So-net無料ブログ作成
検索選択
特報編集! ブログトップ

編集の霊が降りてきた! [特報編集!]

編集.jpg

 編集の霊がやっと、降りてきた!

 でも、こうなると、もう人と話すことができない。言葉が出て来ない。

 言葉を司るのは、左脳だったはず。

 「編集する」という行為を司るのは、

 右脳なのか?

 「論理性」が左脳、「創造性、芸術性」が右脳という、

 もの凄い勢いで右脳を使っているので、言語を司る左脳の機能が低下するのかも?

 でも、表現としては脳の問題より

 「編集の霊」が降りて来た・・と言う感じだ。

 外部と隔離されて、作業を続ける・・。

 (つづく)

 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

太田組式、編集の心得?(6ー終)素晴らしい映像 [特報編集!]

 が、今週はひざびさ、浜松に行かない週だ。

 (と、いうより、このところ毎週、浜松に行っている!)

 東京にいる間に思い切って、自宅軟禁。編集にかかる。

 素材は浜松の春夏秋冬。その風景。

 全てハイビジョン撮影してある。

 地元の四季を全て撮るなんて、大手映画会社でもなかなかできない。

 経費も時間も、膨大にかかるからだ。だが、

 今回は三本木カメラマンのご好意で、

 1年に渡って、春夏秋冬を撮影できた!

 c1.jpgc2.jpgc3.jpgc4.jpgc5.jpgc6.jpgc7.jpgc8.jpg

 通常の作品では、いや、大作映画でもない限りあり得ないこと。

 でも、おかげで素晴らしい浜松の四季、撮影できた。

 感謝・・・。

 その映像、浜松の四季を編集する。

 だが、来週はまた、浜松に行かねばならない。

 それまで部屋にこもって、しばらく人間でなくなる。

 関係者の皆様。何かあれば、Pの方に伝言を。

 がんばります!

ストロベリーフィールズ.png
 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

太田組式、編集の心得?(5)接触は危険 [特報編集!]

夜明け.jpg


 編集の霊(?)が降りている間は、他のことは考えられない。

 言葉がうまく話せなくなる。

 人間でなくなってしまうので、外部との接触は危険(?)。

 ということもある。

 でも、そうやって神懸かりなくらいに全神経を集中、編集してこそ。

 感動的な作品ができる。

 早く、その編集作業に入りたかった。

 が、いろんな作業が続いて、なかなかスタートできずにいた。

  このところ続いた仕事。

 人と会って、打ち合わせをする、説明する、協力を求める。取材をする。

 その種の仕事をするのに、編集モードに入っているとヤバいことになる・・・。

 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画

太田組式、編集の心得?(4)編集の霊が去る [特報編集!]

新宿.jpg

 だが、編集中。そばに人がいては、気が散ってダメ。

 作業をして、プロデュサーが覗きに来るというのも駄目!

 人と会い、話すと、気が散る。取り付いた編集の霊が去ってしまう。

 そうすると、また霊を呼ぶのに3〜4日かかる。

 1日編集、翌日、打ち合わせ、翌々日はまた編集というのも無理。

 僕の場合。編集中に電話がかかって来るだけでダメだ。

 受話器をとってしまったために、その日は編集できなかったことがある。

 日本刀を鍛えるのと同じで、部屋にこもって

 休まずに、作業せねばならない。

 (つづく)


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

太田組式、編集の心得?(3)霊を呼び出す! [特報編集!]

大みそかの夕暮れ.JPG

 編集室に監禁状態になり、外部との接触を断つ

 誰とも会わず、電話もせず、映像素材と向かい合う。

 最初の数日が苦しい。誰かと話したくなる。電話をかけたくなる。でも、耐える!

