So-net無料ブログ作成
別れの日 ブログトップ

さらば、真子、さよならみさと・・。 [別れの日]

P1140393.jpg

 午前9時半。

 出演者たちが発つ。

 見送るのは僕と美術部、製作部が1人。そして実行員会の代表。

 旅立つは相葉香凛、草刈麻有、橋本わかな、田辺愛美、平沢いずみ。

 そして、八代先生役の波岡一喜君だ。

 みんなみんな素敵な子たちだった。

 本当に、この子たちと映画が作れてよかった・・。

 真子であり、みさとであり、三美子であり、トン子であり、ミチルだった。

 最高の5人だ。

 ああ、忘れてはいけない。デビーを演じてくれたミッシェルもいる。

 一人一人と言葉を交わし、抱き合って別れを惜しんだ。

 涙がこぼれそうになる。最後の一人が波やん。

 「波岡君。ありがとう。波やんにお願いして本当によかった。最高だったよ」

 波岡君も笑顔。

 「こちらこそ、ありがとうございました!」

 前回の「ストロベリーフィールズ」では握手で別れたが、

 今回は、男同士で抱き合って別れを惜しんだ。

 俳優たち。バンに乗り込む。エンジンがかかり発進。

 さよなら、真子、みさと、三美子、トン子、ミチル。さよなら、八代先生。

 車が見えなくなるまで、手を振って見送った。

 (つづく)

nice!(3) 

思い出の品。 [別れの日]

P1170058.jpg

 美術部さん。制作した美術品を厳選。

 かなりの数を浜松に残して行く。

 通常なら捨てたり、燃やしたりしてしまうものだが、

 映画の記念品になるし、宣伝にも使えるからだ。

 真子が書いた書。

 みさとが買った雑誌。

 真子のお姉さんの婚約写真。

 真子やみさとたちの筆。

 書道部の看板。

 いろんなものがある。

 手に取ると、そのひとつ、ひとつに思い出がダブる。

 (つづく)


nice!(3) 

寄せ書き [別れの日]

P1170002.jpg

 スタッフで残っているのは

 膨大な美術品を片付けねばならない美術部さん。(写真上のお二人)

 あと、製作部が1人。そして僕。

 ガランとしたスタッフルームにいると、あまりにも寂しい。

 荷物を整理していると、(僕の荷物は客室ではなくスタッフルームにある)

 相葉香凛ら女優たちが、全員でやってきた。

 何かと思うと、シナリオの裏に寄せ書きをしているようで、

 僕にも一言書いてほしいというのだ。

 P1150998.jpg

 撮影最終日あたりから、皆がせっせと書いていたアレだ。

 ガールズたちは列を作り、僕は順にサイン。

 美術部さんに「何だか、監督のサイン会みたいね?」と言われる。

 その女優たちとも、間もなくお別れだ。
 
 (つづく)



nice!(3) 

さらば、素晴らしき活動屋たち(下) [別れの日]

P1150997.jpg

 俳優たちだけでなく、地元実行委員会の方々もお見送り。

 何だか、「七人の侍」のラストシーンのようだ。

 都で集められた侍たち。村を守り、野武士と戦い。

 平和を取り戻すと帰って行く。

 「勝ったのは我々ではない」

 勘兵衛の台詞が思い出される。

 浜松の人々と書道ガールズたちに見送られて、

 ロケバスは東京に向かって出発した。

 (つづく)




nice!(2) 

さらば、素晴らしき活動屋たち(上) [別れの日]

 P1150990.jpg

 荷物と機材の積み込みが終わり、最後の挨拶。

 各パートの技師、そして助手の1人1人と握手。

 「長い間、本当にありがとう!」

 心から感謝。泣きそうになる・・。

 こんなとき、いつもは1人2人は

 「二度と仕事しないからな!」

 と思う奴がいるものだが、

 今回は皆、素敵な活動屋さんばかり。本当に助けられた。

 そこに女優グループがやってきた。

 朝早い時間なのに、お世話になったスタッフを見送ろうというだ。

 (つづく)





 
nice!(2) 

さよなら、仲間たち [別れの日]

P1150987.jpg

 午前7時半。ホテル前。

 各パートが機材や荷物を積み込む。

 いよいよ、お別れだ。

 通常はスタッフ&キャスト。みんな一緒に発つ。

 或は俳優たちが先に発つことが多い。

 が、今回はスタッフが7時半。俳優部が9時である。

 (つづく)
nice!(2) 

田辺愛美が新聞記事に! [別れの日]

P1170093.jpg

 これは昨日の新聞だが、

 トン子役の田辺愛美が記事になった。浜松出身。

 主人公の1人。書道の達人(?)の役。

 もともと、舞台演劇で活躍していたが、

 妻夫木聡とのCMなどでも話題を呼んだ。

 浜松をアピールするためにも

 ぜひ、トン子を、やらまいか大使に起用して上げてほしい。

 (つづく)



nice!(2) 

新聞に撮影終了の記事 [別れの日]

P1170052.jpg

 地元新聞に撮影終了の記事が出た。

 僕もその際に取材を受けた。

 そのときに、こんな話をする。

 これまでの記事を読んでいると、東京の映画会社が浜松でロケした

 という感じの文章が多い。

 でも、今回は浜松市民が中心となり、製作費を集め、

 子供たちに伝える大切なことをテーマに作る映画。

 東京の企業が地方ロケした作品ではない。

 だから、通常の映画のように監督や俳優の話を取り上げるより、

 ぜひ、地元で活躍した委員会のメンバーや

 ボランティアで参加した大学生、出演した高校生の話

 取り上げてほしい。そう思って、地元の方々の活躍を話した。

 その記者さん。なかなか素敵な方で、そんな記事を書いてくれた。

 ありがとうございます。

 必ず、日本中に届く作品になるはずだ。

 (つづく)



nice!(2) 

最後の朝食 [別れの日]

P1150986.jpg

 朝ご飯。今朝はおにぎりではなく、

 宿舎であるホテルの朝食。

 豪華バイキング!

 さまざまな料理が並ぶのを自由に取れる。

 うれしい思いもあるが、これが皆と食べる最後の朝食。

 やはり、寂しいものがある。

 スタッフ&キャストは帰京するが、僕は残ってあと片付けと挨拶まわり。

 まだまだ、体力が必要。思いっきり食べる。

 写真下が僕がとった朝食。その下が他のスタッフ。

 P1170062.jpg
 P1170063.jpg

(つづく)


nice!(2) 

別れの朝 [別れの日]

P1150075.jpg

 クランクアップ翌日。

 別れの朝がやってきた。

 本日、午前7時半にスタッフが宿舎を発つ。

 本当の別れが始まる・・。

 (つづく)


nice!(1) 
別れの日 ブログトップ