So-net無料ブログ作成
検索選択
キャスティング ブログトップ

少女たちを探す旅・序章(5ー終)本当に相応しい子を探す! [キャスティング]

200810291636.jpg

 実力も人気もある子は、20歳過ぎ。

 CMで活躍する子には、会えない。

 よし! それなら映画界の方法論はやめる!

 流行のCMアイドルも、

 20歳を超えた人気女優も起用せず

 本当に、この物語に相応しい俳優を選ぼう!

 映画「青い青い空」を輝すに相応しい俳優を選ぼう!

 人気はあるが、「あきらかに違う!」と思われる

 映画界的なキャスティングは辞める。

 「人気」や「知名度」だけではなく、

 その役に本当に合った10代の子たちを選ぼう!!

 「実力」も「魅力」もある素敵な子たちを探す!

 そう決意した。

 真子、

 みさと、

 三美子、

 ミチル、

 トン子

 絶対にいるはずだ!

 素質を秘めた10代。

 今はまだ無名でも、限りない可能性を秘めた子が・・。

 誰も知らなくても、素晴らしい演技力を持った子がいる・・。

 「私なんて駄目だ。どうせ受からないよ・・」

 と思っている君。

 君が持つ素晴らしい「可能性」。僕が見つける!

 IMG_2666_2.jpg

 今は崖っぷちに立っていて、

 まわりから実力を認められず。

 オーディションを受けられないでいるとしても、

 君を見つける。

 本物の素質を持った子、

 絶対にいる。

 有名CMに出ていなくても、テレビドラマに出てなくても、

 絶対にいる!! 

 まだ、会ってはいないけど、そんな君たちを探す。

 そして、君たちの魅力を引き出し、輝かせてみせる!

 待っていてくれ真子

 待ってろ、みさと。

 三美子、トン子、

 そして・・ミチル・・。

 必ず、君たちを見つけ出す!!

_DCS6204_3.jpg

 そんな子たちと「青い青い空」を作る!

 5人の主人公を探す旅。

 スタートさせる・・・。




 (「少女たちを探す旅/第1部 につづく)


 ポスター.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

少女たちを探す旅・序章(4)会えないと決められない! [キャスティング]

200812151717.jpg

 CMでブレイクした子たちを抱えるプロダクション

 オーディションにも、面接にも出して来ないのだ。

 出演依頼しか受け付けない!

 何だそれはーーーー!!!!!

 と思うのだが、そういうプロダクションが多い。

 キャバクラではないのだから、写真だけ見て指名なんてできない。

 実績ある有名俳優ならいい。でも、ドラマ経験なしの新人タレントだ。

 会ってみたら全然、印象違うということはよくあるし

 演技力ゼロとか、やる気が見えないとか

 問題が分かっても、その子を使って撮影しなければならないのだ。

 「この子に***役は無理だよ」

 と思っても、撮影せねばならない。

 それはもう、どうがんばってもいい映画にはならない。

 それで大失敗した映画。何本もある。

 P1020792.jpg

 何より、その子は可哀想だ。

 監督がその子のことを知り、その子の良さを引き出してこそ

 いい作品になる。

 合わない役の主役を演じても、その子の魅力が出ない。

 意味がない!

 おかしい!

 違う!

 そんな現状なのに、映画会社。役に合う合わないより、人気タレントを求め、

 プロダクションは出演依頼でないと、その子に合わせてくれない。

 どちらも、自分で自分の首を締めている。

 事前に監督と俳優が会い。

 「この子なら**役が出来る」

 という子を選んでこそ。よい映画になり、ヒットし、

 その子はさらに人気が出て、映画も儲かる

 スポンサーも、事務所も、皆、ハッピーになれる。

 なのに、それをさせない・・。



 (つづく)

 ポスター.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

少女たちを探す旅・序章(3)CMガールズ [キャスティング]