 何日か、その状態を続けていると、編集の霊が降りて来る。

 何か、仏教の修行みたいだが、本当にそうなのだ。

 あるいは、イタコの霊を呼び出すような感じ。

 その霊が降りてきて、取り付いたら、もう止まらない。

 編集作業を何十時間も続ける。

 毎日、朝から晩まで、寝るまで作業してしまう。

 食べる時間さえ惜しくなり、片手で持てるものしか食べない。

 言葉も話せなくなり、ひたすら編集画面に向かい作業。

 この作業が映画本編の場合は1ヶ月以上。

 そんな状態になって編集すると、かなりいい作品になるのだ。

 いや、そういう状態で作業せねば、いいものはできない。

 同僚とダベリながらの編集では、ダメなのだ。

 (つづく)


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

太田組式、映像編集の心得?(2)イタコの霊 [特報編集!]

町3.JPG

 映像の編集は「精神力」と「集中力」の戦いだ。

 僕はいつも、自宅監禁状態でかかる。

 しかし、テレビ局でディレクターをする友人。

 編集作業を同僚とダベリながらやる。信じられない!

 あれでは編集ではなく、素材をつないでいるだけ。

 感動的な作品はできない。

 巨匠といわれる監督たち、「編集中に声をかけたら

 殺されるかも!」という殺気が漂う。

 そこまで行かないが、僕も似たようなやり方だ。

 部屋に自ら監禁、イタコの霊(編集の霊?)を呼ぶように集中する。


 (つづく)


 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

太田組式、映像編集の心得?(1)連絡を遮断 [特報編集!]

編集.jpg

 先日より、映像素材の編集にかかっている。

 これまで撮りためた浜松の風景、短めの作品(?)にする。

 「編集作業」と「シナリオ執筆」

 撮影以上に集中力が必要。気合いを入れてかからねばならない。

 映画製作の中で、もっとも困難で厳しい作業といえる。

 なので太田式の編集はいつも、

 編集を始める前に、外部との連絡遮断。

 関係者には「電話連絡をしないよう」連絡する。

 「メールも緊急時のみ、にしてほしい!」とお願い。

 作業中もなるべく、メールチェックはしない。

 編集やシナリオは、デスクワークというより、

 イタコの霊を呼び出す儀式(?)に近いからだ。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

予告編・編集中? [特報編集!]

P1060565.jpg

 久々の編集。

 忘れていた感覚を思い出す。

 始めると止まらなくなる。

 浜松の美しい風景をつないでいく・・。

 凧1.JPG

 飯も食わずに続ける。

 朝起きて、即、パソコンに向かい。

 寝るまで、作業。

 パソコンから離れるのはトイレ風呂だけ。

 そうやって、数日。ほぼ完成。

 なかなかの出来かも?

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

予告編・作り開始? [特報編集!]

090717_173615_1.jpg

 東京に戻り、休む間もなく次の作業へ。

 「書道♡ガールズ」の予告編を作る・・・といっても、まだ撮影はしていない?

 でも、すでに風景撮りはスタートしている。

 浜松の冬、春、夏の映像はある。それを使ってイメージ予告を作るのだ。

 映画館でよく「特報」という予告が流れる、本編の映像がないやつ。風景だけの。

 そのタイプのものを作る。

 久々に、編集作業でパソコンに向かう。

 集中力が勝負。

 携帯を止め。テレビを消し。

 モニターの前へ・・。

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

浜松で風景撮りした素材を・・・? [特報編集!]


 今回の浜松行きは撮影がメインだった。スチールではなく「動画

 カメラマンにも同行してもらい、ハイビジョンカメラで浜松の風景を撮影した。
 
 素晴らしい絵、たくさん撮れた。これで夏の風景はOKだ!

 パルパルと入道雲.JPG

 冬と春の風景も、すでに撮影済み。

 浜松城 桜.JPG

 あとは秋に撮影すれば、浜松の四季は完ぺき!

 さて、これら映像を使って、あることを考えている。
 
_m_T-OTA-f299e-008cd.png


 _m_T-OTA[1].png
nice!(1) 
共通テーマ:映画
特報編集! ブログトップ