So-net無料ブログ作成
検索選択

浜松第二高校ロケ(5)/書道部室の後ろ側 [想い出]

_DCS2857.jpg

 真子(相葉香凛)たちが入部した書道

 最初は物置状態だが、次第に片付けられ、部室らしくなる。

 それにより時間の経過と

 真子たちがいかに真剣になってくるか?

 を表現している。

 写真上はトン子(田辺愛美)が入部する直前の様子

 美術部さんのお仕事。

 映画では背景としてしか見せないので

 ここではじっくりご紹介。

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol-6874c.jpg


nice!(0)  トラックバック(0) 

浜松第二高校ロケ(4)/校長室 [想い出]

_DCS1932.jpg

 映画の舞台となる浜松第二高校(架空の学校です!)

 この日は校長室、職員室での撮影

 出演は波岡一喜、鈴木砂羽、塩見三省、

 _DSC2950.jpg

 ベテラン贅が勢揃い。

 「何か、別の映画に出ているみたいやなあ〜」

 と言うのは、波岡一喜君。

 _DSC2973.jpg

 ほんと、社会派のドラマを撮影しているような重いものがある。

 実力ある俳優は1人でもパワーあるのに

 こんなに集まると、もの凄いエネルギーの渦を巻き起こすこと実感。

 _DCS5075.jpg

_DSC3011.jpg


(つづく)


 aoi_h1_0121_ol-6874c.jpg

 

浜松第二高校ロケ(3)/講堂で撮影! [想い出]

 _DCS2108.jpg

 写真下。浜松学芸高校の講堂ロビーでの撮影

 相葉香凛、草刈麻有、橋本わかなが出演

 ここでトン子が金賞を受賞した書を見るシーンを撮る。

_DCS2115.jpg


 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol-6874c.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

浜松第二高校ロケ(2)/教室シーン! [想い出]

 _DCS2116.jpg

 写真上。右が監督(私)左が照明部の技師さん。

 まずは、その日の撮影の概要を

 俳優とエキストラさんに説明。

 _DCS2205.jpg

 振り向いているのは、

 右・真子(相葉香凛)左・みさと(草刈麻有)。

 クラスの落ちこぼれコンビ。

 _DCS2195.jpg

 立っているのはミチル(平沢いずみ)。帰国子女で英語がぺらぺら。

 P1130874.jpg

 そんな教室で撮影が進む。

 _DCS2245.jpg

 録音部の助手さん。

 向こうに学級委員七人衆のトラちゃんがいる。

 「青い青い空」

 全国でイベント上映募集中。あなたの町で上映会をしませんか?

 お問い合わせは、このブログのコメントに、書き込みを!

 aoi_h1_0121_ol-6874c.jpg


nice!(2)  コメント(0) 

浜松第二高校ロケ(1)/撮影風景 [想い出]

_DSC1783.jpg

 先に浜松ロケ地巡りの旅シリーズをお届けした。

 が、ロケ地の中にはいけない場所もある。

 個人のお宅とか、会社とか、学校。

 なので、その辺は紹介していない。 

_DSC1868.jpg

 真子(相葉香凛)たちの学校も同様だが、物語の重要な舞台となった場所

 撮影風景等を少しだけ紹介させてもらう。

 場所は

 浜松学芸高校。

 撮影前から、いろんな面でお世話になった。

 書道コースや音楽コースもあり、芸術を学ぶ生徒さんもたくさんいて

 卒業生も各界で活躍している。

 その意味でも、映画に対する理解も戴けたのだろう。感謝。

 撮影時の写真。紹介する。

 _DCS2956.jpg

 _DCS3020.jpg

 _DSC1825.jpg

 _DSC1923.jpg

 (写真下。撮影後の記念写真。右から太田監督、平沢いずみ、演出部チーフ、相葉香凛)


_DSC1537_2.jpg

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol-b958c.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画監督を目指したころ(下)書かなければ上手くならない! [想い出]

P1060175.jpg
 
 映画監督になりたい! 

 脚本家を目指している!

 そういいながらシナリオを書こうとしない友人たち

 人の作品を見るとこういう。

 「俺が監督ならもっと、凄いものができる!」

 批判できない部分はある・・

 実は僕も最初はそう思っていた。

 が、いざ、作ると思ったようにはいかないことも分かる。

 8ミリ映画でさえも、何本も作らないと、

 評価されるどころかイメージしたものさえ、作る事はできなかった。

 IMG_0571.jpg

 シナリオも同じ。

 自分が書きたいものを書くのには、表現力が必要。

 だが、書かないと表現力は育たない。

 「俺は才能があるから!」

 という奴もいるが、それは勘違い。

 いくら能力があっても

 数を書かないと、人に感銘を与えるシナリオは書けない。

 最初から力作が書ける!という人など存在しないのだ。

 アメリカ留学から戻り。

 アルバイトをしながら、シナリオを書き始めた。

 IMG_0535.jpg

 でも、次の問題が立ちはだかる。

 シナリオを映画会社に持ち込もうとしたら、ほとんどの会社で拒否された。

 「そんな暇も、そんな人員もいない」

 と言われる。

 そこで先輩の助監督やプロデュサーに見せてまわった。

 でも、彼らもなかなか読んでくれない。

 映画監督への道。

 そこからスタートしたこと思い出す。

 いろんなことがあって、何度も絶望して、

 また、戦って、1995年に脚本家デビューする。

 2年後、監督もするようになった。

 SF22_1.jpg

 でも、今までとは違う壁が見えて来る。

 それをどうやって越えるべきか? 次なる課題となった。

 それはまたいずれ。

 (この項、了)