200812101708.jpg

 本物の10代で

 演技力ある若手

 見つけるのが大変なのだ・・。

 若ければ当然「知名度」や「人気」は着いて来ない。

 それが、ここ10年くらい。新しい動きがある。

 人気CMで注目されている新人を抜擢する方法だ。

 ***ドリンクに出ている子。***ハウスで笑顔を見せるあの子。

 ***製菓のCMで踊りがうまいあの子。

 いくつかのCMは、登龍門的な存在となり、

 そのオーディションに多くの新人タレントが押し掛けている。

 映画会社やテレビ局は、それらの人気CMに出ている子に目をつけ

 ドラマに出演させたり、映画出演をオファーしたりする。

 もの凄い争奪戦となっている。

 それら登龍門CMに出たとたん。オファーが殺到するのだ。

 200812061703.jpg

 しかし、問題がある。

 その種の人気CMタレント。

 実際にどれだけ「演技力」があるか分からない。

 CMでは輝いていても、映画に出ると全然魅力がない子がよくいる。

 30秒で魅力を発揮するが、

 2時間の映画では、魅力が持たない子もいるのだ。

 つまり、30秒なら笑顔だけで持つが、

 2時間の映画だと「演技力」が必要。

 でも、それはCMを見ているだけでは分からない。

 実際に会って話をし、シナリオを読み、一場面を演じてもらわないと

 見極めることができない。

 なのに、問題がある・・。

 (つづく)


 ポスター.jpg

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

少女たちを探す旅・序章(1)キャスティングとは何か? [キャスティング]

100117_1403381.jpg

 キャスティング。俳優を選ぶ作業。

 どの役をどの俳優にお願いするか? 

 伊丹十三監督は言う。

「キャスティングが映画の出来の70%を決める」

 まさにその通りだと思える。特に主人公は重要。

 映画の世界で主人公役の俳優を選ぶとき

 「人気」と「実力」がある俳優をキャスティングする。

 テレビや映画で活躍する****主演。

 ただ、青春ものの場合。むずかしいことがある。

 P1010174.jpg

 10代で、誰もが知る大人気の俳優がいないことだ。

 というのも、女優を目指す女の子が14歳でデビューしたとする。

 昔のようにいきなりブレイクすることはない。

 いろんな仕事をこなし、少しずつ売れて来て有名になる。

 それには2年、3年、4年、5年とかかるのだ。

 人気が出る頃には、20歳を超えてしまう。

 演技力は育っているが、女子高生をやるには難しい年齢。

 そのため、人気も実力もある

 20歳を超えた子がセーラー服を着て、

 女子高生を演じることが多くなる。

 でも、この考え方は違うだろう

 (つづく)


 ポスター.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

少女たちを探す旅 プロローグ [キャスティング]

_DCS6145_3.jpg

 ずっと、ずっと書きたかった話が2つある。

 でも、どちらも長編で、集中力と精神力と体力が必要。

 ここ数ヶ月、それが両方ともなかった。

 記事を書くどころか、更新することで精一杯。

 再放送(?)記事、で繋いだりしている。

 「書く」というのは本当に大変な作業で

 体調が悪いと、書き出す前にめげてしまう。

 でも、本日は少し調子がいいので、その1つの「プロローグ」だけを

 書いてみる。

 そう。今回のキャストがいかにして集まったか?

 どのようにして、5人娘の出演が決定したか?

 あの「七人の侍」の前半戦。侍集めのシーンのような物語。

 語りたい・・。

 たぶん、いいところで体力尽きると思うけど

 書いてみる・・。

 (つづく)

  
ポスター.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:映画

出演者発表!!(下) [キャスティング]

相葉香~1ssss.JPG草刈麻~1sss.JPG橋本わ~1s.JPG
        田辺愛~1s.JPG平沢い~1s.JPG


 ジャジャじゃーーーーーん!

 写真上が浜松映画書道ガールズ」の主人公の5人!

