So-net無料ブログ作成

アラビアのロレンンス [2011年]

IMG_0202.jpg

 (期限限定 追記)

 この春から夏の出来事を綴っている。

 自宅入院生活。回復は本当に1ミリずつという感じだった。

 DVDで「アラビアのロレンス」を見た。

 何年振りだろうか?

 最初は高校時代に「水曜ロードショー」その後、名画座で見直した。

 1990年にロサンゼルスで完全版が公開。

 そのとき、センチュリーシティ(「ダイハードのナカトミビルのある町)

 で見たのが最後だから、21年振りか?


 今回はDVDで見たが、1963年に作られた映画が

 今だに色あせず、3時間半以上の上映時間。

 全く退屈することなく見てしまった。

 アラビアと砂漠を愛した英国人T・E ロレンス。

 イギリスが植民地化を進める中、彼はアラビアの民族を集結させ独立国を作ろうとする。

 「運命は切り開くものだ」

 その言葉通り、彼は奇跡の活躍をしてアラビアの英雄となる。



 だが、古い価値観に縛られる彼らは、民族争いを続けまとまらない。

 結果、ロレンスはイギリスに利用され、アラビアに裏切られ失望する。

 「もう2度と、砂漠に戻ることはないだろう」

 その言葉を残し。故郷へと帰国していく。

 やり切れない結末。


 なぜ、アラビア人たちはロレンスの思いが分からないのか?
 
 アラビア人以上にアラビアと民族を愛し

 アラビアのために戦い続けた彼を理解できないのか?

 アラビア人は自分で自分の首を締め、大きなチャンスを潰しているだけ。

 アラビアを去るロレンス。

 そんな悲しみを冷たく見つめるラスト、心に突き刺さった・・。

 (つづく)

 E3839DE382B9E382BFE383BC-e1ff2.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0