_m_T-OTA-f299e-008cd.png

映画監督を目指したころ(中)シナリオを書かない人たち [想い出]

IMG_0199.jpg

 脚本家を目指す後輩、こういう

 「賞に応募しようと思うんだけど、いいネタが見つからないんですよ・・」

 皆、何か理由をつけて書こうとしない。

 しかし、仲間内で一番にプロの脚本家になった友人。こう言う。

 「時間がない。金がない。ネタがない。

 そんなことを言っていたら、一生、シナリオなんて書けない。

 3日間。時間がある。そうしたら書け。

 金がなかろうが、ネタがなかろうが、何としても書く!

 いいネタを思いついた。

 時間がなくても、金がなくても書く。

 金が少しある。

 1週間はバイトせずに済む。

 それなら、どんなことをしてでも1本シナリオを書く!

IMG_0053.jpg

 自分を追い込まないと、シナリオなんて絶対に書けないんだよ!」

 その通りだ。

 プロデュサーがやってきて、

 「ギャラは**万円です。よろしくお願いします」

 なんて言ってもらうのは、夢のまた夢の話。

 何より依頼がもらえるようになるために、書く力を付けねばならない。

 何本も書いて力を付ける。

 なのに「時間がない」「金がない」「ネタがない」

 と言っていてどうする? 

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol.jpg



映画監督を目指したころ(上)脚本を書いて監督になる? [想い出]

 20070215087.jpg
 
 高校の頃から、映画が好きだった。

 学校が大阪だったので、帰りに大毎日地下劇場とか、

 戎橋劇場によく行った。(校則では駄目だったけど!)

 その内に自分でも、シナリオを書いてみたくなった。

 でも、どんなふう書けばいいのか?

全く分からない。

 キネマ旬報とか、映画の書籍に載ったシナリオを見て勉強

 見よう見まねで書き始めた。
 
 高校を卒業後。映画の専門学校に行く。

 でも、あまりに退屈で、半年で登校拒否?

 自主映画を始める。そして、助監督を経験。

 P1040328.jpg

 その後、アメリカ留学。南カルフォルニア大学の映画科で学んだ。

 帰国後。映画監督を目指す。

 一番の早道はシナリオを書くこと。

(だと思った・・)

 アルバイトをしながら、とにかく書き続けた。

 何より書かなければ、うまくなれない。

 なのに、まわりにいた友人たち、

 映画監督を目指しているという彼らは、こういう。

 自主映画を続ける友人

 「今、金欠でバイトしていて、

 シナリオを書く時間がないんだ・・・」

 助監督をする友人

 「仕事が忙しくて、書く余裕がないんだ・・」

 (つづく)

 aoi_h1_0121_ol.jpg


悲しき少女たち(5−終)再会 [想い出]

P1100330.jpg

 先の演劇学校に通っていた女の子。

 その内の1人と、8年後に再会した。

 僕が去ったあと、学校を辞めて、劇団に入ったという。

 大きくはないが、年何回も公演をするところ。

 主役を演じることもあるという。 

 見に行ったが、あの頃とは見違えるような演技。

 あの学校の呪縛から逃れて、大きな成長を遂げていた。

 その子。小さな役だが「青い青い空」に出てもらった。

 こう言っていた。

 「とても勉強になりました。そして、どんな役でもいいから映画に出るのが

 子供時代からの夢だったんです・・」

 今年も舞台に立つという。

 アルバイトしながら、稽古にがんばっている。

 「生活は大変ですけど、楽しいです。

 自分の夢だった、演劇やってますから」

 笑顔でそう話してくれた。

(了)


 ポスター.jpg
nice!(0) 

悲しき少女たち(4)大人になったとき [想い出]

P1100336.jpg

 振り返ると、自分のプラスになっていたのは

 学校の退屈な授業ではなく

 映画レコードから学んだことばかり。

 「大人たちは良かれと思い、無意味なことを、

 子供たちに押し付けていないか?」

 高校時代、ずっとそんなことを考えていた。

 僕も大人になり、仕事を始める。

 講師の仕事をして気づいた。

 今も同じことが続いていた。

 俳優になりたい子が集まる演劇学校で

 ようやく心を開いた子を辞めさせる親。

 無意味なことを教え、子供たちの可能性を潰す校長。

 高校時代の思いがリアルに蘇る・・。

 「だから、大人は嫌いなんだよ・・」

 しかし、考える。

 ずっと、大人を批判していた僕だが、

 大人になった今、それでいいのか?

 それなら自分なりの何かを主張し、掲げるべきではないのか?

 大人の自分が、大人を批判しているだけではいけない。

 今度は僕が、子供たちに何かを伝えなければならない。

 無意味なことを押し付ける、大人になってはいけない。

 その思いを込めて作ったのが、「青い青い空」だ。

 (つづく)

 
 ポスター.jpg
nice!(0)