So-net無料ブログ作成

ライター業は事件記者のようなもの [2011年]

110316_144225.jpg

 (期間限定 追記)

 原発事故について調べてみたい・・。

 この夏。自宅入院状態の中。

 そんなことを考えた・・。

 僕が、映画監督になる前。シナリオライターだった。

 その前は映画監督を目指しながら、ライターをしていたこともある。

 ライターというのは、インタビューや取材をして雑誌に記事を書く仕事。

 韓国ヤクザの親分のインタビューとか

 日米合作映画が崩壊した舞台裏とか、

 そんな記事も書いている。

 記事を書くには当事者の取材だけでなく、

 背景やその業界のルールも調査せねばならない。

 裏付けや第三者による証言も大切。

 そうやって取材していくと、真実が見えて来る。

 ウソを言う人。勘違いの証言をする人。噂なのに見たかのように話す人

 立場上言えないことがある人、匿名なら話すという人

 いろんな人がいるので、一部の人にだけ取材していたら真実は見えて来ない。

 また、当事者に取材しなくても、他のメディアがどう伝えているか?

 それを確認する中でも、いろんな事実は見えて来る。

 ライターをしていたとき。そんなことを学んだ。

 脚本家になってからは、その経験を生かして徹底取材をした。

 ”女子高生コンクリート詰め殺人事件”

 その1本である。

 (つづく)



 E3839DE382B9E382BFE383BC-e1ff2.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0