So-net無料ブログ作成
本読み ブログトップ

会場の拍手が聞こえてくる [本読み]

海と4人(ひき2.jpg

 クライマックスは

 書のデモンストレーション大会。

 真子(相葉香凛)、みさと(草刈麻有)ら書道部が出場する。

 その場面、実際に大字を書くわけではないのに、

 台詞を聞いていると、もう、会場にいるとしか思えない臨場感が盛り上がる。

 誰もがステージに立ち、大きな筆を振るっているようだった。

 スタッフルームにいるのに、会場からの拍手が聞こえてくるようだった。

 本読みを超えていた。

 もう、そこには浜松映画「書道♡ガールズ」の世界が出来上がっていると思えた。


(つづく)






nice!(0) 
共通テーマ:映画

波岡一喜君の台詞に涙・・ [本読み]

 物語がさらに進み、

 波岡一喜君の長台詞のシーンに来る。

波岡一~1s.JPG

 ここは、本当に凄かった・・・。

 彼の台詞のひとつひとつが、心に染みる。

 その優しさに、感動が込み上げ
 
 涙が溢れてくる。

 若手俳優たちは、その台詞に皆、涙。

 僕も、泣きそうになった。

 そして、クライマックスシーンに突入だ。

 (つづく)



 
タグ:波岡一喜
nice!(1) 
共通テーマ:映画

俳優たち。涙目でシナリオを読む [本読み]

 本読みの後半戦に入る。

 この辺から物語は悲しい展開をする。

 それに連れ、若き俳優たち。涙声になって行く。

 目が赤くなり、涙目になる。

 涙を流すシーンがあるのだが、

 真子役の相葉香凛は、そのシーンの前にもう泣いていた。

 もの凄く繊細な感受性を持っているのだ。

相葉香~1ssss.JPG

 他の子たちも同じ。通常、本読みで、こんなことはありえない。

 初めて、全員でシナリオを読む。

 それぞれの役の方向性を確かめる段階なのに、誰もが感動して泣いてしまう。

 通常、映画というのは、俳優が芝居をし、美しい画面で撮影され、音楽を入れて

 初めて感動!できるのである。

 なのに、本読みの段階で泣けてしまうのは、俳優たちが深く物語を理解していること

 俳優たちがとても鋭い感受性を持っているということなのだ。

 (つづく)


nice!(1) 
共通テーマ:映画

誰もが真剣に脚本を読んできていた [本読み]

 本読みを始めて、最初に感じたこと。

 俳優たち、自宅でしっかりとシナリオを読んできたということ。

 何度も、何度も、読んで、自分の役柄を考えてきたことだ。

 本当の高校生もいるし、他の仕事で忙しい子もいる。

 それでも、時間を作り、真剣に役作りに励んでいること。

 彼女たちの台詞を読む声から伝わってくる。

 物語の前半戦は楽しく進む。

 塔子役の田辺愛美は、コメディを得意とする劇団で活躍する。

 笑いの部分は本領発揮!

 皆が本読みを忘れて、笑ってしまう。

田辺愛~1s.JPG

 (つづく)

 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

太田組式の本読み! [本読み]

100317_153344.jpg
 
 「本読み」は俳優が演技の方向を探り、

 役を掴むためのもの。

 だが、僕のやり方は、それにプラスして、映画の、物語の流れ

 テイストや方向性を感じてもらうことも、テーマとしている。

 なので、シナリオを読みながら音楽をかける。

 そのシーンにふさわしいBGMを流す。

 そのことで、より作品の世界観を感じ取れるからだ。

 通常は演出部のセカンド君が、ト書きを読むのだが、

 シナリオを書いた本人が読む方が、より俳優たちにも世界観が伝わると思え、

 いつも、僕が読ませてもらう。

 相葉香凛、草刈麻有ら、若手俳優たちと、

 すでにベテランの貫禄の波岡一喜。

 そして、演出部のスタッフが大きなテーブルを囲み、本読みがスタートする。

 (つづく)

 








 
nice!(1) 
共通テーマ:映画

本読み! [本読み]

本読み.jpg

 衣装合わせ終了後。

 書道部員を演じる俳優たち全員で、本読みを行った。

 相葉香凛 草刈麻有 橋本わかな 田辺愛美 平沢いずみ  冨田佳輔

 そして、先生役の波岡一喜。

 大きなテーブルを全員で囲み、シナリオを頭から読んで行く。

 真子の役は相葉香凛、みさと役は草刈麻有、トン子役は田辺愛美・・・・と

 それぞれが演じる役の台詞を声を出して読む。

 その場にいない俳優さんの台詞は、演出部の人たちが担当。

 僕はト書きを読む。

 俳優たちは自宅で、何度もシナリオを読んでいるが、こんなふうに全員で

 声を出し、シナリオを読むのは初めて。

 一人で読むのとは違ったものを感じるはず。

 そして何よりも、「書道♡ガールズ」という物語。

 把握してもらうのが目的だ。

 (つづく)






nice!(2) 
共通テーマ:映画
本読み ブログトップ