So-net無料ブログ作成
撮影21日目/道具屋&お寺 ブログトップ
前の10件 | -

号泣。 [撮影21日目/道具屋&お寺]

P1150795.jpg

 演出部チーフが続ける。

 「以上を持ちまして、真子役の相葉香凛さん。

 みさと役の草刈麻有さん。三美子役の橋本わかなさん。トン子役の田辺愛美さん。
 
 そして、八代先生役の波岡一喜さん。全編終了です!」

 スタッフ全員から拍手が起こる。

 すでに出番を終えたミチル役の平沢いずみと、デビー先生役のミッシェルも来ている。

 花束贈呈。女優陣には演出部から。波岡君には女性スタッフから。

 相葉香凛や草刈麻有たち。

 さっきまで芝居で泣いていたのに、また号泣している。

 _D7H3185.jpg

  _D7H3166.jpg

 _D7H3135.jpg

 涙をこぼすではない。号泣。

 本当によくやった。最後まで素晴らしかった。
 
 真子、みさと、三美子、トン子。そしてミチル。

 本当によくがんばった。

(つづく)

 


nice!(1) 
共通テーマ:映画

最後のシーンもOK。 [撮影21日目/道具屋&お寺]

_D7H3034.jpg

 「よーーい、スタート!」

 波岡一喜君の長台詞の場面。

 _D3S3544.jpg

 予想通りに彼は、一度も台詞を間違えず、素晴らしい芝居を見せてくれた。

 _D3S3563.jpg

 相葉香凛演じる真子たちも、全員がボロボロに泣いている。

 _D7H3053.jpg

  _D7H3058.jpg

 「カッーーーーーーート!」

 Aカメラ、Bカメラの映像はモニターで見ていたが、Cカメだけはモニターがない。

 カメラマンにプレイバックをしてもらい確認。

 映像も、芝居も文句なしだった。

 「よし、OK・・・」

 演出部チーフが聞く。

 「このシーン。全て埋まりということでいいですね?」

 つまり、これで撮影終了ということなのだ。

 「はい」

 夜のシーンなので、昼間だが室内は暗い。スタッフ総出で雨戸を開けた。

 そして・・。

(つづく)


nice!(2) 
共通テーマ:映画

さよなら、真子。さよなら、みさと。(下) [撮影21日目/道具屋&お寺]

P1140695.jpg
 
 僕ら映画スタッフ。撮影をしたというより、

 真子やみさとの世界にやってきたのだ。

 真子の家にお邪魔して、両親に会い。

 学校にも同行、浜田先生を知る。

 舘山寺の書道合宿にも参加した。

 真子やみさとたちと、行動を共にし、

 「笑い」や「涙」を共にした、と言った方がいい。

 書道部で三美子やトン子。そしてミチルと出会い。

 その「喜び」や「悲しみ」も、一緒にわかちあった。

 そこで、彼女たちの青春を見つめ、心からの声援を送った。

 そして真子も、みさとも、他のみんなも。大きな成長を遂げた。

 でも、もう撮影が終わる。僕らは現実の世界に帰らねばならない。

 俳優たちとは、またいつか会うこともあるだろう。

 でも、真子とも、みさととも、もう会うことはない。

 三美子とも、トン子とも、ミチルとも、再会することはない。

 映画の中の世界から、僕らは「現実の世界」に帰らねばならないのだ。

 3年がかりで育てて来た、子供たちとのお別れ・・。

 照明部から声がかかる。準備が、出来たようだ。

 いよいよ、最後の撮影が始まる。

 別れのラストカット。本番・・。

 「よーい! スタート!」

(つづく)


nice!(3) 
共通テーマ:映画

さよなら、真子。さよなら、みさと。(上) [撮影21日目/道具屋&お寺]


_DCS6145.jpg

 スタートは3年前。2007年。その年にシナリオを書いた。

 真子、みさと、三美子、トン子、ミチル。

 5人の書道部員キャラを作った。でも、それは紙の上に書かれた文字だけの存在。

 でも、その子たちが年月と共に、どんどんと成長して行った。

よく出来たキャラクターは作家の言うことを聞かない。

 わがままを言ったり、主張し、暴れだした。

 それぞれが個性を持ち、育って行った。

 1年に渡った浜松のロケハン。

 真子の家はどこ? トン子はどこで練習するの?

 三美子が叫ぶ土手はどこ? みさとが自転車を走らせる場所は?

 ミチルが書を破る場所は? 卓也がミチルと会うのは?

 c7.jpgc8.jpgc1.jpgc6.jpg

 それらの場所が決まり、俳優たちが決まる。

 そこにはもう作り物でない。浜松で生まれ育った真子やみさとたちがいた。

 学校で勉強し、お好み焼きに寄り道し、お寺の先生を訪ねる。

 映画撮影を超えて、そこには真子たちの世界があった。

 この3週間。僕らはその世界を訪ね、真子やみさとの成長を見つめたのだ・・・。

 
(つづく)


nice!(3) 
共通テーマ:映画

いよいよ本番! [撮影21日目/道具屋&お寺]

