So-net無料ブログ作成

「青い青い空」はオーケストラ? [作品紹介]

_D3S6409.jpg

 書家であり、ミュージシャンであるS先生。

 「青い青い空」を見て、以前こんな感想をくれた。 
 
 「この映画は三重奏、四重奏になっているんだなあ。

 映画というより音楽に近いんだよ」
 
 これを指摘してくれたのは、この先生しかいない。

 でも、それは狙っていたので、とても嬉しかった。

 分かってくれる人がいて、感激。

 _DCS2214.jpg

 そう、「青い青い空」は物語でありながら、

 ジャズやクラッシックのような形態を取っている。

 通常、映画というのは理屈によって作られて行く。

 主人公を視点として、起承転結の展開があり、

 階段を登るようにエンディングに進む。

 だが、「青い青い空」は少し違う構成だ。

 そのせいか?よく「誰が主人公ですか?」と訊かれた。

 が、必ず「5人が主人公です」と答え。この言い方にこだわった。

 そう。「青い青い空」は従来の映画とは違う

 音楽のスタイルを持ち込んだのだ。

 例えれば、オーケストラ。

 真子がピアノ。みさとがバイオリン。

 _D3S7630_2.jpg
 _DSC1313.jpg

 三美子がピッコロ。トン子がクラリネット。ミチルがサックス。

 _DCS2048.jpg
 _D3S6921.jpg
 _DSC1481.jpg

 卓也がトランペット。八代先生がドラム。

 _D3S5220.jpg
 _DSC2503.jpg

 あるときは真子のピアノが主旋律を弾くが、

 別の楽章では、みさとのバイオリンが主となる。

 ときには、ピアノとサックスの掛け合い。

 そして、思いもかけないところで、

 三美子によるピッコロの独奏。

 _D3S6762.jpg

 さらには松坂慶子さん演じるオカンによる、ハープが入り

 長門裕之さん演じる和尚の、コントラバスが参加。

 より魅力的なアンサンブルとなる。

 それが足し算ではなく、かけ算になり、曲を広げて行く。

 掛け合うことで、うねりが起こり、喜びや悲しみが増幅されるのだ。

 _DSC1308_2.jpg

 ジャズやロックライブ。基本の曲を守りながら、ある部分でアドリブが入り

 ピアノとトランペットが掛け合い。盛り上がる場面がある。

 それを映画でやりたかったのだ。

 象徴的なのが映画の後半戦頭の「書と音楽のコラボ」シーン

 音楽に乗せて書道練習をするシーン。まさにオーケストラ。

 そんな意味で「青い青い空」は

 音楽的!と指摘してくれたS先生の言葉。

 二ヒヒ!と喜んだものだ。

 さて、そんな作品。LAではどう見られるのか?

 会場の外では開場を待つ人たち、どんどん増えていた。

218048_1792369622022_1623095505_1660403_5034341_n.jpg

 

 (つづく)

 
aoi_h1_0121_ol.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0