So-net無料ブログ作成
検索選択

市立高校で監督講演会! [仕事]

講師.JPG

 10月2日(土)浜松市立高校で講演会をさせて頂いた。

 100人ほどの市民のみなさんが来てくれて

 僕は1時間ほど、話をさせてもらった。

 観客.JPG

 今回の映画「青い青い空」をなぜ、作ろうと思ったか?

 なぜ、書道を題材にしたのか?

 書道を通して何を伝えようとしたのか?

講演中.JPG

 そして、太田映画のいつもテーマ

 「親子に伝える大切なこと」

 その意味を話させてもらった。

 講演が終わると参加者の方々が何人も

 声をかけてくれた。

 「映画、見ます!」と言ってくれた。

 感謝です。

 ロビーでは映画のスチール展。

 やらせてもらった。

 スチール展示.JPG

 (つづく)


 
 




nice!(1) 

東京大学でゲスト講演! [仕事]

東京大学.jpg

講演.jpg

写真東京大学 

 先日、ここで行われたシンポジュームで、ゲスト講演をさせてもらった。

 映像メディアの2020年代というテーマ。

 僕は現在、準備中の映画書道ガールズ」を題材に

 映画と地方の関わり、

 映像メディアとしての映画の役割等を話す。

 参加者は各メディアの方々、技術者、東大の学生さんたち。

 いちご.png

 

nice!(4) 

講演をさせてもらいました。 [仕事]

1831180

 和歌山県出身で、現在は東京に済み、各界で活躍されている方が集まる会。

 「故郷・和歌山を応援すること」がテーマ。

 その会で講演をさせて頂いた。

 タイトルは「映画で町をアピールする方法」。
 
 僕が監督、製作した映画「ストロベリーフィールズ」の経験をもとに

 いかに映画が地元をアピールするか? お話した。

ストロベリーチラシss.jpg2866157

 「映画で町お越し」というのは、ここ10年ほどとても盛ん。

 映画撮影を誘致しようと、どの自治体も真剣。

 でも、映画は単に町の宣伝になるだけではない。

 「地元の人が故郷を見つめ直す機会にもなること」

 「自分たちの町が素晴らしい場所であること。再確認することができる」

1846341184636018464211845925

 それが宣伝より、もっと大切なことだと思う。

 「映画で故郷の素晴らしさ。再確認すること!」

 僕の映画作りの、テーマの1つである。

 _m_T-OTA-f299e-008cd.png

 写真下。おみやげに頂きました。

 
P1070975.jpgP1070979.jpg



 
nice!(1) 

ブログに書けない話 [仕事]

蟲たち.JPG

 この1ヶ月の間に、2度東京を離れた。

 その話。残念ながら、詳しく書くことはできない。

 映画の世界は、恐ろしい。魑魅魍魎がウヨウヨ!

 名の通った有名企業でも、常識を疑うことをする。

 ちょっとしたことから情報が漏れて、とんでもないことにもなる。

 何度もそんな目に遭った。
 
 あそこまで汚い手を使う連中。いるとは思わなかった。

 映画に出て来る悪役を超えている・・。

 用心用心。

 ここしばらく、大したことは書いていない。が、実は激動の展開が続いている。

 そのことは、機会があれば・・書きたい。

 
_m_T-OTA-f299e-008cd.png
 
nice!(0) 

閻魔大王たちとの対面? [仕事]

 このところ浜松でも東京でも、いろんな方々とお会いしている。

 通常では会えないビッグな方から、伝統を守り続ける芸術分野の方まで。

 お話を聞くだけでも、学ぶことが多い。

 でも、同時にそれらの方、もの凄いパワーを持っている。

 そして岩をも射抜くような、鋭い目を持っている。

 閻魔大王の前に、連れて来られた罪人のようなもの。

 お世辞や建前は通用しない。

 全身全霊でかからないと、叩き潰されてしまう。

 ヘトヘトに疲れ、憔悴してしまう・・。

 けど、それでも、その種の方々にお会いするのは楽しい。

 まだまだ、訪問は続く。次はどういう方なのか? 楽しみ。


_m_T-OTA-f299e-008cd.png
nice!(0) 

監督の気持ちが分かるのは監督? [仕事]

ZJ1.jpg

 本業は映画だが、他にもいろんな映像関係の仕事をする。

 映画作りは楽しく面白いが、「自分を削り表現するもの」。

 すぐにカスカスになってしまう。

 それに対してドキュメンタリーは吸収の仕事。

 いろんな人に巡り会えて、いろんなことを学べる。

 これはこれで楽しい。久々に取材の仕事をした。ある国の若手監督へのインタビュー

 通常は評論家とか、アナウンサーとか、映画ライターとかいう人たちが聞きとなることが多い。

 だが、そのテレビ局の担当者は

 「若手の映画監督には、若手の監督が質問する方が、気持ちもよく分かるはず。

 他の人では引き出せない話が聞けるのでは?」

 と考えた。

 確かに! 僕もインタビューを受ける機会があるので、聞かれる気持ちはよく分かる。

 聞き手というのは、だいたい似たようなことを訊くことが多い。

 答える方は同じ質問ばかりだと、次第に気持ちが入らなくなる。

 「いけない、いけない」と思いながらも、答えに新鮮味がなくなる・・・。

 でも、「えーー何でそんなことまで知っているの?」とか、

 「よくそこまで見てくれたなあ」と思える質問が出ると、張り切ってしまう。

 インタビューとはいうのは戦い。

 いかに相手から「熱い気持ち」を引き出すか? が大切なのだ。

 そんな経験が生かせる仕事となる。

 元・犯罪者が刑事になり、犯人を尋問するようなもの。犯罪者の気持ちはよく分かる。

 って、ヘンな例だけど、気づくともう8月か・・・。

(つづく)


nice!(0)