So-net無料ブログ作成
製作開始! ブログトップ
前の10件 | -

ロケ地の条件?(7)映画が町をPR! [製作開始!]

青空.JPG

 2007年 春

 先にも書いたが、現在、自治体による映画ロケ誘致が盛ん。

 日本中の自治体が必死にロケ地誘致を行っている

 大林監督の「尾道シリーズ」を始め、映画の撮影をしたことで

 ロケ地が有名になり、多くの観光客が訪れるからだ。

 フィルコミが無料で様々なお手伝いをしても、

 その何百倍も町のPR効果が上がる。

 長野県。その対費用効果が50億円になったと聞く。

 だから、自治体はフィルコミを組織。

 力を入れているのである。

 P1010630.jpg

 ただ、そんな時代でも、

 フィルコミに電話すると、なぜか市役所の観光課!につながり

 職員がいやいや対応。やる気ゼロ。

 ということもある。

 フィルコミを新たに作るのではなく、

 観光課にフィルコミの仕事を負担させているのである。

 職員たちの自発的なものではなく、上から命じられて担当している、

 だから”町をアピールしよう!”という意欲がない

 面倒な仕事が増えた・・と思っていることも多い。

 当然、問い合わせにはお役所的な対応。

 そんな町で映画を撮っても協力は見込めない・・。

 その手の町。意外にある。

 今回の町・・・どうなのだろうか?

 (つづく)

  
aoi_h1_0121_ol-6874c-fe4c3.jpg

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「天まであがれ!!」ロケ地めぐりの旅 2007年2月 [製作開始!]

すみたや.jpg


 浜松で「天まであがれ!!」を見たあと。町を歩いた。

 よし! ロケ地を探してみよう。

 といっても、尾道のようなロケ地MAPはない。

 とにかく歩きまわって探す。発見第1号。

 佐津川愛美演じる楓ちゃんが、憧れの先輩に会う店。

 浜松まつりの道具や法被を売っているお店。

 中に入ってみる。映画と全く同じで感激!

 ここでさっちゃんが撮影したのか・・・と思うと不思議な気持ち。

 佐津川さん。僕の監督作「ストロベリーフィールズ」で主演デビューを果たした。

 その後、大活躍。娘ががんばっているように思え、応援している。

 その現場のひとつに来れたのは、うれしいことだ。

 法被。買って、着て帰ろうか? と考えたが、一緒に来た友人が

 「それだけはやめてほしい・:・・」

 と言われ断念。

 背中に竜の刺繍の入った真っ赤な法被を着て、新幹線に乗りたかったのに・・。

_m_T-OTA[1].png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

佐津川愛美・主演「天まであがれ!!」(下)(2007/02/11) [製作開始!]

天まであがれ チラシ.jpg

 僕の前作「ストロベリーフィールズ」で、主人公・夏美を演じてくれた我らが佐津川愛美 

 「天まであがれ!!」での役どころは高校生。吹奏楽部でトランペットを担当している。

 そういえば、だいぶん前のさっちゃんのブログで、トランペットを吹く写真があった。

 頑張り屋の佐津川のことだから、吹き替えにせず、自分でも練習したのだと思える。
 
 そして、さっちゃんが凄いのは毎回、キャラを変えて演じていること。

 通常、俳優というのは役が変わっても、同じスタイルの演技をすることが多い。
 
 アメリカでいえばキアヌ・リーブス。「マトリックス」でも最近の「コンスタンティン」でも、どちらもキアヌ・リーブス。

 ロバート・デ・ニーロのように毎回、違うキャラを演じる俳優は少ない。

 なのに佐津川は全くの別人だったり、似ていても微妙に違うキャラも演じ分ける。
 
 僕が監督した「ストロベリーフィールズ」では気の弱い、孤独な女子高生。

     ストロベリーチラシss.jpg

 「天まであがれ!!」は、勝ち気で行動的なお姉さん。

 「ブレスト」は英語もできる品のある優等生。

 「トゥルーラブ」ではおしゃまな運動部員。

 同じ行動的なキャラでも、微妙に違うのである。 そのことを一度、本人に聞いたことがある。

 佐津川は演じるときの方法論を真剣に説明くれた。

 役作りの計算があること。そして、自分のキャラをどう演じるか?だけではない。

 まわりのキャラも考えて、それぞれが立つように考えていると話してくれた。

 なるほど・・・やはり、そうだよなあ・・。さすが佐津川と思ったものだ。

 だから佐津川愛美を「日本のジョディ・フォスター」と、僕は呼ぶ。

 そんなさっちゃんの好演した「天まであがれ!!」。

 「友情」と「親子の絆」を描いた心温まるもの。

 何より作った人たちの愛情を感じる。素敵な映画だった。

 浜松まで見に行ってよかった・・。

(「天まであがれ!!」東京はこの夏ー2007年ーに公開です!)


 _m_T-OTA[1].png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

佐津川愛美・主演「天まであがれ!!」(中)2007年2月11日 [製作開始!]