 紹介しよう!

 写真上、左から

 相葉香凛 草刈麻有 橋本わかな 田辺愛美 平沢いずみ 

 かなり凄い面々が揃った。

 当初、「ストロベリーフィールズ」のプレッシャーが重かったが、

 キャスティングを始め、この子たちに出会ったたとたんに吹っ飛んでしまった。

 ストロベリー」キャストに迫る、いや、超える可能性を秘めている

 そんな素晴らしい若き俳優たちと出会うことができた。

 さらに、顧問の先生役には・・。

波岡一~1m.JPG
 
 波岡一喜

 そう、「ストロベリーフィールズ」では、鉄男役で大奮闘してくれた。

 その波岡君にお願いした!

 彼なくして、今回の映画は成り立たない。

 3年前に映画をスタートさせた段階から、僕の中で先生役は波岡一喜しかなかった。

 他の俳優では絶対に不可能な役なのだ!

 だが、今や波岡君は大ブレイク。多くの作品に出演。超多忙な日々を送っている。

 なのに、今回の依頼を快諾してくれた。本当に感謝!

 その辺の話も順に書かせてもらう。

 そして、書道部員の若き女優たち。こちらも凄い!

 そのエピソードも順にご紹介!

 さあ、キャストも決まった

 このまま撮影に突入だあ!

 (つづく)

 
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

出演者発表!!(中) [キャスティング]

パルパルと入道雲.JPG

 「きっと、今回も太田監督が選んだ子たちは、ブレイクするぞ!」

 前作の「ストロベリーフィールズ」では4人中、4人がブレイク。

 厳密にいうと、4人中、5人がブレイクしている。

 多くの人が期待するのも当然だ。

 が、それを超えることは、奇跡を起こすようなもの。

 通常、映画から1人がブレイクすれば「凄い!」ということになる。

 それが4人だ・・・我ながら怖いものがある。

 けど、それは僕の力ではない。

 今回のキャスティング。物凄くプレッシャーだった。

 でも、様々な葛藤と苦悩を続けて、6人を選んだ。

 そのキャストを発表する!


 (つづく)
nice!(1) 
共通テーマ:映画

出演者発表!!(上) [キャスティング]

ストロベリーチラシss.jpg

 僕の前作「ストロベリーフィールズ

 主人公の4人。映画公開後、全員がブレイクした。

 全員が映画の主役を張れる女優となった。

 「監督、凄いですね! 若手女優を見る目がありますね!」

 あちこちで、そう言われた。

 でも、そうではない。あの子たちが輝いていたのだ。

 輝いていた子を選んだだけ。ただ、その輝きが本物であったこと嬉しい。

 その後、まわりの次回作への期待は大きかった。

 期待はどんどん大きくなり、重くのしかかってきた・・。

 大丈夫か? 俺!


 (つづく)

 





nice!(1) 
共通テーマ:映画

出演者が決定???! [キャスティング]

海と4人(ひき.jpg


 突然ですが、このブログを読んでいる方。

 こう思って、いないだろうか?

 「それにしても*****のことが、書かれていないけど・・?」

 スタッフの話、ロケハンの話、演出の話、シナリオの話、浜松一般オーディションの話。

 2007年の企画スタート時から、今日までの3年に渡る準備期間のこと。

 書道取材のことも、くわしく書かれている。

 「なのに、あの話が出てこない!」

 ははは、気付きましたか?

 今回の映画は、高校書道部の5人の女子部員と先生の物語。

 それを誰が演じるのか?気になるところ。

 実は昨年秋から、キャスティングを開始。

 今年1月には、全て決定!

現在は皆、撮影に向けて役作りにかかっている。

 大満足の面々。本当に素敵な子ばかりだ!

 その俳優名。近々、発表させてもらう。

 乞う、ご期待!

 

 いちご.png





nice!(2) 
共通テーマ:映画
キャスティング ブログトップ