So-net無料ブログ作成
検索選択
僕の参加作品 ブログトップ

映画「無力の王」1981年 [僕の参加作品]

無力の王2-小.jpg

 写真上。映画「無力の王」のシナリオ。

 1981年。僕が初めて、映画撮影にスタッフとして参加した作品。助監督の一番下。

 DVDにもなっていないので、この映画の存在を知る人はほとんどいないだろう。

 「無力の王」というタイトルからサムライ映画だと思われそう。実は青春映画。俳優は高樹澪、根津甚八らが出演。

 これを書かれた脚本家の方とは昨年、26年振りに再会。

 当時、僕は19歳。なのに覚えてくれて感激!

 その脚本家さんは、その後「スケバン刑事」を書いていたのは知っていた。お会いしたときに。そんな話を聞かせてもらえた。

 とにかく、上の写真はその初参加映画のシナリオ。撮影現場でボロボロになったが、その辺が映画の大変さが感じられてリアルかも。




タグ:無力の王
nice!(1) 
共通テーマ:映画

「女子高生コンクリート詰め殺人事件」 [僕の参加作品]

ジャケットs.jpg

 僕の脚本家としての第2作目がこれ。1995年の作品。

 パッケージからして、とんでもない。

 でも、いい加減な気持ちで書いた作品ではない。

 数年前に抗議殺到。公開中止になった映画「コンクリート」とは別の作品。

 実際に起きた事件を扱っているので、徹底的に事実を取材した。

 裁判記録から、現地の取材まで。

 センセーショナルな話題作りのためでなく、まじめな社会派ドラマとして書いたもの。

 かなり話題を呼び、ビデオは完売した。

 ウィキペディアを見ると「抗議があり回収された」

 と書かれているが、そんな事実はない。

 ただ、発売してしばらくして販売会社が倒産。手に入らなくなった。

 セルビデオとして発売され、レンタルはなかった。

 なので、今では見ることもできない。

 一時期、海賊版が出回っていたが、それも完売したという話。

 僕の作品はメロウなものが多いと思われがちだが、

 こんな硬派社会派ドラマもある。

 _m_T-OTA[1].png




nice!(0) 
共通テーマ:映画

「アルティメット・クライシス」 [僕の参加作品]

Aクライシス(ss.jpg

 これが僕の脚本家デビュー作。1995年の作品。

 たぶん、今はもう手に入らない。セル専門の会社から発売されたVシネマなので、レンタルはない。

 低予算作品だが、キャストは豪華!

 主演は水野美紀。共演に丹波哲郎。藤原喜明、エド山口

 ジャンルをあえて言えば、「とんでもユーモア・ミステリー

 デビュー作なので、撮影現場には初日からお邪魔した。とても*千万円とは思えない豪華な撮影で、ものすごい数のエキストラが集まっていた。

 おまけに、このとき参加していた助監督さんたち。今や全員監督。いい映画を作っている!

 東京ロケのあとは、何と越後湯沢ロケ! これも便乗して参加。

 その辺のエピソードは、いずれまた!




nice!(0) 
共通テーマ:映画

「モーニング刑事。」からも10年!(下) [僕の参加作品]

ストロベリーフィールズ」日記でいろんな映画のロケ弁写真を、紹介しよう! 

 として「モーニング刑事。」でも撮ったものがあったなあ・・・と探した。製作日記で紹介する前。一足先にこちら掲載。かなり豪華なお弁当! 

モーニング刑事/ロケ弁s.jpg

 この仕事の前はドラマ「風の娘たち」の撮影北海道にいた。超低予算の作品で、弁当も厳しかった。それに比べれると超豪華なので驚き。

 他のスタッフに「太田さん。それ2人分ですよ!」といわれて「あーーそうだよなあ〜大きすぎるもんなあ・・・」と答えて、笑われたのを思い出す。

 それほど凄い弁当だった。が、毎日豪華という訳ではない。でも、そんな豪華版のひとつ。写真を見つけた・・。


nice!(0) 
共通テーマ:映画

映画「モーニング刑事」からも10年!(上) [僕の参加作品]

 モーニング娘。映画デビューは「ピンチランナー」?

 ではなく、その前に中編作品がある。それが10年前に作られた「モーニング刑事。」(刑事=デカ。ではなくコップと読む)」

モーニング刑事台本.jpg

 ゴマキが加入する直前の作品。オリジナルの5人メンバーに、新加入の3人が出演した青春コメディ。

 僕はモーニングが出演したドラマ「太陽娘と海」に引き続いての、参加。
 
 このときはメイキング監督。クランクイン初日は、サマーランド・・。今から10年前の7〜8月頃だった。

 「太陽娘」以来、3ヶ月ぶりに会ったオリジナル・メンバー。再会を凄く喜んでくれた。

 プールサイドにいた僕の目の前で、いきなり!

 「たいよう娘とっ!」「うみ〜ぃ!」

 というあのドラマの決めポーズをやってくれた。大感動! 僕が付けた振り付けとポーズだし!

 ただ、新加入したばかりのメンバー。何のことか分からず、僕が誰かも分からず、キョトーーンとしていた・・。

 そんな中、なぜか紗耶香だけは、初対面なのに、一緒になって「わーー太田さーーん」とか手を振っていて、凄い奴が加入したな・・と思ったもの。

 のちのち。あとの2人も頭角を表し、それぞれの個性を発揮して行くのだが、この段階では紗耶香がダントツに光っていた。

 オリジナル・メンバーの人気No.1&2を、凌ぐほど印象的だった。初日というと、そんなことも思い出す。

 映画撮影はわずか10日ほど。

 でも、いろんなことがあった。そのことはまた機会を見つけて書きたいが、今回はロケ弁の話。

 (つづく)


nice!(0) 
共通テーマ:映画
僕の参加作品 ブログトップ