So-net無料ブログ作成
検索選択
立ち稽古 ブログトップ

立ち稽古/リハーサル10 食われる! [立ち稽古]

立ち稽古4.jpg

 そんな才気溢れる若手たちで、立ち稽古。

 だが、太田組の芝居はなかなか大変。

 普通なら、Aさんの見せ場はAさんがクローズアップされて、

 Aさんが映える。自分のペースで演じれば、OKだ。

 ところが僕の脚本で、演出だと大変。

 Aさんの見せ場でも、気を抜くと、Bさんが盛り上がり、Aさんを食ってしまう

 という状況が平気で生まれる。

 例えAさんが数多くの台詞があったとしても、

 台詞1行のBさんが、全て持って行ってしまう!ということもありえる。

 さあ、どうなるのか?

 今回の立ち稽古はここまで。

 (つづく)

 

 





nice!(1) 
共通テーマ:映画

立ち稽古/リハーサル3 [立ち稽古]

立ち稽古3.jpg

 浜松映画書道ガールズ」の立ち稽古。

 シナリオのシーン順に稽古を進めていた。
 
 が、途中で問題点が分かった子は、その部分を集中的に特訓。

 ミチル役の平沢いずみ。

 英語の台詞が多い。なかなか、大変。

 おまけに監督(僕ですが・・)アメリカ大学に行っていた人なので

 英語には特にうるさい。

 でも、ミチルは必死に勉強。その部分を繰り返し練習する。

 テレビドラマ等を見ていると、英語が話せる役なのに、明らかに台詞を

 丸暗記しただけ!という俳優がいる。

 聞いていて、何を言っているか?分からない。

 やはり、リズムやイントネーションが英語では大切。

 自分の作品では、それらを大切にしたい。

 がんばり屋の平沢なら、きっとやってくれるはず。

 期待している。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち稽古/リハーサル2 [立ち稽古]

立ち稽古2.jpg

 立ち稽古といっても、全て立ったままではない。

 喫茶店のシーンでは、実際に向かい合って座り、台詞を言う。

 コーヒーを飲む真似をして、リアリティを掴む。

 この日はシナリオの頭から、練習。

 僕が流れや位置関係を説明。

 この場にいない俳優の台詞は、演出部が担当した。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

立ち稽古/リハーサル [立ち稽古]

立ち稽古1.jpg

 書道部役の若手俳優が集まり、

 立ち稽古を行う。

 前回の「本読み」は、座ったままシナリオを読むもの。

 今回は文字通り、立って稽古をする。

 シナリオを片手に動いてみる。

 覚えた台詞はシナリオを見ずに言う。

 動きながらの台詞は、椅子に座って話すのとまた違う。

 そうやって少しずつ、リアリティを掴み、

 芝居を完成させて行くのである。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画
立ち稽古 ブログトップ