So-net無料ブログ作成

待ち時間にシナリオをリライト! [脚本]

シナリオリライト中.jpg

 オーディションの翌日。お世話になっている方々を訪ねる。

 応援頂いているのに、もう何ヶ月も会えない方もいるので連絡。

 待っている間に、喫茶店で仕事。

 シナリオのリライト。

 物語の本質や流れ、構成はもう直さないが、

 決まったロケ地等に合わせて、キャラクターの動きや移動の仕方を変更。

 企業映画でも2〜3週間でシナリオ執筆。即、クラインインという作品があるが、

 それでは、いいものは作れない。

 シナリオに時間をかけること。映画作りの基本である。

 

ストロベリーフィールズ.png



nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ青版パート2、完成! [脚本]

紅葉の木々.JPG

 プリントアウトしたシナリオを製本屋に出す。

 2時間ほどで、出来上がり。(下写真)

シナリオ製本後.JPG

 これが「第16稿C」。

 第1稿を書いたのが2007年だから、かなりの回数リライトした訳だ。

 浜松では製作発表もして、本格的にスタートしたこともあり。

 最新版のシナリオを関係者に渡す。(すでに渡してもいるが・・)


 ストロベリーフィールズ.png






nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ表紙を印刷 [脚本]

シナリオ表紙印刷.JPG

 世界堂で買ってきた青い紙。

 それにタイトルを印刷。

 先に印刷してあった中身とクリップで閉じる。

 4部印刷.JPG

 シナリオ、クリップ.JPG

 これを製本屋に出せば、「書道♡ガールズ」のシナリオ。完成である。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオの表紙用の紙? [脚本]


 「書道♡ガールズ」シナリオの作り方。続き。

 中身の印刷が終わったら、次は表紙。

 少し厚めの紙を使う。薄い紙だと、何度も読むとボロボロになるからだ。

 前回はピンク(この時期は長かった)。その前は白。今回はブルー。

 でも、その紙の在庫がなくなっていた。

 新宿の世界堂へ買いに行く。

世界堂.JPG

 80枚ほど購入。ブルーで、見た目が和紙ぽい感じのB5の紙。

 「書道」の映画なので、表紙も和の感じにしてある。

 表紙用のブルーの紙.JPG


 (つづく)






nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ印刷、文章部分。 [脚本]

4部印刷.JPG

 シナリオを印刷するとき。

 まず、シナリオの文章部分を両面コピーする。

 つぎに、役を紹介したページ。

 そして、「監督 脚本 太田隆文」「製作 やらまいか!製作委員会」とか

 書かれてあるページ。

 それらを一緒にして、ようやく中身が揃う。

 次は表紙だ。

 (つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ印刷、パート2 [脚本]

プリントアウト2.JPG

 「書道♡ガールズ」シナリオ青版。再び、印刷。

 今回は浜松の関係者用。

 まだ、赤版でも問題はないが、プロジェクトを進める上で、

 最新の青版が必要な方がいるので、増刷。

 が、このところ、さまざまな作業が同時進行。

 猫どころか、ミミズの手(?)も借りたい状況。

 なのに、シナリオ印刷はとても時間がかかり、なかなか送れないので申し訳ない。

 1冊分。両面印刷するのに、1時間!

 もちろん、その間に別の作業をするのだが、目を離すと紙が詰まったり、インクが切れたり。

 結局、常にプリンターを見張ってなければならない。

 今回もある程度の数。印刷する。



_m_T-OTA[1].png

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオ青版完成! [脚本]

シナリオブルー.JPG


 自宅のプリンターで両面印刷、

 製本屋に出したシナリオが上がった。

 見栄えは結構いい。専門店に出すのと変わりない。

 ここ数日、東京の新規参入の関係者に渡す。

 すでに赤版は関係者全てに行きわたっているので

 ストーリー等を確認する上では、それで問題はない。

 が、どうしても最新版が必要なパートもある。

 その方々には、この青版をさらに印刷。順に渡したい。

 ただ、関係者の皆様。くれぐれも極秘でよろしく!

 第三者には絶対に貸したり、見せたりしないでください。

 物語をパクられるというだけでなく、シナリオを見せびらかして

 「書道♡ガールズ」の関係者を装い。良からぬことをする輩が出てくることがあります。

 なので、今回は朱の墨で「マル秘」と表紙に書きました。

 そして、裏表紙に渡した方の名前を筆文字でいれるようにします。

 くれぐれも、ご注意くだされ!

 

_m_T-OTA[1].png





nice!(0) 
共通テーマ:映画

多数決で選べないシナリオ [脚本]

脚本1.JPG


 何かを選ぶとき。よく多数決で決める。

 一番多くの審査員が手を上げた作品。グランプリに決めたりする。

 でも、シナリオの場合は違う。

 誰もが「いい!」というものは、平凡な作品となることが多い。

 誰か1人が「これはいい!」と、多くの反対を押し切って選んだものが大ヒットしたり

 名作になったりすることが多い。

 なぜか? というと、多くの人が選ぶとなると、無難な作品になるからだ。

 その作品。強い個性があると、「いい!」という人と、「嫌い!」という人が出て来て揉める。

 なので、結果選ばれるのは、最大公約数的な作品で、「それなりにいい」作品が選ばれる。

 「ま、これならいいでしょう・・」という作品に落ち着く。

 特に大賛成もされないが、特に大反対もされない。丸く収まる。だから、無難な作品が選ばれる。

 最近、流行の製作委員会形式の映画も同じ。

 シナリオの決定稿。参加している全ての会社から「YES」と言われなければならない。

 全員が「YES」という作品は結果、個性の薄い、無難な作品になりがち。

 つまり、シナリオを読んでもらい多くの人が「いい!」というと警戒が必要なのだ。

 

_m_T-OTA[1].png

 
 


 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオを書くということ(6)修行時代 [脚本]


 ライター修行時代の僕、

 第1稿を最後まで書いたら「完成!」と思っていた。2稿。3稿は、構成の直しくらいに思っていた。

 でも、それは違った。

 シナリオはワインと同じ。熟成させなければならない。

 時間をおいて何度もリライトし、問題点を見つめる。

 そして、さらなるアイディアを考え続、奥行きを作ること。

 映画「ストロベリーフィールズ」のシナリオ。5年間直し続けて、痛感したことである。

1839631

 依頼された仕事になると、そうもいかないことが多い。

 が、忘れてはいけないこと。

_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 
共通テーマ:映画

シナリオを書くということ(5)ハリウッドでは・・ [脚本]

 007 ロスーs.jpg

思い出すのは、ハリウッドの話。

 シナリオを書くのに、3年かける。1年目は取材。2年目は物語作り。3年目が執筆。

 そうか・・・アメリカ映画が面白いのは、それが理由だったのだ。

 以前、「ハリウッドにはもの凄く優秀な脚本家がいるから、面白い映画ができる」

 そう思っていたが、違った。

 優秀なライターが月日をかけて書くから、何度も直す時間があるから、いいものができるのだ。

 ハリウッドでは1本書けば、3~5年は生活できる

 日本はそうはいかない。けど、いいものを作るという方法論は同じのはず。


(つづく)

 
nice!(0) 
共通テーマ:映画