So-net無料ブログ作成
検索選択
ロケ地を知る! ブログトップ
前の10件 | -

浜松の青い青い空(7−終) [ロケ地を知る!]

P1000089.jpg

 浜松の人がアメリカ人と同じように、外部から来た人に親切で

 がんばる人を応援するのも、近い環境があるからではないか?

 その理由のひとつに「空」があると考える。

 空。広い空。

 その下で暮らすことで、心も広くなるのではないか?

 心に余裕が生まれるのではないか?

 僕は浜松で、辛いことがあったとき、必ず空を見上げる。

 そこに青空が広がっているとき、その美しさに感動する

 そして、どんな難しい問題もきっと解決して

 その青空のような結果が待っているように思える。

 浜松にいると前向きになれる。

 浜松にいると元気になれる。

 見上げれば、そこにある青い空

 「青い青い空」

 浜松の空には「希望」と「幸せ」を感じる。

 そんな思いを込めて新タイトルを考えた。

 (つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

浜松の「青い青い空」(6) [ロケ地を知る!]

カーウォシュ.jpg

 狭い世界に暮らしていると、心も狭くなる。

 小さなことでいがみ合い、他人を思いやる余裕がなくなる。

 都会に住んでいると、そうなりがち。

 留学中に感じたのだが、アメリカ人も親切。

 特にカルフォルニアはそうだった。

 そして、がんばる人を応援する国民性がある。

 僕が映画勉強に来たというと、いろんな人が応援してくれた。

 何だか、浜松と似ている。

 アメリカという国は広い。空も広い。

 カルフォリニアの青い空。印象的だった。(写真上)

 そんな広い空の下で生活している。

 だから、外国人に対しても親切で、人を応援しようと国民性が育ったのではないか?

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

浜松の「青い青い空」(5) [ロケ地を知る!]

 IMG_5683.jpg
 

 東京の空は狭い。

 見上げるとビルや高い建物に邪魔されて、空の一部しか見えない。

 高層ビルという塀に囲まれた監獄で、暮らしているような気がする。

 「休みが取れたら、どこか広い場所に行きたいな・・」

 なんて考える。

 ところが、浜松だと駅前でさえ、見上げれば広い広い空が見える。

 ほとんどの場所から本当に広い空が見える。

 休みをとって遠くの広い場所へ行かなくても、見上げれば大きな空がある。

 東京のような狭い監獄ワールドではなく、

 広い広い世界に暮らしている気がする。

 この環境が、浜松の市民性を育てているのではないか?

 (つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

浜松の「青い青い空」(4) [ロケ地を知る!]

雲_4.jpg

 何が背景なのだろうか?

 なぜ、浜松の人たちは、そんなに親切で熱いのか?

 聞いた話だが「人は住んでいる環境で性格形成する」と言われる。

 山に囲まれた町に住んでいる人は閉鎖的で、

 外部の存在を拒否しがちな傾向がある。

 また、江戸時代に徳川家に近い血筋の大名がいた地方は

 プライドが高いとか? いうこともあるようだ。

 日本海より、太平洋側の方が開放的な性格になりやすいとか。

 これは分かるような気がする。

 広い海に面した町は開放的で、外部の人を受け入れやすい傾向があるとか。

 それで言うと、浜松は広い海に面している。

 外部の人に親切なのは、その辺に由来するのかも。

 他にも産業や歴史も関係するのだが、

 もうひとつ大きな理由があると思える。

 (つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

浜松の「青い青い空」(3b) [ロケ地を知る!]

P1000083.jpg

 もの凄く前向き!

 「どうせ無理だよ」

 と言った人はほとんどいなかった。
 
 「がんばっている人は応援したい!」

 という思いを感じた。

 僕は自分の監督作品だけでなく、いろんな町で映画の仕事をしたが

 こんなふうに外部の者を受け入れたり

 応援してくれる市民性がある町。本当に少ない。

 それも1人2人ではない、

 多くの方がそんな思いを持っていたのだ。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:映画

浜松と「青い青い空」(3) [ロケ地を知る!]

P1000102.jpg

 その町では、ほとんどの人が

 「無理無理!」「映画なんてできる訳ない」「そんな金どこにある?」

 というネガティブな答えばかりだった。

 が、それが通常の反応だだろう。大手企業が町で映画を撮るというのではない。

 まず、疑い。不審に思うのが普通だ。

 そして日本人がよく使いがちな「どうせ無理! 世の中甘くない」という言葉を連発した。

 だが、浜松は違った。

 「可能性が少なくても、何とかできないか?」

 「自分に何かできないか?」

 「友人知人で力になってくれる人はいないか?」

 そんなふうに考えてくれた。

 
 (つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

浜松の「青い青い空」(2) [ロケ地を知る!]

IMG_5689.jpg

 浜松の人たちは親切なだけでなく、熱い。

 今回の映画の協力をお願いしてまわったときも、

 ほとんどの人が「応援します」「がんばってください」と言ってくれた。

 10人訪ねたら、9人が応援してくれる。

 他の町だと、10人訪ねて9人が「無理!」というのが普通だ。

 それが浜松では、誰かを紹介してくれたり、一緒になって動いてくれたり

 無名監督である僕なんて、詐欺師か何かと思われても仕方ないのに

 本当に親身になり応援してくれた。

 その輪が広がって、今回の映画プロジェクトとなったのだ。

 以前、ある町で映画協力をお願いしたときに比べると、天国と地獄だった。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

浜松の「青い青い空」(1) [ロケ地を知る!]

P1000086.jpg

 タイトル「青い青い空」

 とても浜松的だと感じている。

 その話。少し書いてみる。

 3年前に初めて浜松を訪れ、昨年は毎月、浜松に通った。

 東京にいるより、浜松にいる方が多い月もあった。

 そんなとき、いつも感じること。

 浜松の人はとても親切。

 例えば、道を聞いたら、本当に懇切丁寧に教えてくれる。

 その人だけかと思ったら、誰に聞いても同じように親切。

 「もう、分かりました。大丈夫です!」

 といっても・・

 「次の次の角を曲がるんですよ。次の角じゃないですよ!」

 と、言われたり。本当に角を曲がるまで見てくれている人もいた。

 初めてお使いする子供に接するように、暖かく教えてくれた。

 非情の町(?)東京に住んでいると、

 何で、そんなに親切なの?と思えるほどだった。

 (つづく)


__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕が大好きな浜松の風景2 [ロケ地を知る!]


 下写真も、僕が大好きな浜松の風景。

 どこだか分かる人はいるかな?

 月見.JPG

 製材所.JPG

 観音様.JPG


 (つづく)


 
nice!(5) 
共通テーマ:映画

僕が大好きな浜松の風景 [ロケ地を知る!]


 以下の写真

 僕が大好きな浜松の風景。

 どこだか分かるかな?

 一部、浜松の方でも分からないところあり!

 中田島砂丘.JPG

 港.JPG


 桟橋.JPG


 (つづく)

 
nice!(2) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - ロケ地を知る! ブログトップ