20070211042.jpg
 
 「天まであがれ!!」の物語の舞台は、浜松。

 転校してきた小学生の男の子は、パイロットである父を亡くしていた。

 そのため佐津川愛美扮する親戚の楓ちゃんの家で、母共々に世話になっている。

 天まであがれ チラシ.jpg

 転校早々。地元小学生と衝突。凧上げ対決となる。

 そこで加勢してくれたのが凧造りの名人(宍戸錠)と、楓ちゃん(愛美ちゃんです)。

 笑いあり、涙ありの家族ムービーになっている。
 
 一番の注目はやはり佐津川。さすが日本のジョディ・フォスターと思わせるシーンが何度もあった。

(つづく)


_m_T-OTA[1].png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

佐津川愛美・主演「天まであがれ!!」(上)2007年2月11日 [製作開始!]

町づくりセンター.jpg

 ある映画が浜松市で、特別上映されることを知る。

 市民グループによる公共施設での上映だが、前々から見たかった映画。行くとこにした。

 タイトルは「天まであがれ!!」出演は佐津川愛美! 

 そう、僕の監督作「ストロベリーフィールズ」の主演を務めてくれた佐津川が、すぐあとに出演した映画である。
 
 それだけでなくスタッフも、「太田組」のメンバーが何人もいる!

 ラインプロデュサー、チーフ助監督、製作部・・。

 そんな彼らを訪ねて「天まで」のスタッフルームに行ったこともある。

 いろんな機会に話を聞いていたので、完成。公開を楽しみにしていた。

 「ストロベリーフィールズ」の試写会に佐津川が来た日も、そのあと「天まであがれ!!」のアフレコがあると話していた。

 そう、そのときに佐津川から次の作品が決まったとも聞いた。テレビドラマの「ギャルサー」。そんな話をしたのが、ちょうど去年(2006年)の今頃だった・・。
 
 が、残念ながら東京での上映は未だにない。(2007年2月現在)

 DVDにもなっていないので、どこかで見るチャンスはないかと思っていた。

 ら、たまたま浜松で特別上映されると知る。新幹線で見に行った!

(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ地の条件?(8-終)愛と理解  [製作開始!]

美しい町.JPG

 形だけのフィルム・コミッション。

 そんな町で撮影すると、いろんな意味で問題が起こる。

 ロケ地を選ぶ上で必要なもの・・・

 映画に対する「理解」。題材に対する「愛」

 いずれにしても「愛」がない街では、撮影できない。

 本当に書道が盛んなのか? 

 そこに「愛」はあるのか?

 理解はあるのか?

 自分の目で、確かめること。大切・・・。


_m_T-OTA-f299e-008cd.png

nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ地の条件?(7)映画が町をPR! [製作開始!]

青空.JPG

 先にも書いたが、現在、自治体による映画ロケ誘致が盛ん。

 日本中の自治体が必死にロケ地誘致を行っている

 大林監督の「尾道シリーズ」を始め、映画の撮影をしたことで

 ロケ地が有名になり、多くの観光客が訪れるからだ。

 フィルコミが無料で様々なお手伝いをしても、その何百倍も町のPR効果が上がる。

 長野県。その対費用効果が50億円になったと聞く。

 だから、自治体はフィルコミを組織。力を入れているのである。

 ただ、そんな時代でも、上からの指示を受けただけ。

 形だけのフィルコミしか持たない町もある。

 

 (つづく)

  



nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ地の条件?(6)フィルムコミッション [製作開始!]

撮影場所.JPG

 今回の映画、撮影をする街の条件。

 題材の書道が盛んなこと・・・が、まずひとつ。

 そして、やはり映画なので絵になる風景があるか? 大事。

 また、映画に対する理解もないと難しい。

 それを確かめるため、映画人はまずフィルムコミッションにコンタクトする。

 通称・フィルコミ。映画が好きな人が集まり、映画撮影を応援する団体。

 ロケ場所の紹介、手配。エキストラ集め、警察、消防への連絡。

 その他、いろんな面で撮影隊を応援。無料でバックアップしてくれる。

 映画作りに精通した人々の集まり。
 
 そんなフィルコミに連絡してみると、その街の映画への理解度が分かる・・・。


(つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ地の条件?(5)本命はすぐ近所? [製作開始!]

P1070270.jpg


 映画を撮影するにふさわしい街を探していた。

 何人もの書家の先生たち。書道の盛んな街を教えてくれた。

 皆、同じ町だった。

 しかし、第2、第3の条件もある。

 先にも書いたが、あまり東京から遠いと交通費が大変。

 地方ロケは経費が大変・・・あまり遠くない方がいい。

 幸い、その町は東京からさほど遠い距離ではなかった。

 少なくても飛行機に乗る必要はない。

(つづく)




nice!(0) 
共通テーマ:映画

ロケ地の条件?(4)書道が盛んな町 [製作開始!]

街.JPG

 その題材となるものを愛する街。

 そう考えると、今回の題材は「書道」。

 書道を愛する街。書道が盛んな街。書道人口が多い街。

 というのが大切。

 ここしばらく、お世話になった書家の先生方お聞きした。

 書道のさかんな街。上げてくれた・・・・・。

 
 (つづく) 



nice!(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 製作開始! ブログトップ