So-net無料ブログ作成
撮影15日目/職員室殴り込み ブログトップ
前の10件 | -

職員室シーンの撮影(5ー終)編集 [撮影15日目/職員室殴り込み]

_DCS5334.jpg 

 このシーンの編集時に大切なこと。

 真子(相葉香凛)や浜田先生(塩見三省)の対決。

 そのカットとカットの合間に、挿入される先生たちの反応。

 これが大切!

 先生たちがただ見ているだけでは、盛り上がらない。

 驚いた顔の映像を入れることで

 「真子が衝撃的な発言をしたんだな?」

 「知らない事実が暴露されたんだな?」

 ということも伝わる。

 その意味で上杉先生はとても、いいリアクションをしてくれていた。

 結果、職員室のシーン。

 上杉先生の寄り絵。何度も使わせて貰うこととなりそう。

 時代劇でいうと分かりやすい

 主人公がカッコいいだけではいけない。

 切られ役の俳優がうまくないと、主人公のカッコよさも出ないのだ。

 今回も同じ。主人公の真子たちは素晴らしかった。

 それをより一層盛り上げてくれたのは

 上杉先生ら脇を固めた一般からの出演者たち。

 映画って、みんなの力を結集すること本当に大切。

 それを象徴するのが、この職員室のシーンである。

 本日も夕方には終了。

 P1110385.jpg


 (つづく)

 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

職員室シーンの撮影(4)別撮り [撮影15日目/職員室殴り込み]

_DSC3147.jpg

 ただ、芝居を通しで撮影すれば、

 真子(相葉香凛)や浜田先生(塩見三省)の台詞を聞いて

 「今、驚かないといけない!」とか「ここで首を傾げよう」

 と、いうリアクションができる。

 でも、先生たちの反応は全ての芝居が終了してから、まとめて撮っている。

 一応、あるシーンを想定。

 助監督がその部分の台詞を読む、

 それだけで反応するのはむずかしい。

 ところが、上杉先生。

 その中で、実に見事なリアクションを見せていた。

 驚くところは目を見開き。

 疑問を感じると首を傾げる。

 しっかりと演じてくれた。

 それは編集の際、とても助かる。

 (つづく)

 ポスター.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

職員室シーンの撮影(3)それぞれのリアクション [撮影15日目/職員室殴り込み]

_DSC3081.jpg

 グループによって先生たちの演技。違って来る。

 浜田先生(塩見三省)グループだと、職員室に殴り込んできた真子(相葉香凛)たちを

 「何を考えている! けしからん」

 という顔で見つめる。

 八代先生グループは

 最初は驚くけど、真子たちを応援、擁護する。

 中立グループは

 「何だか、よく分からないけど、また、浜田先生と八代先生が揉めているな。

 関わらないように、離れて様子を見よう・・」

 と考える。

 _DCS5292.jpg

 それぞれのグループによって、リアクションが違ってくる。

 この中で一番難しいのは、実は中立グループ。

上杉先生のいる派閥。

 最初は「巻き込まれないように、離れて様子を見よう」と

 思っているのだけど、真子やみさとの言葉から

 浜田先生が良からぬ裏工作をしていることが分かってくる。

 「えっ? それはマズいでしょう?」

 やがて、真子たちの思いを理解する。というもの。

 その中立グループの代表が上杉先生。

 なかなか、むずかしい役だ。

 (つづく)

 ポスター.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

職員室シーンの撮影(2)先生たちの派閥 [撮影15日目/職員室殴り込み]

