題と直面している。

 時代は相変わらず、厳しい。次に僕が伝えるべきことは何か?

 その答え。長らく探し続け、書道の中に見つけた・・・・。

 混迷の時代。大人が子どもたちに伝えるべきことは何か?

 そして、親たちは時代とどう向き合い、進んでいくべきなのか?

 映画「書道♡ガールズ」で、それを伝えたい!

 

  ストロベリーフィールズ.png



(つづく)


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(8)「ストロベリー」の反響 [伝えたいこと]

互助会看板.JPG

 映画「ストロベリーフィールズ」を見た人から、手紙やメールが数多く送られ来た。

 僕のブログには、もの凄い数の書き込みがあった。

 「感動しました」「泣けました」という感そうだけでなく、

 「親のあり方」「子供への視点」「友達の大切さ」「命の問題」

 様々なことを綴った内容だった。

 (今もブログに「ストロベリー」のこと書いてくれる小学生もいます=>http://ameblo.jp/4609/day-20091111.html

看板作り.JPG


 そして、地元高校で教える先生。当時、こう言ってくれた。

 「『ストロベリーフィールズ』は教師と生徒。親と子が一緒に見て、一緒に話し合うべき映画です」

 そして、教職員組合のイベントで上映。本当に親と子。教師と生徒が一緒に「ストロベリー」を見てくれた。

 僕の思いが伝わったことを感じた。

 「親と子に伝えるべき大切なこと」

 そのテーマが受け止められたと思えた・・。


 その上映会の話。詳しくはこちらで=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2009-11-11

 (つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(7)「ストロベリー」のテーマ [伝えたいこと]

ストロベリーチラシss.jpg

 僕の前作映画「ストロベリーフィールズ」のテーマは「友達」。

 「どうすれば、本当の友達ができるのか?」

 「どうすれば、友情の絆を育むことができるのか?」

 そして・・・・

 「本当に自分の気持ちを理解し、助けてくれるのは、友達であること」

 そんな「思い」を物語にした。同時に親たちに対して・・・

 「子供の声が聞こえていますか?」 

 「子供の姿が見えていますか?」 

 「子供の思いを理解していますか?」 

 そんなメッセージを送った。

 映画公開後。大きな反響があった。

 
kiji203[1].jpgE8A898E4BA8Bs[1].jpgE8A898E4BA8BEFBC95[1].jpgE8A898E4BA8BEFBC94[1].jpg

(つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(6)ストロベリーフィールズ [伝えたいこと]

松竹座.jpg

 親が何を子供たちに伝えていいかわからない時代。

 僕のテーマは「子供たちに伝える大切なこと」だが、

 それ以上に親たちに「大切なこと」を伝えねばならない・・・と強く感じた。

 では、何を伝えればいいのか?

 今の時代。本当にこれをやればいいということはない。

 だから親の世代も悩んでいる。

 そんな中で、僕なりの思いを描いたのが

 前作「ストロベリーフィールズ」だ。

ストロベリーチラシss.jpg


 (つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画

伝えたいこと(5)親に伝えること [伝えたいこと]

 子供たちBW1.JPG

 確かに今の時代。これをしておけば、OKということはない。

 **をしておけば一生安泰ということはない。

 同時に気付いたことがある。

 当初、僕の映画のテーマは「子供たちに伝える大切なこと」だった。

 でも、その後、親の世代と交流を持つ内に気付いた。

 親たち自身が未来が見えなくなっている。

 今の時代を把握せず、子供たちを間違った方向に

 導こうとしているように思えた。

 子供たちを愛しているのに、歪めようとしている

そんな現状。見えてきた・・・・。

 (つづく)



nice!(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 伝えたいこと ブログトップ