So-net無料ブログ作成
検索選択
最近、考えたこと ブログトップ
前の10件 | -

いろんな人が読んでくれている(下) [最近、考えたこと]

P1080169.jpg

 あの子たちとの出会いから、戦いの日々まで

 かなり感動大作!

 その種の記事はいつも好評。だが、

 映画技術や映画表現のことを書くと、

 小学生や中学生にはむずかしい。

 が、その辺を書いているから、「単なる映画製作日記と違って勉強になる!」

 と、読んでくれている人もいる。しかし、

 あまりに厳しい現実の話。子供たちには読ませたくない。

 でも、そこが映画業界を目指す若者は「勉強になる」といってくれる。

 教育論。書道の話。固くなるが、書きたいことがある。

 けど、そんなことを長々書くとアクセス数が下がる。

 なかなか、むずかしい。

 とりあえず、思いついたこと。どんどん書く。

 「青い青い空」応援してもらえるように、がんばって書く!

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
 

nice!(0) 
共通テーマ:映画

いろんな人が読んでくれている(中) [最近、考えたこと]

青い青い空決定_s.JPG

 「監督。撮影中は偉そうにしていたけど、実はアホだったんだ・・」

 と思われるのは辛い。

 といいつつ、かなり専門的なことを長々と書いたりする。

 映画業界を目指す人は多少、勉強になるかもしれないが、

 一般の人には、訳の分からない。

 俳優たちのファンは・・。

 「もっと、**子の話を書いてくれよ!」

 と思われているかもしれない。

 あっ、それに関していうと、近々、キャストの話は大量に書く!


 (つづく)


 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

いろんな人が読んでくれている(上) [最近、考えたこと]

P1170387.jpg

 このブログ。

 いろんな人が読んでくれている。

 アクセス数は毎日2000件。

 若きは小学生シスターから、大人は70代の方まで。

 映画ファンの人、ある俳優さんのファン。

 将来、映画監督を目指す人から、アイドルファン。

 北海道、和歌山、大阪、そして浜松。 

 僕の友人から、今回の関係者。映画界の先輩。後輩。

 いや、映画だけでなく、教育関係の方から書道関係の方。

 多種多様。

 今回出演してくれた若手俳優の子たちも、読んでくれているようだ。

 15歳、16歳、17歳・・・。

 だから、あまりアホなことは書けない。

 「やっぱり、監督は変だよねえ?」

 と思われるのはまずい。とは言え・・。


 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

自分のスタイル。自分のキャラ(18ー終)テーマ [最近、考えたこと]

P1130832.jpg

 お笑い芸人も同じ。

 自分のスタイルを見つけ。自分らしい笑いを表現する。

 それを見たお客が大笑いして、ハッピーになる。

 これも筆と同じ。

 その筆=芸人が最大限に生きる字を見つけたのだ。

 今をいきる子供たちに伝えたい。

 自分らしさ。自分にしかできないこと。

 それを見つけることが、自身の幸せになるだけでなく

 友達や家族をハッピーにすることに繋がる。

 それを見つけることで、きっと素敵な未来がやってくる。

 映画「青い青い空」は、それをメッセージする物語。

 お笑いライブを見ていて、改めて感じた。

(つづく)

 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

自分のスタイル。自分のキャラ(17)人をハッピーにする [最近、考えたこと]

練習.JPG

 人間も、筆も同じ。

 それぞれが持った「力」を見つけて、

 その「力」を発揮すること大切。

 大きな字を書くべき筆で、小さな文字を書いていては悲しい。

 人も同じ。必ず、その人しかできないことがある。

 その人が持つ能力が発揮できること。それによって他の人を幸せにできること。
 
 それが大切ではないか?