_DSC3835.jpg

 実は浜松第二高校の職員室は、

 「浜田先生派」と「八代先生応援派」に分かれているという設定だ。

 浜田先生(塩見三省)は考え方は古いけど政治力もあり、PTAに人気がある。

 校長にも強く言える立場だ。
 
 そんな彼を支持する教師たちが、守旧派。

 それに対して「新しい形で子供たちにアプローチしよう!」

 という八代先生(波岡一喜)を支持する先生たちもいる。

 _DSC1683.jpg

 いわゆる改革派。

 デビー先生(ミシェル)、友倉先生、石原先生が八代支持グループ。

 その2つとは別に「どちらに着こうか?」

 或いは「どちらかに着いて、トラブルに巻き込まれるので嫌だな」

 という、先生たちを中立グループとした。

 職員室には、そんな3つの派閥があるという設定。

 上杉先生には中立グループに入ってもらった。

 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

職員室シーンの撮影(1)最も難しかった場面 [撮影15日目/職員室殴り込み]

_DCS5568.jpg

 職員室のシーン。最も難しい撮影のひとつだった。

 出演者も多かった!

 職員室に殴り込む真子(相葉香凛)グループが6人。

 それを迎え打つ浜田先生(塩見三省)に赤山先生。

 そして八代先生(波岡一喜)。

 さらに校長先生に真子のおかあさん。その他に俳優が演じる先生と

 オールスターキャスト!

 加えて、地元エキストラの方々。30人以上の出演者!

 _DSC3550.jpg

 もう、舞台演劇のクライマックスのように

 ステージに全員が上がってのバトルシーンと言える。

 中でも大変なのは、

 真子たちVS浜田先生の戦いを、見つめる先生役の方々。

 ほとんどが地元の方で演劇経験なし。

 台詞はないけど、リアクションがとても大切。

 それが駄目だと物語が盛り上がらないで終わる可能性もある。

 超むずかしい!!

 そんな中、遠く和歌山から参加してくれたのが小玉虫パパ。

 _DCS5292_2_2.jpgIMG_4108_2.jpg

 弁慶祭等で何度も舞台に上がり、お芝居をした経験あり。

 それを見込んで「上杉先生」という役をお願いした。

 ちゃんと担当学科もあり、

 キャラ設定もある。が、

 それを説明する前に、まず、

 浜松第二高校、職員室の秘密から書いてみる!

 (つづく)

 ポスター.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:映画

クライマックス パート1? [撮影15日目/職員室殴り込み]

クライマックス1.JPG

 今回の作品では2度!クライマックスがある。

 その1度目のシーンを撮影中!

 さて、何が起こっているのか?

 _DCS5637.jpg

  _DSC3722.jpg

(つづく)

nice!(2) 
共通テーマ:映画

差し入れシリーズ2 北海道の名菓 [撮影15日目/職員室殴り込み]

P1150005.jpg

 北海道からエキストラ出演に来てくれた。

 森嶋さんからの差し入れ。

 北海道の名菓!

 大人気で、すぐに売り切れてしまった。

 (つづく)


nice!(2) 
共通テーマ:映画

差し入れシリーズ1 あげまんじゅう [撮影15日目/職員室殴り込み]

P1150004.jpg

 本日の差し入れを紹介。

 まずは、メイクのミーコさんから。

 あげまんじゅうです。

 (つづく)


nice!(3) 
共通テーマ:映画

職員室ロケ! [撮影15日目/職員室殴り込み]

職員室.JPG

 職員室で撮影。

 このスチールはどんなシーンなのか?

 谷村美月の出演した「私たちの教科書」のポスターに似ている?

 んー、

 このシーンを説明するのむずかしい。

 とにかく、真子(相葉香凛)とみさと(草刈麻有)たちが

 かっとびます!

 _DCS5568.jpg

  真子(相葉香凛)みさと(草刈麻有)たちが職員室に乗り込む!

 _DSC3550.jpg

 _DSC3544.jpg

 _DSC3473.jpg

 
(つづく)


nice!(1) 
共通テーマ:映画

先生たち [撮影15日目/職員室殴り込み]

教師たち.JPG

 先生役はプロの役者さんだけでなく、

 地元浜松の方。

 遠く和歌山から来てくれたエキストラの方もいる。


つづく)
nice!(2) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 撮影15日目/職員室殴り込み ブログトップ