So-net無料ブログ作成

女子高生コンクリート詰め殺人事件 [2011年]

ジャケットA.jpg

 シナリオライターをしていたとき、

 ”女子高生コンクリート詰め殺人事件”

 という作品を担当した。

 1988年に実際に起こった事件を、事実通りに描こうという

 ドキュメンタリードラマだ。

 徹底して取材。ライター時代に学んだ手法で、様々な角度から調査する。

 まず、当時の新聞、雑誌、テレビでの報道を確認。

 それを取材したノンフィクション本を何冊も購入。

 裁判の記録を読み。事件が起こった場所を訪れて、位置関係を調べ

 関係者にも話を聞いた。当時、事件を取材したルポライターにも取材。

 そうやって調べて行くと、

 マスコミでは報道していない事実も出て来た。

 興味深かったのは、単に事件の全容が分かっただけではなく

 教育の問題、社会問題も見えてきたことだ。

 犯罪は世相の反映。そこには社会のひずみやゆがみが映し出されていた。

 つまり、世相を知りたければ、犯罪を詳しく調べればいい。

 その後、仕事ではなくても、興味を引く犯罪事件があれば個人的に情報を集めた。

 酒鬼薔薇聖斗事件、池袋通り魔事件、秋葉原通り魔事件、

 それらも調べると、いろんな社会問題が見えて来た。

 そして、この夏に興味を持ったのが

 原発事故である。

(つづく)

E3839DE382B9E382BFE383BC-e1ff2.jpg
 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0