So-net無料ブログ作成

涙の青春映画「青い青い空」のストーリーとは? [prologue]

_DCS2956.jpg

 春風吹く、浜松の町。

 P1060124.jpg

 高校生活を送る真子(相葉香凛)は大学受験のことで、母(鈴木砂羽)と対立。

 1年も口をきいていない。

  _DSC1377.jpg

 あるとき、親友のみさと(草刈麻有)から書道部に入ろう!と誘われる。

 _DSC1313.jpg

 顧問は風変りなヤンキー教師・八代和樹(波岡一喜)

 _DSC1683.jpg

 「書道はうまい下手とちゃう!自分らしさがあるか?

 気持ちが出ているか?それが大切や!」

 という。

 _DSC1614.jpg

 その言葉。何だか温かい応援のように聞こえた。

 _DSC1740.jpg

 そんな書道部で出会った仲間たち。

 誰とも口をきかない三笑子(橋本わかな)。

 _DCS2048.jpg


 ダイエットに夢中のトン子(田辺愛美)。

_D3S6921.jpg

 真子に片思いの卓也(冨田佳輔)。



 書道の有段者なのに、真子たちをバカにして入部しないミチル(平沢いずみ)。

 _DSC1481.jpg

 それぞれの孤独。

 いくつもの悲しみを見つめ、真子たちだけでなく、親たちもまた、

 忘れていた大切なことに気づいていく。

 やがて、明らかにされる八代先生の過去。

 _D3S3544.jpg

 母(松坂慶子)の辛い想い出。

 _D3S2927_2.jpg

 そしてクライマックスの書道大会は感動の嵐。

 _D3S1320.jpg

 浜松の美しい風景を舞台にした。涙と感動の青春ストーリー。

 _DSC1308_2.jpg

 書道映画ブームの中、トップランナーとして製作された作品。

 書道映画を超えた感動。また感動。

 後半50分は、涙の連続。

 _D3S6821.jpg

 映画館ではいずれの場所でも、涙、涙。

 ロサンゼルスでの上映でも、国境を越えて感動と涙の連続。

P1040328.jpg P1010393.jpg

 何がそんなに、感動するのかって?

 その辺はこの監督日記を読んでもらえると、分かってくる。

 主題歌=>右下の三角マークをクリック!

 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0