 僕の場合。SF映画を作りたかった。

 でも、実は青春映画を作るときに、僕の力が発揮されたのである。

 その青春映画を見て多くの人が感動してくれる。

 自分らしいスタイルを見つけることで、人をハッピーにすることができた。

 お笑い芸人も同じだ。

 (つづく)


__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

自分のスタイル。自分のキャラ(16)子供たちに伝える [最近、考えたこと]

紙と筆.jpg

 そんな子供たちに何か伝えたい。

 大人として伝えねばならない。

 そんなときに出会ったのが書道

 書道にはいろんなヒントが隠されていた。

 映画「青い青い空」の中でも描いたが

 筆にもいろんな機智がある。

 筆というのは、いろんな毛を使っている。

 羊、馬、鳥、狐、狸、猫、鹿、竹・・。

 それぞれに独特なものがあり、さまざまな字が書ける。

 大きな字を書くのにふさわしいもの

 力強い字を書くのに適したもの。

 筆も、人間も同じだと気づく・・。

 (つづく)


__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

自分のスタイル。自分のキャラ(15)悩める子供たち [最近、考えたこと]

P1140783.jpg


 若手のお笑い芸人。どんなタイプのお笑いをして、

 どんなスタイルの芸人になるか?

 それを悩み考えるように、

 10代20代の子供たちは、

 将来、どんな仕事に就き、どんなことをするのか?

 悩んでいる。

 仕事だけではない。どんな生き方をすべきか?

 考えている。

 「安定した生活がしたい」「人に言えない仕事には就きたくない」

 「一流企業に入りたい」「貧しくても、人のためになる仕事がしたい」
 
 「家族に喜んでもらえる仕事がしたい」「好きな道で生きて行きたい」

 いろんなことを考えているはずだ。

 でも、何が幸せで、何が意味ある人生なのか?

 先生も、親も教えてくれない。

 いや、混迷の時代。大人たちすら、何が幸せなのか?

 どう生きるべきか?を教えることができないのだ。

 (つづく)

 
__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

自分のスタイル。自分のキャラ(14)自分の生き方 [最近、考えたこと]

IMG_4971.jpg

 映画を作ること。

 物語を作ることは命がけだ。

 魂を削る作業である。

 でも、それ以前の自分らしさを探す。スタイルを見つけるというのも

 苦しい戦い。

 先日のライブで、苦悩する若手芸人たちを見て、

 それを思い出した。

 けど、これは芸人や俳優。映画作家たちだけの問題ではない。

 今の10代20代が直面している問題でもある。

 「私はどんな風に生きて行けばいいのか?」

 「僕のスタイルって何なんだろう?」

 「俺がやるべきことって何なんだろう?」

 
(つづく)


 __ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

自分のスタイル。自分のキャラ(13)青春ものばかり [最近、考えたこと]

IMG_5681.jpg

 監督デビュー作はテレビ東京の深夜ドラマ

 「風の娘たち」

 それも青春もの。

 映画監督デビューは

 ストロベリーフィールズ

 青春ファンタジーである。

 そして今回の浜松映画

 「青い青い空」

 これも青春もの。宇宙人も、UFOも、地底人も、4次元人も出て来ない。

 そして、僕の場合。

 青春ものだけど、友情だけでなく、親子の絆が描かれた物語。

 そして、笑って、ハラハラして、最後は泣ける展開。

 いつの間にか、それが僕のスタイルになっていた。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

自分のスタイル。自分のキャラ(12)推理小説? [最近、考えたこと]

P1000233.jpg

 意外なことは続く。

 僕は推理小説が好きで、小学生の頃からよく読んでいた。

 帰国してからは、当時人気だった新本格派。

 島田荘司、綾辻行人という作家たちを好んで読んだ。

 でも、ミステリー映画を作りたいと思ったことはない。

 お世話になっている監督から、2時間ドラマ用に企画書を頼まれた。

 それが好評で、何度も書かせてもらった。

 「書きたい」というものと。「書ける」ものとは違うようだ。

 「青春もの」と「ミステリー」

 そして、僕の脚本家デビュー作はその混合。

 「青春ミステリー」となった。

 「アルティメット・クライシス」という、水野美紀主演のVシネマである。

 (つづく)

__ISO-2022-JP_B_GyRCQEQkJEBEJCQ2dRsoQkIbJEIjNSU3JWMlXCVzN2hEahsoQi5qcGc____2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 最近、考えたこと ブログトップ