P1150934.jpg

 モニターは隣の部屋に置かれた。

 そこで芝居をする俳優たちを画面を通して見る。

 照明の最終的な直しに入る。

 それが終われば、撮影スタート。10分ほどで終わるはずだ。

 やはり、寂しい。ふと見ると、持ち道具のモッチーがいる。

 「もっちー。ヤバいよ。このままじゃ撮影終わっちゃうよ」
 
 「そうですね。寂しいですね」

 「モッチー。何か小道具を忘れてきました。

今から宿舎に取りに行ってきます!とか言って?」

 「やですよ。次の仕事に差し支えますから」

 「じゃあ、僕が急に***がほしいとか言い出すから、

今から宿舎まで取りに行ってきます!というのはどう?」

 「駄目です!」

 「そうだよね」

 でも、今回の撮影。終了するのが寂しい。

 それほどに楽しく、愛おしいものとなった。

 _D7H3034.jpg

(つづく)


 



nice!(3) 
共通テーマ:映画

寂しい気持ち [撮影21日目/道具屋&お寺]

P1150950.jpg

 撮影部、照明部の準備は続く。

 カット数にすると、20カット以上。

 通常で考えれば、3時間以上かかる撮影。

 でも、カメラ3台で一気に撮る。

 そして波岡君のこと。シナリオ3ページ以上の台詞も、

 1度も間違わず、1回でOKを出すだろう。

 真子(相葉香凛)みさと(草刈麻有)たちも気合い十分。

 腕時計を見ると、午後3時。

 撮影を始めれば30分ほどで、本日の撮影は終了となる。

 いつもなら「早めに終わった!」と喜ぶところだが、

 今日はクランクアップの日。この撮影が終わると、全て終了なのだ。
 
 いつもなら、何週間にも渡る長い長い撮影が終わることは、うれしいこと。

 でも、撮影が終わること・・・とても、寂しい。

 もう1日、あと2日。撮影していたいくらいだ。

 真子、みさと、三美子、トン子、ミチル。八代先生。

 そして、素晴らしいスタッフのみんなと、もう少し撮影していたい。

 こんなことは初めて・・。でも、その撮影も、いよいよ終わりを迎える。

(つづく)




nice!(3) 
共通テーマ:映画

波岡君の長台詞 [撮影21日目/道具屋&お寺]

P1150924.jpg


 波岡一喜君。長台詞がとても多い。

 シナリオ1ページ分の台詞があったりする。

 覚えるだけでも本当に大変。彼は時間さえあれば、1人になり

 台詞を声を出して練習していた。

 「台詞が多い!!」

 と、ときどき叫んでいた。すまない。僕が書いたんだ・・。

 でも、今回は波岡君の言葉で、若い人たちに大切なことを伝える。

 とっても、とっても、重要なのだ。ある意味で金八先生の役割。

 「でも、金八先生ほどじゃないだろ?」

 「武田鉄矢さんって凄いなあ・・と改めて思いましたよ」

 そんなことをいいながら、波岡君。本番になると絶対に間違わない。

 心に伝わる言葉にしてくれる。

 そして今日、最後のシーン。シナリオのページ3〜4ページ分の台詞。

 その撮影が間もなく始まる。

 _D3S3498.jpg

 (つづく)


タグ:波岡一喜
nice!(2) 
共通テーマ:映画

3台のハイビジョンカメラで撮影 [撮影21日目/道具屋&お寺]

P1150948.jpg

 最後のシーン。

 雨のに打たれた真子(相葉香凛)とみさと(草刈麻有)ら書道ガールズたち。

 八代先生(波岡一喜)の下宿を訪ねるシーン。

 最後の1シーンだが、

 1シーンといっても、その中でいくつものカットに分かれる。

 出演者だけでも、真子、みさと、三美子(橋本わかな)、トン子(田辺愛美)

 そして八代先生と、5人もいる。

 それぞれのアップを撮るだけでも、何カットも必要。

 だが、ここで太田組式撮影を選択。

 3台のハイビジョンカメラで一気に撮影する。

 P1150935.jpg

 P1150940.jpg

 (つづく)



nice!(1) 
共通テーマ:映画

あと1シーン! [撮影21日目/道具屋&お寺]

P1150801.jpg

 シナリオの最後のページを見る。

 撮影が終わったシーンから、バツをつけている。

 昨日のシーンと、本日午前中に撮影したシーン。

 それを除くと、あと1シーンだ。

 (つづく)


nice!(1) 
共通テーマ:映画

俳優たちの控え室 [撮影21日目/道具屋&お寺]

P1150689.jpg

 照明のセッティングに時間がかかるので

 俳優たちの様子を見に、控え室へ。

 お寺の一角の部屋をお借りして、控え室にしてある。

 中では、真子(相葉香凛)みさと(草刈麻有)三美子(橋本わかな)の3人

 次のシーンのために集中しようとしている。

 かなり、難しいシーンなのだ。

 その手前。すでに撮影が終了したミチル(平沢いずみ)とデビー(ミッシェル)。

 「へへへ、見学者でーす!」

 とか言ってる。

 テーブルの上を見ると、台本。その裏表紙に寄せ書きの途中。

 そう。本日が最後の撮影。
 
 俳優たちはそれぞれのシナリオの裏に、寄せ書きを始めているのだ。

P1150941_2.jpg

 今、照明をセッティングしているシーン。

 それが最後の最後の撮影である。

(つづく)








 
nice!(2) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 撮影21日目/道具屋&お寺 ブログトップ