So-net無料ブログ作成

おおかみさんからの応援メール [応援団]

_D3S6821.jpg

「この映画に関わった方の人徳は・・・」

 応援団の末席に、並べさせて居る者ですが、

 この度の「舞台挨拶」には、駆け付けられない「不届き者」でもあります。

 気持ちだけは、当日、東方に(または、東宝に【苦笑】)送っておりますよ~。

 太田監督の日記を拝見し、また、出演者さまの個人的ブログなどを、

 ずっと拝見させて戴きました。

 他の映画や、ドラマでも同様に、告知や紹介がありますが、

 何か「青い青い空」の関係者の皆さまに於いては、

 少し『熱意の桁』が違うように思います。

 それは、太田監督の日記から感じた事なのですが、

 「宣伝費などを多くかけている《大作》とは違って、

 地道な”自らが広告塔になる”宣伝活動を続けている」

 からではないでしょうか?

 大作ともなれば、TVでCMが流れ、特番や告知、

 朝から深夜まで、ずっと続いている。それはそれでイイです。

 「青い青い空」では、地道であるが故に、何処までやっても、

「これだけやった!!!」と云う達成感を、

 「まだ、出来る事があるのではないか??」

 と云う気持ちが、凌駕してしまっているようにも感じます。

 なぜそれほどまでに、想いを込められるのか?

 映画を観てそれが判りました。

 また、観て下されば、多くの人に伝わると思いました。

 それ程にメッセージ性が強い、意味のある事柄を、

 伝えてくれる作品であると確信しています。

 単なるアイドルの映画などでは全く無く、素晴らしい俳優や女優、

 名子役そして、大御所の方々、さらにはエキストラの皆さんの、

 「命の輝き」が詰まっています。

 そうした関係者の皆さんの≪人徳≫は、さらにより多くのヒトのココロを動かして、

 様々な形で「関東圏公開から、更なるその先への展開」へと、動いております。

 まさにそれこそが、人徳が、

 『仁徳』と云う《《相手に対する思いやりと、愛の美徳》》へと、

 変化したのだと、

 私は強く感じたのでありました。

 取り留めのない文章になっていましましたが(いつもの事で)、

 ニュアンスだけでも伝われば、幸いに思います。
 
 失礼致しました。


 負けおおかみ   伏して拝     



 ポスター.jpg 
by 負けおおかみ (2011-03-02 05:54)
nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0